ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたしは、このネットでのレポートを中心としたオンライン活動のほかに、オフラインというアナログな手法を用いた群馬県で活動する社会人サークルを運営している。それが、群馬デザインアート倶楽部。もともとブログの1コーナーでしかなかったデザインやアートのイベントレポートですが、いろいろ見て記事を書いているうちに自分でもやりたくなってゼロからスタート。代表として、学生時代は美術の成績だけはよかったし、小学校時代は絵画教室に通っていたので、美大も芸大も出ていないけど(ちなみに経済学部出身)楽しむ程度の絵心はあるつもり。群馬県のような田舎では気軽にアートを楽しみたいと思っても受け皿と成るワークショップなり、ギャラリーが少ない。そこで社会人になってもアートに興味や関心が高い仲間を集めてみんなで楽しもう!!と、サークル運営を開始した。

紆余曲折あったがここまでは想定の範囲内で順調に推移。オフ会第1回は都内だったこともあり、参加人数は少なかったけれど、おかげさまで無事成功。次はサークル活動らしく作品作りが楽しめるようなイベントを用意。群馬県内外からの参加大歓迎。アマチュア集団の創作活動に興味ある人は気軽に連絡ください。部屋にこもって絵を描くというより、外に出て仲間と語らいながらアートを楽しむ活動がメイン。それ以外にも、美術展巡りや映画批評会、舞台鑑賞など、ここでわたしが個人的にレポートしているようなことは一通りサークル活動でも盛り込んでいこくつもり。

軽井沢フォト交流日帰り旅行 4月19日(日曜)予定

http://homepage3.nifty.com/glass/
▼01:軽井沢ガラス工房
公式サイト:http://www.slow-style.com/detail/index_818.htmlワークショップの彫り絵アート体験かSnow & Star 吹きガラス体験のいずれかに挑戦。

http://www.museen.org/ehon/index2.html
▼O2:軽井沢絵本の森美術館
公式サイト:http://www.museen.org/ehon/index2.html

http://photo-is.jp/
▼03:“PHOTO IS”10,000人の写真展 参加
持ち物:デジタルカメラ(機種、画素数不問)もしくはインスタントカメラ
富士フイルムが主催する10,000人のフォトコンテストに応募するための写真を当日各自に撮影していただきます。
公式サイト:http://photo-is.jp/index.html

ちょっと興味が沸いたので、参加を検討してみたいという人はこちらから連絡お願いします!!

オンライン参加応募フォーム

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
群馬デザインアート倶楽部
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 群馬県, アート, デザイン, 社会人サークル, クラブ活動, 創造, 創作, クリエイティブ, アマチュア,

文学フリマ02

11月9日(日曜)に秋葉原で開催された文学フリマに取材で行ってきました。並ぶのが嫌なので開始時間11時までマクドナルドや近くの電気ショップを梯子しながら時間をつぶして、10分前に列に加わりました。活字イベントなのに、たくさん人が集まっていてビックリしました。本日は男女ともにメガネ率が80%。笑。

bunfree_dennounews_200811902.jpg
文学フリマ パンフレット 無料

入場料無料で、小冊子パンフレットも無料でもらえてすばらしいです。実際のブースの様子ですが、アートフェスなどと比較すると、絵ではなく文字の場合、その場で買うか買わないかの判断が難しいのが欠点と感じました。見本本コーナーは設置されていたのですが、スペースが狭く定員オーバー気味になっていました。

場内の模様
文学フリマ07

ブースとお客さんの距離感
文学フリマ08

見本本スペースの様子
文学フリマ09


わたしは、TBSラジオお昼の人気番組ストリーム コラムの花道 豊崎由美さんの切り口鋭い書評のファンなので新刊『書評王の島』を購入させていただきました。ちょっと高かったけど、ストリームコラム陣が参加(石原壮一郎佐々木敦など)しており購入しなければと思いました。

文学フリマ03
↑900円

実際どんな本が出ているのかというと、小説、ライトノベルから書評、詩集、短歌集、フリーペーパー、ミニ本などなど活字で表現されているものであえばOKな感じでした。

ほか購入した本は・・・

文学フリマ04
↑100円。激安。

文学フリマ05
↑500円。読み応えがあります。

文学フリマ06
↑0円。サービス。

一番ツボだったのはのはTAMORIZATION。そう、あのタモリさんの本人非公認のリスペクト同人誌というかオマージュ2次創作本?です。2冊購入したらポストカード貰いました。笑。

次回の文芸フリマは、2009年5月10日(日曜) 11時から16時 会場を大田区産業プラザPiOに変更し募集サークル数も現在の2倍となる300に拡充して開催されるようです。この記事を読んで興味がわいた人はぜひ足を運んでみてください。

【関連リンク】
文学フリマ

>>人気ブログランキング参加中♪

ブログランキング

記事が面白かったら、1票ニコッ♪お願いします!!

【更新サイト一覧】
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式ブログ
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
群馬社会人サークル ガジェット2.0携帯公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル



関連記事

関連タグ : 秋葉原, 文学フリマ, ノベル, 書評, 創作, 文芸, 活字イベント,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。