ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.a-works.gr.jp/tabi/index.html

世界一周旅行で放浪中の高橋歩氏が一時帰国。トークライブを行うイベントがあるのでエントリー記事で紹介しておく。

A-WORKSが主催する『旅祭』は旅を愛する人が参加する旅好きのためのロックなイベント。お台場野外特設会場 青海シーサイドコートにて、6月7日(日曜)開催。前売り4000円(オフィシャルグッズ付)、当日4500円。前売り購入したほうがお得。時間は10時から20時まで。

主な出演者は前述の高橋歩(作家・自由人)氏のほか、池田伸氏(作家・旅学編集長) 、 ロバート・ハリス氏(作家・ラジオDJ)、 小林崇氏(ツリーハウスクリエーター)など人生を謳歌しているハングリースピリット溢れる先駆者たちがトークライブで熱いソウル(魂)を注入。

ハリス氏の友人でもあり、女優大塚寧々の元旦那三代目魚武濱田成夫氏(詩人)のポエトリーリーディングや、須田誠氏、亀山亮氏など世界を旅しながら写真を撮り続けている写真家のミニ写真展。豪華ミュージシャンによる開放感溢れるスペシャルライブ、カポエラやベリーダンスをはじめとする各国のダンスパフォーマンス、豪華海外ツアー等が当たるトレジャーハンティングゲーム、マーケットとワークショップ、旅の申し込みができるブース出展など盛りだくさん。限定グッズは、出会った人と社交辞令でハイタッチを交わすことができるハイタッチTシャツとか売られる模様。デザインがよければ、欲しいな。過去の旅祭りには女優水野美紀USA(EXILE)などもゲストで呼ばれているので、今回は過去に比べて会場が大きいぶん、芸能人シークレットゲストの登場があるかも。

旅学 No.3 (3)旅学 No.3 (3)
(2009/02)
不明

商品詳細を見る


エグザイルス(放浪者たち)―すべての旅は自分へとつながっている (講談社プラスアルファ文庫)エグザイルス(放浪者たち)―すべての旅は自分へとつながっている (講談社プラスアルファ文庫)
(2000/01)
ロバート ハリス

商品詳細を見る


WORLD JOURNEYWORLD JOURNEY
(2005/09/08)
高橋 歩

商品詳細を見る


【関連リンク】
旅祭

このブログで取材して欲しいイベント調査リクエストや巷の流行に関する口コミ情報、エントリー記事として読んでみたいネタ(お題)はこちらまで。
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
『群馬デザインアート倶楽部』は、汐月歩夢が代表を務め、“地方でオフ会中心にアートや映像イベントを愉しむ”革命的な社会人サークル。仲間募集中
群馬デザインアート倶楽部
メルマガ深夜便シリーズはブログで取り上げきれない記事を数多の情報源の中から厳選し、書き下ろし編集後記と供にあなたの登録したメールアドレスにお届け。
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 高橋歩, ローバート・ハリス, 三代目魚武濱田成夫, イベント, トークライブ, 旅祭,



去年の初夏自由人 高橋歩氏や詩人 三代目魚武濱田成夫氏などのトーク・セッションイベントに参加したときに来ていたのがラジオDJで作家のロバート・ハリス氏。その波乱に満ちた魅力的な人生について語ったトークの中で、自身の著書からの一説を紹介していて、その本が今回紹介する『黒くぬれ!』。

僕も失礼ながらロバート・ハリス氏の存在を知らなかったのですが、イベントで語ったトークが大変面白く、いつか読んでみたいと思っていたら、Yahoo!オークションで出品している方がいて、迷わず落札させていただきました。ちなみに落札金額は300円(実売価格1500円)。

心を動かれた箇所を引用

今ぼくが懸念するのは、今の世代の若者たちが、大人の世界でどうやってサバイブしていけばいいかわからず、どんどん保守化しているところだ。戦ったり、自分の道を切り開いていくことを諦め、いかにうまく順応していこうかと必死になっている人間がやたら目立つ。

学校や企業も、技能やテクニックばかり習得させることで、そういう人間を大量に生産しているような気がする。管理しやすい人間を作り上げているのだ。そんな中、若者の間で活字離れが急速に進んでいるといわれているけれど、これもやばいと思う。体制側からしたら、ものを読まない者ほど、コントロールしやすいからだ。

そういう意味で、今の若者にとって読書は必要不可欠だとぼくは思う。冷静にものを考え、現実をしっかり見据え、深い観点からものごとを判断していく、知的空間への鍵だからだ。



ロバート・ハリス氏の言葉はやさしい。世界中を旅して、さまざまな出会いや別れを経験したチョイ悪オヤジを地でゆく彼から発せられる言葉の数々は、みせかけのかっこよさに左右されない、骨太の生き方の重要さを教えてくれる。

イベントでも引用していた箇所を記して終わりたい。激しく共感し感動しました。

チンケな生き方をした人間からはチンケな匂いが漂ってくる

かっこいい生き方とか、かっこいい人間像なんてものを、自分を対象に、主観的に追求していくのはどうかな、と今では思う。自分のことをかっこいいと思った瞬間、その人間はかっこよくなくなるし、かっこいいと思ってとった行動が、振り返ってみると、とても計算されていて、かっこ悪く見えるときがよくあるからだ。逆に、とことんかっこ悪いと思っていた時の自分を振り返ってみると、なかなか人間的で、素直でかっこよく見えたりすることがある。女に振られて、ギャーギャー泣き叫んでいたときの自分なんかが、そのいい例である。

同じように、自分の性格や本性を無視して、理想ばかり追い求めていく生き方には無理が生じる、とぼくは思う。自分と格闘ばかりしていると、自分しか見えなくなるし、優柔不断な人間になりかねない。日本を飛び出して、東南アジアをさまよっていたときの僕が、まさにそのいい例だ。自分を変えるんだ、発見するんだ、と気張ってばかりいて、全然旅を楽しむことが出来なかったし、他者に対してまったくオープンになれなかった。あのときの自分を他人の目から見たら、きっと頭でっかちで、ユーモアのセンスがまったくない、退屈な男が目に入ってきただろうと思う。理想とは胸にしまっておくもので、頭に入れておくものではないのだ。

でも自分の道をもがき苦しみながら模索し、追及していくことこそ、人生が投げかける挑戦をすべてオープンな気持ちで受け入れ、生をできる限り全うしていくことそのものは、とてもかっこいい生き方なんではないか、とぼくは思う。はたからどう見えようと、思いっきり生きるということは、とてもかっこいいことだ。この意味において、ぼくはこれからもずっと『かっこよさ』を追求していきたいと思っている。

人間の本当の魅力は、やはり内面から出てくるものだ。どれだけ人を愛し、憎しみと格闘し、孤独に押しつぶされ、快楽を味わい、闇を生き抜き、絶望を感じ、希望に燃え、夢を見、自分と折り合いをつけていくかによって、人間の味というものは決まっていく。チンケな生き方をした人間からはきっとチンケな匂いが漂ってくるだろし、激しく生きた人間からはきっと強烈な香りが発せられるだろう。外面的なかっこよさとかかっこ悪さとは、この味のことを指しているのだ。

今の一般的なかっこよさの定義は、きっと高度成長期の頃とあまり変わっていないのではないだろうか。かっこいい職業、かっこいい車、かっこいい女、かっこいい遊び方・・・それらはだいたいにおいて外面的な裕福さとかステータスといったものにつながっている。

でも高度成長期はもうとっくに終わっている。今はカオスの時代である。今こそ自由な発想の中で、自分が何を追及していかなければならないのか、どうしたら一番輝けるのか、つまり本当のかっこよさとは何なのかということを、改めて問い直さなければならない時期に入っているのではないか、とぼくは思う。



黒くぬれ!―エッセイ黒くぬれ!―エッセイ
(2001/08)
ロバート・ハリス

商品詳細を見る


>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
群馬デザインアート倶楽部
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事

関連タグ : ロバート・ハリス, 黒くぬれ!, , 書評, ブックレビュー, 高橋歩,

Travel Gear Set 1: Escape Scenario

トークライブの内容をレポートしたいと思います。

ロバート・ハリス氏から

J-WAVEのナビゲーターや海外旅行家としても有名なハリス氏。今年還暦なのにその容姿は驚くほど若く、その奔放な言動にも驚くばかり。印象的だった話をいくつか抜粋。

日本はどんどんヤバくなっている。日本は没個性で若い人ほどモノを考えなくなってしまっている。結果的に経営者として利用しやすい、扱いやすい人間になり下がってしまっている。一度組織に入ってしまうと上司をみて自分もああならなければいけないと感じて、知らず知らずに組織に染まってしまう。

村上春樹がいっていたと思うが、カレーライスの福神漬けでいったら日本は2切れほどしか自分をアピールできる人間がいない。本を読むことは考える力をつける上でとても大切。もっと若い人ほどたくさんの本を読むべき。

。。。

自分はすごく寂しがり屋。基本旅行もひとりではいきたくないタイプ。あるとき、海外にひとりでいったときは寂しくて鬱になりかけたほど。日本の若い人は繊細でナイーブな人が増えたが、そういう人に限って自分探しをして内面ばかり見ている人が多い。自分探しは、たまねぎと同じで剥いても剥いても基本的に内面を見てもえられるものは何もない。それだったら、意識を外に向けてどんどん人と接して対人関係を磨くほうが重要。

。。。

将来あなたがやりたいことを紙に10個書き出してみる。ハリス氏は自分で書いた後検証してみたが、日本では実現不可能と思ったので、海外に出た。そして、結果的に現地で夢を実現してきた。書いた内容が今の仕事と合致していれば問題なし。ただ仕事と書いた内容が半分以上異なるようであれば、本当にやりたい道を探すのもひとつの方法。

年を取ると年齢を理由に言い訳をする人がいるが、それは嘘。気持ちの持ち方の問題。自分は若いときよりも今のほうが女性に関心がある。人は年を重ねるごとにお金だけでなく喜び、悲しみなど様々な感情を経験し、人としての深みや味が出てくるもの。


>>人気ブログランキング参加中♪

ブログランキング

記事が面白かったら、1票ニコッ♪お願いします!!

【更新サイト一覧】
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式ブログ
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
群馬社会人サークル ガジェット2.0携帯公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事

関連タグ : ロバート・ハリス, 高橋歩, 三代目魚武濱田成夫,

golden houses : 高橋 歩

21日のイベント『旅祭』のチケット取得に間に合わなかったので、SOUL SESSION 2008『逃げも隠れも諦めもしない 無双であれ』 に参加予定です。

概要

2008年4月、弱冠27歳の若き"自伝家"北里洋平により設立された、自伝家による、自伝家のための、自伝を中心とした出版社"NORTH VILLAGE"。その設立を記念して開催される出版界最大の夏フェスSOUL SESSION 2008「逃げも隠れも諦めもしない 無双であれ」。無名な若僧が自伝を出版する行為の先駆者である、高橋歩、三代目魚武濱田成夫、ロバート・ハリス。三氏の賛同・出演を受け、「人生の主人公であり続けよう」「自伝になるような物語を生きよう」をコンセプトに、熱き魂が共鳴し合うトークライヴ&セッション。 (公式サイトより)

出演

高橋歩(自由人)
三代目魚武濱田成夫(詩人)
ロバート・ハリス(アーティスト)
北里洋平(自伝家)
grandmaster

日程:9月23日(祝日)12時OPEN  13時START
チケット代:3,900円
場所:東京キネマ倶楽部

チケットぴあ
9月12日(金)10:00発売開始 Pコード:614-216

一分後の未来よもうすぐ俺が行くで道あけとけ―三代目魚武濱田成夫詩集一分後の未来よもうすぐ俺が行くで道あけとけ―三代目魚武濱田成夫詩集
(2007/02)
濱田 成夫

商品詳細を見る


クロスロード グレードアップバージョン―20代を熱く生きるためのバイブルクロスロード グレードアップバージョン―20代を熱く生きるためのバイブル
(1998/02)
SANCTUARY

商品詳細を見る


【関連リンク】
NORTH VILLAGE
AYUMU CHANNEL


>>人気ブログランキング参加中♪

ブログランキング

記事が面白かったら、1票ニコッ♪お願いします!!

【更新サイト一覧】
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式ブログ
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
群馬社会人サークル ガジェット2.0携帯公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
旅学

2008年9月21日(日曜日)
15時開場 16時開演

チケット 4300円

出演者

TALK LIVE:高橋歩/池田伸 and more
MC:ロバート・ハリス
LIVE:Secret!(後日発表予定)
FILM & MUSIC:FILM:佐藤傳次郎/MUSIC(LIVE):KAZZ



旅学 No.2 (2)旅学 No.2 (2)
(2008/08)
不明

商品詳細を見る




ボブ ディラン 風に吹かれて


来週、さ来週と都内に取材に行きます。 21日の旅祭はひとり参加になりそうなので、東京、埼玉、群馬地域で一緒に行ける人いたら声かけてください。

【関連リンク】

WORLD JOURNY FESTA 旅祭 ラフォーレミュージアム六本木

関連記事

関連タグ : イベント, 旅学, 高橋歩, 世界, 旅行, ジャーニー, 音楽, ラブ, 旅祭,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。