ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週のTBSラジオ ザ・トップ5の中でJ-WAVE『HellowWorld』ナビゲーターDJ TARO氏が紹介していた「使えて遊べるiPhoneアプリ」を受け、興味を持ったアプリが何個かあったので早速iTunesストアで調べてみた。

GroupShot
家族や仲間数人のグループで写真を撮った時に、ひとりだけ半目だったり、横を向いたりすることはよくある。
そういうとき、あらかじめ同じ構図で複数枚の写真を撮っておき、ある人物だけ置き換えることを可能にするアプリ。85円。

Djay
DJプレイを楽しめ、なんと録音もできるソフト。画面に映る2つのレコードプレイヤーを交互に操ることで、曲をかけレコードを擦るスクラッチ動作を組み合わせる。音を切るトランスフォームができたり、シンク機能で次の曲のBPM(1分間に手を叩ける数)を自動で合わせてくれたり、エコー(エフェクト機能)やループをかけれられる。プロ感覚でDJプレイが楽しめ、な・ん・と85円。





Voice Synth
外部マイク(専用iRig Mic)を接続し、マイクに向かって喋ると声がロボットボイスになるアプリ。パフュームの楽曲でよくあるレロレロ声のオートチューンも出来る。450円。





KORG iKaossilator
1700円の高額アプリ。指一本で画面をなぞって曲が作れる初心者向けシンセサイザー。5つの音を重ねられ、押した場所などにより複雑なビートも簡単に出来る。テキトーにおしていっても音階を自動で調整し、楽曲に仕上げてくれる。





関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : iPhone, アプリ, iTunes, 音楽, 使えるアプリ, スマートフォン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。