ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月17日から19日まで、京都旅行に妻 汐月瑠沙と出掛けてきた。観光旅行とはバカになり無茶をするほど楽しい。16日仕事から帰ってきて急いで荷造りして、数時間後夜中2時出発。僕らの旅行はクレージーな超ハード★スケジュール。

旅行ガイドブック るるぶ京都を購入し、数週間前から練り上げたプランに沿って京都へ出発。途中休憩をはさんだものの3時間睡眠に加え、夜通しの山越え高速ドライブで、観光する前からフラフラ。先行き不安なのは悪天候に加え、僕自身。

京都プラザホテル

京都プラザホテル

京都に着いたのが朝9時頃で、宿泊先の京都プラザホテルに無理を言って愛車を駐車させてもらい、いざ観光へ。汐月家の鉄の掟として、宿は安く、食事は豪華に、無理してでも名所を楽しむ、という旅行ルールがあるが、今回もそのルールに沿って楽しんだ。(余談だが、京都プラザホテルは5000円で朝食付きプランを選択。京都駅からのアクセスに適しているのと眼と鼻の先に巨大なイオンモール(映画館あり)があり超便利。)

京都市内の観光は、市バスが良いとの判断から、まず京都駅のバスターミナルまで歩き、僕たちは銀閣寺から観光することにした。結構長い時間バスに揺られ、目的地に到着。わびさびを感じる佇まいがあんtも風流な銀閣寺を散策。

銀閣寺 その2

銀閣寺 その1

銀閣寺 その4

銀閣寺 その3


銀閣寺〝慈照寺〟(ウィキペディアより)

慈照寺(じしょうじ)は、京都府京都市左京区にある、臨済宗相国寺派の寺院。銀閣寺(ぎんかくじ)と通称される。相国寺の境外塔頭(けいがいたっちゅう)である。室町時代後期に栄えた東山文化を代表する建築と庭園を有する。山号は東山(とうざん)。開基(創立者)は、室町幕府8代将軍の足利義政、開山は夢窓疎石とされている。夢窓疎石は実際には当寺創建より1世紀ほど前の人物であり、このような例を勧請開山という。足利義政が鹿苑寺の金閣舎利殿を模して造営した楼閣建築である観音殿は銀閣、観音殿を含めた寺院全体は銀閣寺として知られる。「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されている。



天気が悪かったのが残念だったが、拝観料金を払うと銀閣寺御守護と書かれたお札を手渡されるので吃驚(これはは金閣寺でも一緒)。現実世界との境界を表している参道が厳かで神秘的な雰囲気を湛え、庭園をみるだけで時空を越えた波動に浸る。ストライプ模様の銀沙灘、特徴的な砂盛りの向月台が室町アートを醸していて美しかった。




次に僕らが市バスで向かったのは金閣寺。やはり天気が悪く、日を浴びて煌めく金閣寺を見れなかったのは至極残念。外国人観光客が多く、みな一同にカメラで記念写真を撮っていた。

金閣寺 その1

金閣寺〝鹿苑寺〟(ウィキペディアより)

鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺。金閣寺(きんかくじ)と通称される。相国寺の境外塔頭(けいがいたっちゅう)である。寺名は足利義満の院号鹿苑院に因む。山号は北山(ほくざん)。寺紋は五七桐。足利義満の北山山荘をその死後に寺としたものである。建物の内外に金箔を貼った3層の楼閣建築である舎利殿(通称金閣)は室町時代前期の北山文化を代表する建築であったが、1950年に焼失し、その後再建された。寺は1994年(平成6年)に「古都京都の文化財」の構成要素として世界遺産(文化遺産)に登録された。舎利殿を金閣、寺院全体を金閣寺と通称する。



ちなみに、ヤフー知恵袋で『金閣寺の金は、本当の純金ですか?』という質問に対してのベストアンサーが『金閣寺の建物は、普通の建物の二階三階部分の外壁と三階の内部に金箔を貼ったものです。 この金箔は、戦後に放火全焼した後の再建時に風雪に耐えられるように通常使われる金箔の5倍の厚さのものを二枚重ねにして貼っています。 金箔自体は純金ですが、1000分の一ミリという代物です。』という素晴らしい回答が出ていた。勉強になります。

金閣寺 その2

金閣寺 その4

金閣寺 その3

金閣寺 その5

2つを比較して見ると、派手さでは金閣寺のインパクトには敵わないが、観賞ポイントの多さで銀閣寺のほうが個人的に好み。




次に向かった先は龍安寺。

龍安寺

龍安寺(ウィキペディアより)

龍安寺(りょうあんじ)は、京都府京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院。石庭で知られる。山号を大雲山と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。「龍安寺の石庭」として知られる枯山水の方丈石庭で有名な龍安寺は、禅宗が盛んだった室町幕府の管領、守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった細川勝元が宝徳2年(1450年)に創建した禅寺である。衣笠山山麓に位置する龍安寺の所在地は、藤原北家の流れを汲む徳大寺実能以来、徳大寺家の山荘であったところを、細川勝元が譲り受けたものである。初代住職として妙心寺5世住持の義天玄承(玄詔)を迎えた。龍安寺の開山は実質的にはこの義天玄承とされているが、義天自身は2世に退き、自分の師の日峰宗舜を開山に立てている。創建当初の寺地は現在よりはるかに広く、京福電鉄の線路の辺りまでが境内であったという。龍安寺は、開基細川勝元自身が一方の当事者であった応仁の乱(1467-1477年)で焼失。勝元の子の細川政元と、4世住持・特芳禅傑によって長享2年(1488年)に再興された。寺では特芳を中興開山と称している。その後、豊臣秀吉と江戸幕府が寺領を寄付して保護している。

近世の地誌類によれば、最盛期の龍安寺には塔頭(たっちゅう、子院)が21か寺、軒を連ねていたという(現存するものは3か寺)。『都名所図会』のような絵入りの名所案内書(現代の旅行ガイドブックに相当)を見ると、当時、龍安寺の池はオシドリの名所として知られており、今日有名な石庭よりもむしろ、池を中心とした池泉回遊式庭園の方が著名であったらしい。寛政9年(1797年)の火災で仏殿など主要伽藍を焼失したため、塔頭の1つである西源院の方丈を移築して龍安寺の方丈(本堂)とした。



龍安寺の観光ももちろんだが、西源院の精進料理である湯どうふを食べるのが目的。(仏教では僧は戒律五戒で殺生が禁じられており、 大乗仏教で肉食も禁止されたため、僧への布施として野菜や豆類、穀類を工夫して調理した料理)



関連ランキング:精進料理 | 龍安寺駅妙心寺駅等持院駅



龍安寺 その2

龍安寺その2

龍安寺でもっとも有名なのは、謎に包まれた15の石が並ぶ石庭。どのアングルから観ても(もちろん写真で撮影しても)石の背後に隠れている小さな石まであり、15個すべてを見渡すことができない遠近法を利用した絶妙の配置になっている石庭。旅人がみな己の心に自問自答して、禅の精神を宿したミステリアスな石庭の謎を解こうと見つめる姿が印象的。この空間だけ時間が止まったかのような静寂を観る者に与える神聖なる場所。

龍安寺 その3

龍安寺

そして僕らは京都に来て最初のグルメスポットへと足を運んだ。



関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 京都旅行, モデルコース, 金閣寺, 銀閣寺, 龍安寺, 西源院, 人気スポット, 観光スポット,

コメダ珈琲店01

翌日は、朝から雨模様。瑠沙を連れて、伏見モンブランホテルの周りを傘を差しながら散歩。ウロウロしながら朝食を食べる店を探すが、休日と言うことも手伝って喫茶店でさえ開店時間が遅め。そんな中、戻りながら見つけたコメダ珈琲店で朝食。ここでは、ドリンクを頼むと無料のモーニングサービスとして焼き立てのトーストとゆで卵がサービス。

僕はカフェオレを頼み、瑠沙がアメリンカンコーヒーを注文。各380円。

コメダ珈琲店 カフェオレ

コメダ珈琲店 アメリカンコーヒー

冷え切った身体に美味しい珈琲が沁みます。
[【グルメ】名古屋めし食べ歩き コメダ珈琲店 モーニングセット堪能編]の続きを読む
関連記事

関連タグ : コメダ珈琲店, 名古屋名物, 人気スポット, モーニングセット, 無料サービス, 軽食, 口コミ,

名古屋市科学館03

名古屋市科学館は、実際出掛けてみて新しく面白い施設でした。都内でも似たような施設がありますが、老朽化がすすみ、館内の展示設備は酷使され、一部の展示品が壊れていることが多いのですが、さすがに名古屋市科学館はリニューアルしたばかりなので、そういうことがほとんどない。館内の展示は見るだけでなく触れるものが多いのも◎。また、館内は写真、動画撮影もOKで、仲間とくればワイワイ盛り上がるはず。

アクアパラダイスパティオ

埼玉県深谷にある温水プール施設 アクアパラダイス パティオに出かけてきました。節約でゴールデンウィークを過ごそうとしている人が多い影響からか、埼玉県内の自動車ナンバーが多く、駐車場は大混雑。プールに来たのも久しぶりで、この時期に初泳ぎ。年々お腹が自己主張しているので、水着姿を披露するのがとっても恥ずかしい30代後半の僕。

施設をはじめて利用するが、水着ショップがあったり、レストランがあったり、無料で利用できるシャワー、更衣室、コインロッカーがあったり、北関東最大と謳っているだけあって、館内は充実した設備。大人800円のチケットを発券機で購入し、ゲートを通って更衣室へ。

家で水着を着用し、戦闘準備オーケーな格好にて出掛けて来ているため、颯爽とコインロッカーに荷物を詰めて、いざ出陣。温水シャワーで身体を清め、女子用の更衣室で着替えていた汐月瑠沙と合流し、プールエリアへ。台湾生まれの瑠沙は、温水プール初体験なので、とっても興奮。新婚旅行で行くはずだったオーストラリア用に購入していた水着と浮き輪を持参し、キャッキャッいいながら水の中へ。

[【スポーツ】北関東最大のアミューズメントプール アクアパラダイス パティオでサウナ三昧]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 埼玉県, 人気スポット, アクアパラダイスパティオ, 温水プール, ゴールデンウィーク,

新横浜ラーメン博物館

新横浜駅から徒歩5分ほどの場所に位置する新横浜ラーメン博物館に行ってきました。脂っぽいものが苦手な瑠沙がラーメンを食べられるようになったら連れて行きたいと思っていたスポット。休日ということもあり館内は混雑していましたが、インスタントラーメンが発売された昭和33年の街並みを再現した地下のフロアに瑠沙も大興奮。日本全国銘店(山形龍上海本店、川越頑者、東京春木屋、久留米大砲ラーメン、和歌山井出商店、熊本こむらさき、札幌らーめんの駅、支那そばや、中華そば坂本)のラーメンを食べ歩けるのが魅力。全店でミニラーメンを用意しているので2杯、3杯と銘店の味を女性や子供でも堪能できる。
[【イベント】新横浜ラーメン博物館 支那そばや頑者でミニラーメン梯子 銘店実食レポート]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 新横浜ラーメン博物館, 支那そばや, 頑者, つけ麺, 銘店, 人気スポット, 行列, 待ち時間,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。