ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大友克洋GENGA展 金田のバイク

AKIRA 〈Blu-ray〉AKIRA 〈Blu-ray〉
(2011/06/22)
岩田光央、佐々木望 他

商品詳細を見る


ネットでも話題になっていた漫画家であり映像作家でもある大友克洋氏の自身初となる大規模な原画展『大友克洋GENGA展』に行って来ました。お目当ては、2300枚に及ぶ世界的に有名な漫画AKIRAの生原稿とチャリティ企画として展示されている(コスプレして写真が撮れる)金田のバイク。僕も金田に成りきって、総天然色AKIRA完全版 1巻表紙のカットを真似てポーズを決めてみました。

大友克洋GENGA展

ガン上がりの興奮状態だったため、妻と2ケツするのを忘れてしまいました(たぶん係の人に止められるはず)が、学生時代憧れた金田のバイクにコスプレして跨がれて至福の時間を味わった。これ実際に走行可能な仕様になっているのが、リアル志向でグッジョブ。

GENGA - OTOMO KATSUHIRO ORIGINAL PICTURES -GENGA - OTOMO KATSUHIRO ORIGINAL PICTURES -
(2012/04/23)
大友克洋原画展 実行委員会

商品詳細を見る


AKIRA

大友克洋(ウィキペディアより)
日本の漫画家、映画監督。宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得、「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった[3]。近年は主に映画監督として活動している。



[【アニメ/コミック】大友克洋GENGA展 AKIRAの生原稿と金田のバイクの迫力に圧倒。 『もうよせ、鉄雄っ。殺す気かっ!!』]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 大友克洋GENGA展, AKIRA, 漫画, コミック, 金田のバイク, 鉄雄, ,

さよならもいわずに (ビームコミックス)さよならもいわずに (ビームコミックス)
(2010/07/24)
上野 顕太郎

商品詳細を見る


サブカルの発信基地みたいなお店『ヴィレッジヴァンガード』で猛プッシュされていた漫画『さよならもいわずに』を店頭ポップを読んで興味を惹かれ購入。

ギャグ漫画家 上野 顕太郎氏本人が、最愛の妻 キホさんとの永遠の別れを漫画で描く衝撃作。奥さんの死を目の前にした際の著者が受けた衝撃と動揺、儀式的に進む葬儀の時間など、生と死が克明に描写されていく。夫婦で背中あわせに寝るときの“愛はあるよ”って合(愛)言葉が良い。劇中で出てくる気に入ったセリフで『つらいときにつぶやける名前があるのは素敵なこと。』ってセリフがこの夫婦の愛情の深さを物語っていると思う。会話をし、料理を食べ、一緒に寝て、夫婦間の関係は生活しながら出来ていくし変化していくもの。

私的なる題材は、ギャグ漫画家にとって禁じ手だと思うが、突然やってきた“妻の死”という現実、そして著者に襲ってくる損失感。僕も、先日父親を天国へ見送ったばかりなので、読みながら心情的に他人事とは思えなかった。生きている間は目をそむけがちな“死”を真正面から描いている点も評価したい。何10年後、妻が先か、僕が先に逝くかはわからないが、その時まで愛情が深い夫婦でいられるように努力していかなければ。

生前 奥さんがカラオケの十八番としていた中島みゆき 明日をレクイエム(鎮魂歌)として贈ります。

臨月臨月
(2001/04/18)
中島みゆき

商品詳細を見る




あした 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽
あした 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽
関連記事

関連タグ : さよならもいわずに, 漫画, 書評, 上野, 顕太郎, ヴィレッジヴァンガード,

今敏01


短編 オハヨウ

2010年8月すい臓がんのため惜しまれつつこの世を去った長編アニメーション監督 今敏監督。映画評論家の町山智浩さんも傑作と評価していた『パーフェクト・ブルー(1998)』をはじめ、『千年女優(2002)』、『東京ゴッドファーザーズ(2003)』『パプリカ(2006)』などの作品を次々と手掛け国内外で高い評価を受けていた。

パーフェクトブルー 【通常版】 [DVD]パーフェクトブルー 【通常版】 [DVD]
(2008/02/29)
辻親八、堀秀行 他

商品詳細を見る

パーフェクト・ブルー

千年女優 [DVD]千年女優 [DVD]
(2003/02/25)
荘司美代子、小山茉美 他

商品詳細を見る

千年女優


東京ゴッドファーザーズ [DVD]東京ゴッドファーザーズ [DVD]
(2004/04/28)
江守徹、梅垣義明 他

商品詳細を見る

東京ゴッドファーザーズ

パプリカ [DVD]パプリカ [DVD]
(2007/05/23)
古谷徹、林原めぐみ 他

商品詳細を見る

パプリカ


世間一般には、アニメ監督としてしか認知されていないかもしれないが、業界デビュー当時は漫画家としての顔をもっていた。僕は人魚伝説を現代に蘇らせた『海帰線(1990)』のコミックを所持しているが、初見時1コマ、1コマに描きこまれた圧倒的且つ魅力的な“絵の力”と“止まった絵が動いて見える”躍動感のある画面密度に圧倒されたものだ。

漫画家としての顔をもつ今敏監督が同じくアニメーション監督として名を馳せた押井守監督と組んでアニメ雑誌『アニメージュ』で手掛けていた未完の長編漫画『セラフィム 2億6661万3336の翼』が徳間書店より初めて単行本化され刊行された。
[【アニメ/コミック】故 今 敏監督×押井守監督奇跡のタッグ 雑誌連載 未完漫画『セラフィム 2億6661万3336の翼』初単行本化。 初回限定版 今敏監督追悼ブックレット『KON'S MEMORIAL』付属 徳間書店刊]の続きを読む
関連記事

関連タグ : セラフィム, 未完, 今敏, 押井守, 漫画, 新刊, レビュー,

http://www.youngsunday.com/rensai/comics/oyasumi_punpun.html

おやすみプンプン 5 (ヤングサンデーコミックス)おやすみプンプン 5 (ヤングサンデーコミックス)
(2009/06/30)
浅野 いにお

商品詳細を見る


このブログでは漫画家 浅野いにおさんをプッシュしてきました。絵柄が緻密で登場人物があいくるしい(人間的駄目さを含め。駄目さの描写が多いけど、なんか憎めない。大人て建前とか変なプライドが邪魔して素直に生きられないものだけど、案外まわり道して不器用に生きてるってかっこいいかもと思ったり)ばかりでなく、読んで感動して、ほろりせつなくなって、台詞が心にしみる・・・。しかもどの作品も一定水準の瑞々しい鮮度を維持して人間っていいなと思わせるのがすごい。適度に思春期の性描写もあるし、不条理なシーンもあるけど、それを漫画という表現に昇華できる才能に脱帽。

たとえばこの巻での
行方知れずになった雄一がタクシー運転手と明け方の海で語り合う
『人からもらったやさしさは、ゆっくり返していけばいいんですよ』
とか、読んでいてドキッとしたり、ズキッと心に響く台詞がたくさんあるのも浅野作品の魅力。

とにかく普段漫画をあまり読まない僕が『おやすみプンプン』だけは絶対読んだほうがいいと推薦しているので、まだ未読の人は騙されたと思って読んでみて。プンプン、高校合格おめでとう、ついでに童貞卒業おめでと!!ようこそ、大人の世界へ。

マンガ・エロティクス・エフ vol.58マンガ・エロティクス・エフ vol.58
(2009/07/07)
浅野 いにお志村 貴子

商品詳細を見る


【関連リンク】
おやすみプンプン

関連記事

関連タグ : おやすみプンプン, 浅野いにお, 漫画,

Kerberos Saga

僕が今から10年以上も前、学生の頃主に角川書店から刊行されていた雑誌『ドラゴンマガジン』で連載していた出渕裕氏 唯一無二の長編漫画『機神幻想ルーンマスカー

中世騎士や幻獣を模したロボットが数多登場するこの作品は、氏のライフワークの集大成ともいえる作品で注目を集めていたが、度重なる連載中断や演出業に進出してしまった出渕氏の充実した仕事ぶりから未完のまま終わるものと思われていた。

聖戦士ダンバイン』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動警察パトレイバー』のメカニックデザインをはじめ、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の特務機関ネルフやゼーレのロゴマーク、『ラーゼフォン』のアニメーション監督など多彩な肩書きや仕事ぶりで知られ、業界内外を問わずファンの多い出渕裕氏の唯一の漫画作品でありながら、単行本一巻で未完に終わっていたこの作品が掲載誌面を『月刊COMICリュウ』に変え復活するらしい。連載再開を盛り上げる意味合いもあるのでしょうが、3月19日発売の『月刊COMICリュウ 4月号』には出渕裕氏が描いたコミック未収録の初期短編漫画が別冊付録としてついてきます。ファンならば本屋さんへ走りましょう。





出渕裕画業30周年記念画集 IIIX(DVD付)出渕裕画業30周年記念画集 IIIX(DVD付)
(2008/06/30)
出渕 裕

商品詳細を見る


【関連リンク】
月刊COMICリュウ

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
群馬デザインアート倶楽部
デジタルアート倶楽部(mixiコミュニティ)
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。