ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桑田ライブ

スタンバッてます

桑田ライブ3

桑田ライブ4


2011年12月31日、この日東京でbrainjack主催のイベント『年末謎解きフェスティバル』に参加した後、私と妻の瑠沙はとんぼ返りで群馬に戻り、仮眠をとって、紅白をチラ見しながら109シネマズ高崎へ。 大晦日の夜 桑田佳祐ライブ2011 年忘れ!!みんなで元気になろうぜ!!の会ライブ・ビューイングinシアターのため。

映画館は30代、40代中心ですでに満席に近い状態。WOWOWでも中継あったけど、サザンファンの熱みたいなのは感じた。僕は劇場真ん中の最前列で観ていたが、周りは映画を見に来るような層ではなかったなぁ。御婦人方が多かった。

タイトルとコンサートグッズの宣伝がスクリーンにリピートしているほかは音楽さえかかっておらず拍子抜け。隣に座っていたおばちゃんが、曲ぐらい流せばいいのにね・・・と野村克也節でぼやいていたが、僕も同感。会場と比較すると、劇場は温度差が低いのは避けられない事実だから、曲を流すことによってコンサートが始まる前の高揚感があるだけでも違うはずなのに。

開演予定11時30分を回ってもなかなか始まらなかった。正直、映像配信大丈夫かなぁ・・・と心配した。しかし数分遅れて、ライブ・ビューイングのほうも始まり一安心。最初は俯瞰で客の頭越しにステージを映し、次に会場全体をゆっくりとしたカメラワークで見せてから、グッとカメラが寄って登場してきたメンバーを映していき、最後に桑田さんの顔をアップで。

サザンオールスターズ30周年のハッピ着たり、かつてのコンサートグッズなどを持ち込んだりしている横浜アリーナが映ると、“あぁ、あそこに居たかった”と、ため息。映画館だと98%は私服で見に来ていて、とても騒ぐような雰囲気ではなかった。

ちなみに、ライブ・ビューイング全体の感想はと言うと、手拍子がまばらだし、全体的に会場の一体感はなかった。声出して歌っているような人もいなかった。(最前列に居たので後ろの様子は分からないが、声は聞こえてこなかった。)

ライブ・ビューイングは手をたたいたり、グッズで応援したり、一緒に歌っていいと最初に楽しみ方の解説まで出るので安心していたが、サッカーの日本代表戦のライブ・ビューイング的な盛り上がりとは真逆だった。みなさん大人なので、無礼講は一切なし。今回のコンサートは、台湾、香港、韓国にも同時中継されたらしく、桑田さんも音楽スラング用語のGIG(ギグ)とカッコ良く言いたかったらしいですが、結局コンサートと連発してました。笑。

戦利品

桑田ライブ2


コンサート全体の感想およびセットリストを含むライブ・ビューイングの詳細は、“続きを読む”にて公開。
[【音楽】桑田佳祐ライブin神戸&横浜2011 ~年忘れ!!みんなで元気になろうぜ!!の会~ ライブ・ビューイングinシアター 2011.12.31(大晦日)年越しレポート セットリスト、ネタバレあり]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 桑田佳祐, 年忘れ!!みんなで元気になろうぜ!!の会, ライブ・ビューイング, 109シネマズ高崎,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。