ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芳泉 その1

ブログで記事を上げるのに時間がかかってしまいましたが、先日前から気になっていた高崎で本格的な台湾料理が食べられるお店 芳泉に台湾人妻の瑠沙を連れて出掛けてきました。観音山の方角にお店があるとは聞いていたのですが、ナビに導かれるまま山の奥の方へと走っていってやっと見つけました。隠れ家的なお店です。駐車場は4台ほど停められますが悪天候にかかわらず満車。しかたなしに邪魔にならないように近くに停め、歩いて店内へ。

中に入ると、オーナーと奥さんがいて、瑠沙は注文を取りに来てくれた奥さんと中国語で挨拶して楽しそうでした。僕は日替わりご飯(控肉飯 スペアリブご飯)と水餃子、肉入りサンドウィッチの割包を注文。肉に使われる八角の独特の匂いが駄目なのですが、その辺は味付けなどが日本風にアレンジされているのでサッパリで美味しかったです。

スペアリブご飯

水餃子

割包



関連ランキング:飲茶・点心 | 南高崎駅


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 芳泉, グルメ, 台湾料理, 高崎市, 観音山, ,

西源院

西源院 その2

旅に出たら、地元食材をふんだんに使った人気店に足を運びたいもの。せっかくの京都観光に来たので、事前にぐるナビでピックアップした人気のお店を食べ歩くことにした。まず、一軒目は京都名物といったら湯豆腐!!ということで、龍安寺 西源院の名物料理 湯豆腐をいただくことに。手入れされた風情ある庭園が美しい。僕らがのれんをくぐる際に、前の組が出てきて、『美味しかったよ!!』の言葉。

西源院 その4

少々高価なのは雰囲気料込なのでいたしかたない。僕らはラッキーだったのか、窓側の席を案内され、早速湯豆腐を注文。最初ふたりでひとつにしようかと迷ったが、それだと量が1.5丁と聞いたので、奮発してひとりひとつにした。湯豆腐 1500円×2。

混雑していたので、少し料理が出てくるまでに時間がかかったが、火鉢の上に湯豆腐がセットされるが火鉢には火をつけない。中を覗くと昆布でダシをとっていて、野菜と木綿豆腐が浮かぶ。正直、絹ごし豆腐と思ったぐらいで木綿とは思えない軟らかさ。のど越し良くツルっとした食感が嬉しい。大根おろし、刻みネギ、ゴマを加えた薬味セットにしょうゆダレを投入していただくが、ゴマを加えると風味がよく、家で湯豆腐を食べる時にも使えると勉強になった。妻は量を食べられないのだが、この豆腐料理はぺろりと食べていた。

西源院 湯豆腐

西源院 その5

西源院 その6

旅の記念におすすめ。



関連ランキング:精進料理 | 龍安寺駅妙心寺駅等持院駅






ヤマザキ 肉まん

妻が台湾に帰省中なので、ひとりで近所のスーパーに買い出しに行きました。スーパーの店内でセールしていたヤマザキの肉まんに“中華まん専用レンジ蒸し器”がセット販売されていたのをみかけて、これは手軽でお得だなぁとひとつ購入してきました。

ヤマザキ 肉まん

これが、おまけ!!中華まん専用レンジ蒸し器の詳細はこちらへ。

【関連リンク】
中華まん専用レンジ蒸し器詳細
関連記事

関連タグ : ヤマザキ, , 中華まん専用レンジ蒸し器, グルメ,

世界の山ちゃん 手羽先

しら河でお腹いっぱい ひつまぶしを堪能してから、伏見モンブランホテル近くにある手羽先で有名な居酒屋 世界の山ちゃん 伏見店へ。店内ものすごく混んでいて、ここでも30分待ち。レジ横に来店した芸能人サインがたくさん飾られていて、ホンジャマカのまいうー♪石ちゃんや先日観賞した映画『八日目の蝉』に主演していた永作博美嬢のサインなどあった。

[【グルメ】名古屋めし食べ歩き 世界の山ちゃん伏見店 手羽先堪能編]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 世界の山ちゃん, 手羽先, 居酒屋, 名古屋めし, 一杯, 口コミ, グルメ, 行列のできる店,

矢場とん

せっかく名古屋に来たので、ご当地グルメも堪能してきました。名古屋市科学館は入退場が自由なので、飽きたら街に繰り出すことも可能。僕らは、名古屋グルメの先陣として味噌カツで有名な矢場とんでランチを食べてくることにした。時刻は11時30分を回ったところで、ふたりだったので、すぐにカウンター席を案内してもらった。食べて店を後にする頃にはたくさんの人が列を作っていたので、時間帯もラッキーでした。

メニューも多く、どれにするか迷ったが、瑠沙が揚げ物が苦手なのでミックスフライ(ロースとんかつ、ひれかつ、海老フライ)セットとロース串カツをオーダーし、ふたり分のご飯とみそ汁を頼んだ。待ってる間に、味噌カツの食べ方を見ていたのですが、味噌だれに練りからしやすりごまをかけて食べるのは群馬県民でも理解できても、七味をかけて食べるという方法は初めてで吃驚。

矢場とん02

一番下に、“唐辛子”の文字が・・・。

[【グルメ】名古屋めし食べ歩き 矢場とん 栄セントライズ店 味噌カツ堪能編]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 矢場とん, 名古屋めし, グルメ, 食べ歩き, 口コミ, 味噌カツ, 人気,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。