■本/雑誌

ここでは、「■本/雑誌」 に関する記事を紹介しています。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画遺産 ぴあムック

ぴあムックで『映画遺産ぴあ』が書店で目についたので購入。死ぬまでに観たい映画全500本を映画会社ごとにランキング形式で構成されていて、面白い。僕自身もこういった類の映画ランキング本をたくさん
収集しているが、映画好きには興味深く読めるはず。

ランキングそのものは雑誌を買ってもらうとして、各映画会社ベスト3位までを紹介したい。

パラマウント・ピクチャーズ



1位;ゴッドファーザー
2位;ローマの休日
3位;めまい

ユニバーサル・ピクチャーズ



1位;ジョーズ
2位;スティング
3位;バック・トゥ・ザ・フューチャー

ワーナー・ブラザーズ



1位;ブレードランナー
2位;ダーティハリー
3位;2001年宇宙の旅

ウォルト・ディズニー・カンパニー



1位;ファンタジア
2位;白雪姫
3位;トイ・ストーリー

ソニー・ピクチャーズ・エンタテイメント



1位;タクシードライバー
2位;アラビアのロレンス
3位;イージー★ライダー

20世紀フォックス



1位;エイリアン
2位;明日に向かって撃て!
3位;スター・ウォーズ
スポンサーサイト
夢をかなえるゾウ 文庫版夢をかなえるゾウ 文庫版
(2011/05/20)
水野敬也

商品詳細を見る


これは実話だが、ある得意先にて

A社長;『最近、本は読んでる?』

僕;『いいえ、読まないんですよ、本。もっぱら、映画ばかりで』

A社長;『本読まないとだめだよ。特に歴史ね。企業の社長はインターネットより本読んでるよ。三国志は鉄板で、幕末、戦国時代の流れは理解しておかないと、話し合わないよ』

僕;『はぁ。』

A社長;『自分の会社の社長の誕生日に本って贈ったことある?』

僕;『ないですね』

A社長;『社長ってさ、みんな孤独なのよ。社長と話ってする?』

僕;『入社してからほとんど話したことないです』

A社長;『社員から本貰ったら僕は嬉しいよ。たぶん、そういうことされたら感想言わなくちゃだから、すぐに本を読むよね。そういう気遣いできる社員は可愛いし、見る目も変わるよね。貴方の給料が幾らか知らないけれど、男だったらさ、1(年収1000万円)は目指そうよ。それの近道ってなんだろ?って考えると、出世して社長のカバン持ち(側近)になること。側近の給料は社長の給料の1/3というのが常識だから』

A社長;『(続けて)。世の中のほとんどの人が出生できずに終わってしまうの結局行動してないからなんだよね。やろうと思っても、行動に移せず終わってしまう。それじゃ、ダメなんだよ。今、世の中で成功している人って言うのは、1つのことを諦めずにやり続けた人でしょ。そうだ、君にいい本を紹介しよう。何年か前に流行った『夢をかなえるゾウ』読んだことないでしょ?この本、いろんな人に事あるごとにプレゼントしてるの。ぜひ読んでみて。そして社長にこの本贈って、結果聞かせてよ。明日から人生変わるよ』

今現在、僕はこの本を贈っていない。

関連タグ : 夢をかなえるゾウ, 営業トーク, 営業スキル, 社長へのプレゼント,

三国志 Three Kingdoms

フジテレビの月曜深夜(正確には火曜の早朝)放送されている海外ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の公式ガイドブック上巻が発売中。僕も早速購入。全95話の大河ドラマであるが、上巻では42話までのあらすじ、見所を掲載。場面写真がたくさん載っており、ファンならば買いの一冊。







また、三国志に登場する魏呉蜀における人物相関図や配下の武将を詳細に解説。また主要キャラクターを演じた俳優たちへの貴重なインタビューまで網羅。ジョンウー監督映画レッドクリフNHK人形劇 三国志が好きな人ならば、ドラマにもハマっていると思うので、おすすめ。








孔明、五丈原に死す

三国志 ThreeKingdoms 公式ガイドブック 上巻 (Gakken Mook)三国志 ThreeKingdoms 公式ガイドブック 上巻 (Gakken Mook)
(2011/04/26)
不明

商品詳細を見る


レッドクリフ Part I & II ブルーレイ ツインパック [Blu-ray]レッドクリフ Part I & II ブルーレイ ツインパック [Blu-ray]
(2009/08/05)
トニー・レオン、金城 武 他

商品詳細を見る

関連タグ : 三国志ThreeKingdoms, 公式ガイドブック, 学研, ブックレビュー,



元格闘家で、ダンスパフォーマー『WORLD ORDER』、映画監督、作家、母校拓殖大学レスリング部監督など多彩な活動をする須藤元気氏の新刊『今日が残りの人生最初の日』。あとがきまでの総ページ数189ページ。テーマは、『行動』そして『思考』。閉塞感漂う日本社会の中で、どうストレスをためずネガティブな発想もせず、前向きに生きるか。難解なテーマを須藤氏なりのユーモアを交え、誰でも実践できる実例や須藤氏本人の経験を出しながら回答していく心のケア本。

今日が残りの人生最初の日今日が残りの人生最初の日
(2011/01/29)
須藤 元気

商品詳細を見る


[【本/雑誌】『今日が残りの人生最初の日』 須藤元気著 講談社刊 書評]の続きを読む

関連タグ : 須藤元気, 今日が残りの人生最初の日, エッセイ, 書評, 口コミ,

大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)
(2011/01/14)
大人の科学マガジン編集部

商品詳細を見る


学研から刊行されている大人の科学マガジン。雑誌付録にプラネタリウム映写機テルミンなど、通好みのバラエティに富んだチョイスで楽しませてくれるが、口コミで話題となっているのが第30号である最新号の付録。その驚愕の付録とは・・・・
[【本/雑誌】大人の科学マガジンVol.30の付録は芸術家テオ・ヤンセン監修の『ミニ・ビースト』]の続きを読む

関連タグ : 大人の科学マガジン, 雑誌付録, ミニ・ビースト, テオ・ヤンセン, 芸術家, ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。