ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本テレビの土曜 夜のキワモノドラマ 実写版 『ど根性ガエル』を見ていたのですが、番組中もっとも輝いているぴょん吉のアニメーションと声優を担当している満島ひかりのシンクロ率が驚くほど高く、吃驚した。満島ひかりは改めて、なにやらせても演技が上手いなぁ・・・と感心。

役ごとにオーラを変えられる山田孝之のカメレオン役者っぷりも凄いが、満島ひかりの演技力も頭抜けているね。




関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 実写版, ど根性ガエル, 満島ひかり,



12月1日公開の映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきました。初日は平日の水曜日という非常に中途半端な日(ただし全国の劇場が“映画の日”で1000円均一)、確実に狙いを定めたスタートダッシュを切っており、その内容に注目していた。なぜ今1974年に放映されていたTVアニメーションの宇宙戦艦ヤマトを木村拓哉という人気俳優を起用し実写で制作しなければならないのか?この答えはきっと作品に宿るものと信じて出掛けたが、その答えは結局のところ見いだせずじまい。

あらすじ(ウィキペディアより)

西暦2199年、地球は謎の異星人「ガミラス」の攻撃で滅亡の危機に瀕していた。ガミラスの遊星爆弾による攻撃で海は干上がり、地球上の生物の大半は死滅した。残された僅かな人類は地下都市を建設してガミラスの攻撃に耐えていたが、地下にまで浸透してきた放射能によって人類の滅亡まであと1年余りに迫っていた。そんなある日の事、地球上にイスカンダルからのメッセージカプセルが届けられた。





ネタバレを含む映画の感想は、続きを読むから。
[【映画】『SPACE BATTLESHIP ヤマト(キムタク主演宇宙戦艦ヤマト 実写版)』 新作映画批評 ネタバレあり ユナイテッドシネマ上里]の続きを読む
関連記事

関連タグ : SPACEBATTLESHIPヤマト, 宇宙戦艦ヤマト, 実写版, 木村拓哉, TBS, ネタバレ, 新作映画, レビュー, 感想, 口コミ,

EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]
(2009/11/25)
納谷悟朗富山 敬

商品詳細を見る


今冬最大の話題作 SMAP木村拓哉主演【SPACE BATTLESHIP ヤマト】の予告編が期待を煽るものになっていたので、エントリー記事としてあげておきます。SPACE BATTLESHIP ヤマトは説明するまでもありませんが、第一次アニメブームを巻き起こしたアニメ 宇宙戦艦ヤマトを実写映画化したもの。

木村拓哉の演技はどの作品でも1本調子とか、TBSドラマ アイリスの棒読みで非難殺到の黒木メイサはないだろ、とか不安要素はある。予告編を見る限りの感想だが贅沢な予算が組まれているため、コクピットや計器類など細かい部分の作り込みも巧くいっているようだ。戦闘シーンも激しく、本格的な宇宙艦隊戦の醍醐味が味わえそうでワクワク。日本映画史に一石を投じるような内容となっており、公開が待ち遠い。
[【映画】SPACE BATTLESHIP ヤマト(木村拓哉主演 宇宙戦艦ヤマト実写版) 予告編]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 宇宙戦艦ヤマト, 実写版, トレーラー, 木村拓哉, 黒木メイサ, 波動砲,

2009.3.7 公開:映画「ヤッターマン」公式サイト-2

ゼブラーマン』の三池崇史監督がメガホンを取った大ヒット中の実写映画『ヤッターマン』を観てきました。

博識ゆえに辛口批評になりがちなライムスター宇多丸さんをして、三池映画の傑作とまでいわしめたお色気路線全開で変な方向に振り切れた実写版『ヤッターマン』。頭を空っぽにしてみれば、大笑いできる保証あり。

三池監督といえばB級映画の雄。本人も映画同様癖のあるイカツイ顔した人ですが、タツノコプロのアニメ版を生かした実写版『ヤッターマン』はエロくてお下劣。映画館には小さい子供を連れた親子連れが多かったのですが、親は頭を抱えていたはず。なにせR指定なしでいいのかというほどエロイ。ただ変化球で低めのコーナーを上手く攻めているので、直球でないところがセンスの良さを感じる。

正義のメカのヤッターワンがおっぱい星人の敵メカに欲情して襲い掛かる描写があるほどだ。もし親だったら腰抜かすぞ。よくこんな設定OKしたなぁ、タツノコプロ。ある意味拍手。上成愛ちゃん役でヤッターマン2号を演じる福田沙紀はオープニングから遊ばれちゃっていて、セクハラ演技が可愛そうなほど。

これは見た直後の率直な感想ですが、それらを差し引いてもこの映画本当に感動するほどよくできてる。メカのガジェットや最新VFXを駆使したディテールで背景描写を徹底的に作りこんでいるので、役者が暴走した演技をしても作品の枠から逸脱することがない。

ほぼアニメにでてきた設定(「ポチッとな」「アラホラサッサー」「豚もおだてりゃ木に登る」「今週のびっくりどっきりメカ」「全国の女子高生のみなさ~ん」「やっておしまい」の台詞はノスタルジックだし。
ヤッターマンの「勝利のポーズ“ヤッター、ヤッター、ヤッターマン”」、ドクロベエのママより怖いおしおきタイム“おしおきだべぇ~”などは完全再現。

キャスティングで話題を呼んだ『20世紀少年』3部作に匹敵するキャスティングの妙。向こうは、2部完成した段階で『キャスティング』しか褒めることができない作品だったが、こちらはドロンボー一味の演技が素晴らしい。トンズラー、ボヤッキーはすべてが劇似だし、ボケとツッコミで文句なくグッジョブ。ドロンジョ様に関しては賛否あり深田恭子じゃなくても良い意見もわかるが、ヤッターマン1号 櫻井翔との恋愛シーンをコミカルに描くには深田恭子で正解。びっくりしたのは元祖声優さんが実写で出てきたシーン。ちなみに、ドラえもんに出てくるのび太君とドロンジョ様の声優は一緒

ネットで酷評されている実写版ドラゴンボールを1800円出して観にいく勇気があるならば、絶対こっちを薦める。ただデート映画としては相手のことをよく考えて連れて行ったほうがいい。きわどい大人(アダルト)の台詞が連発するので、単なる懐古アニメ『ヤッターマン』の実写映画として考えていたら大やけど必至。

試写会ではついていなかったエンディングロール後の白ドロンジョが出てくる次回予告は余分。タイムボカンシリーズの歌手 山本正之をリスペクトして劇中曲として使用していたが、どうせここまでしっかり作っているんだったらオープニングとエンディングは欲しかったですね。嵐のエンディング曲は作品内で思いっきり浮いていた。ほかヤッターマン1号はドロンジョにキスするだけで活躍してないのが気になった。

実写版




アニメ版




映画「ヤッターマン」オフィシャル・ヴィジュアル・ブック映画「ヤッターマン」オフィシャル・ヴィジュアル・ブック
(2009/03/07)
不明

商品詳細を見る


タイムボカンシリーズ 超キャラ&超メカコレクション (パーフェクト・アーカイブ・ワイド)タイムボカンシリーズ 超キャラ&超メカコレクション (パーフェクト・アーカイブ・ワイド)
(2006/04)
不明

商品詳細を見る


【関連リンク】
ヤッターマン

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
群馬デザインアート倶楽部
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。