■父との約束

ここでは、「■父との約束」 に関する記事を紹介しています。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一周忌

昨日、父の一周忌を済ませました。父親が亡くなってから、もう1年。早いものです。色々思ったこともあったので備忘録的に記事にしておこうと思います。

亡くなってから最初に気づくのは父親の存在。広く感じる家、口うるさいと感じることさえあった父親の声。いろいろ家族を守ってくれていたんだなぁと、亡くなって気づくことも多かった。台湾から連れてきた妻に対しても人一倍優しかったですし。

膵臓ガン(しかも末期)が見つかってから1年ぐらいは神様からいただいた残り時間があったので精一杯の遅すぎる親孝行もできましたし、人生の引き継ぎと心の準備も済ませられました。それは、病院の先生からも褒められたぐらい最後まで自分を見失わず病と闘っていた父のおかげ。よくドラマで病床のシーンとかあるけど、個人的に現実感がなくて最後まで不思議な感覚でした。

63歳はちょっと早かったかもしれませんが、予想を上回る多くの友人、知人が葬儀には駆け付けてくれ、見送って頂けたことも予想外でした。父親は休日ほとんど裏の畑にいて、友達と遊びに行くようなこともしていなかったので、これは父親が亡くなって驚いたこと。

この1年、父が眠るお墓に家族で足を向けてたわいもないこと語りかけてきましたが、なんとか家族3人前向きに力を合わせて暮らしていますので、これからも父には見守っていて欲しいなと思います。父親とは違うと思いますが、僕は僕なりに精いっぱい家族を守っていこうと思います。

一周忌

畑も守ってます?!
スポンサーサイト

関連タグ : 父親, 故人, 一周忌, 気持ち,

不景気な世の中が日本全体を覆い、精神的にアップダウンの激しい日々が続くなか、我が家の大黒柱である父親がすい臓がんを患い、手術不可能で余命宣告までされてしまった。家族も突然の話に情緒不安になり、なかなかブログが更新できなかった。83歳で亡くなったおじいさんと同じ病名なので、これは誰のせいでもなく“神に定められた運命”と自分に言い聞かせている。

悔しくて妻と数日泣いたが、気持ちも落ちついてきたので、残り少ないかもしれないが家族4人で過ごせる日々を今まで以上に大切にして記しておきたい。思えば外出も少なく出費は極力しないで、仕事は大真面目。休日になると家の小さな畑を朝から晩まで手入れしていた働き者の父親でした。この2週間父親から人生の引き継ぎを兼ねた畑仕事に汗を流した。人生の最後になっちゃったけれど、少しは親孝行できたかな。

関連タグ : 余命宣告された父親, 畑仕事, 引き継ぎ, すい臓がん, 親孝行, 病気,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。