ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクエア 01



東京 池袋シアターグリーン BOXinBOX THEATERで、上演された大阪発 漢(おとこ)4人の演劇集団スクエアの第29回公演『帰って来たザ・バックストリートシャイニングス』を観劇してきました。演劇祭の時からのファンで、『ひかげの軍団(08)』、『マンガマン(10)』に引き続き、小ネタ満載、歌あり、踊りあり、大爆笑の舞台で、関西地方の人情味あふれるパワーを見せていただきました。役者陣がほぼ同年代ということもあり、毎回元気を貰えるのがこの劇団の良いところです。今回も満席で、女性と男性の割合も半々で、最後には出演者のひとりで、スーパールーキーを演じた山本禎顕(よしあき)氏にパンフとDVDにサインをいただき、感激して帰路に着きました。笑って、ほんわかして、やっぱり最高です。前作『ラブ・ギャラクシー』の東京公演がなかったのが残念。絶対、次回も東京公演やってほしいです。CD出たら、マジ買いです。オープニングの『虫飛ぶ街角』最高です!!

スクエア02

ダメダメサラリーマンバンド、新メンバーを加えて、再結成! 呼んでもないのに帰ってきた!! 4人全員がアコースティックギターを抱えてとにかく歌う伝説のサラ リーマンバンド、「ザ・バックストリートシャイニングス」再始動!! スクエアが贈る、笑いと哀愁の弾き語りコメディ!!



[【イベント】舞台『BSSR 帰って来たザ・バックストリートシャイニングス』 スクエアVol.29]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : スクエア, 舞台, 帰って来たザ・バックストリートシャイニングス, BSSR, ,

マンガマン

大阪の小劇団スクエアの新作舞台『マンガマン』を観てきました。30日の夜の部でしたが、客席は8割埋まり、客層は見た目で30代が多く年輩の方も数名いらっしゃいました。スクエアの存在をはじめて知ったのは2008年の演劇祭。そこで鑑賞した『ひかげの軍団』が大変面白く、大阪のアクの強いドタバタ喜劇に魅了され、すっかりファンになってしまった。

今回の舞台は、男性4人組のスクエアのメンバーに加え、京都の劇団鳥丸ストロークロック阪本麻紀女史も客演で参加。

スクエア★リーダー 上田一軒氏メッセージ(転載)

御来場ありがとうございます。1年ぶりのスクエア本公演です。今回の宣伝文句は僕が書きました。『才能もなく七転八倒に生きるすべての人々へ捧げる』と。『才能もなく七転八倒に生きてる』というのは、僕らスクエアのメンバーのことです。際の王もなく七転八倒に生きるのはしんどいですが、結構好きに生きているので、まあ、なんとか楽しく生きています。御来場の皆さんはどうでしょうか?ごゆっくりご観劇ください。



マンガマン02

汐月歩夢 Twitter

シアターグリーンBOXinBOTHEATERでスクエアの新作舞台『マンガマン』を観劇。『ひかげの軍団(2008)』以来で、すげー楽しみでしたが期待を裏切らないドタバタ喜劇に笑ったぁ。ステージと客席の距離も近くて、役者さんたちの熱のこもった演技に感動!!



マンガマン03


あらすじや当日の模様は“続きを読む”からご覧ください。
[【イベント】劇団スクエア 第27回公演 舞台『マンガマン』]の続きを読む
関連記事

関連タグ : スクエア, 鳥丸ストロークロック, 舞台, マンガマン,

マンガマン スクエア

2008年僕はシアターアプルで開催された東京劇団FES’O8に出掛け2日間に渡り日本全国で活動する新進気鋭の劇団の舞台を鑑賞していた。その中でもっとも印象に残ったのは大阪を本拠地に活動する劇団スクエア。この名前は、演劇体験が浅かった僕にトラウマを残し、今でも忘れることができない。

このときに上映されたのが、腹がよじれるほど笑った生涯初の舞台『ひかげの軍団』。これでスクエアのファンになった。当時のエントリー記事『東京劇団FES'08(TOKYO GEKIDAN FES’08) スクエア 演目『ひかげの軍団』 シアターアプル 東京 新宿 ネタバレあ』をサルベージしてみたが、笑い疲れて感想を書いていなくて申し訳ない。でも、帰り際、販売されていた過去に公演されたDVDまで購入してしまったほどだ。

ひかげの軍団 スクエア

宝物

大阪仕込みの笑いのセンスと広いステージを走り回って演じる役者陣(わずか3名!!)の情熱を1番前の観客席で見ていた僕。

いっぱい笑って元気を貰い、映画はもともと好きだったが生で観る芝居の素晴らしさ、奥深さや感動を味わったのもこの劇団のおかげ。そのスクエアがなんと1年に渡る充電期間を経て、新作舞台『マンガマン』を発表。10月末に東京公演が決定したということで、見逃すわけにはいかないので早速チケットを入手。会場は池袋にあるシアターグリーンBOXinBOX。

新作舞台『マンガマン』のあらすじと東京公演のスケジュールは続きを読むから。
[【イベント】スクエアVol.27 舞台『マンガマン』のチケット購入 東京公演 シアターグリーンBOXinBOX THEATER]の続きを読む
関連記事

関連タグ : マンガマン, スクエア, 舞台, 東京公演, シアターグリーン, ,

http://square.serio.jp/index.html

次に梯子して観てきたのが大阪を中心として活躍し海外公演なども行う『スクエア』が手がける舞台『ひかげの軍団』。3本観た中で笑い死ぬほど笑わせてもらった。

テーマパークで働く舞台役者たちが本来の脚本に書かれた台詞を一からすべて変えてしまったことから起こるナンセンスなアドリブ劇を舞台にしたこの芝居。本当に面白かったです。絶対はずさない芝居といわれたら、迷わずこれ薦めます。場内、ドカン、ドカン、大ウケでした。あまりに面白かったので、気持ちが落ち込んだときや忘れた頃にもう一度見ようと思って、DVD購入しちゃいました。

公式パンフレットより

大阪のはずれにある、“日本の歴史体験ワールド”『千早赤坂歴史村』。第3セクターによるこのテーマパークは、幾多の例にもれず、哀れなほどのさびれっぷり。そこでは、映画スターを夢見てこの世界に入ってきた、名もなき俳優たちが細々と働いていた。

その『歴史村』のメインアトラクションである“時代劇場”『歴史座』。ある日、その主役の俳優が、テレビドラマ出演のため、急遽欠場することになり、プロダクションは、その代わりとして新人俳優を送りこんでくる。

一方的な会社のやり方に憤慨する古株の俳優たち、自称“狼軍団”。「なんぼ場松の舞台でも、俺らには、いま、ここしかないんや」。本番は明日。急いで稽古しなければ間に合わない。いや、にしても間に合わないかもしれない。「・・・ピンチはチャンスや。明日の舞台は一か八かの勝負や!」




【関連リンク】
mixiコミュニティ 劇団スクエア
スクエア公式サイト
関連記事

関連タグ : スクエア, ひかげの軍団, 舞台, 芝居, 東京演劇フェス,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。