ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大友克洋GENGA展 金田のバイク

AKIRA 〈Blu-ray〉AKIRA 〈Blu-ray〉
(2011/06/22)
岩田光央、佐々木望 他

商品詳細を見る


ネットでも話題になっていた漫画家であり映像作家でもある大友克洋氏の自身初となる大規模な原画展『大友克洋GENGA展』に行って来ました。お目当ては、2300枚に及ぶ世界的に有名な漫画AKIRAの生原稿とチャリティ企画として展示されている(コスプレして写真が撮れる)金田のバイク。僕も金田に成りきって、総天然色AKIRA完全版 1巻表紙のカットを真似てポーズを決めてみました。

大友克洋GENGA展

ガン上がりの興奮状態だったため、妻と2ケツするのを忘れてしまいました(たぶん係の人に止められるはず)が、学生時代憧れた金田のバイクにコスプレして跨がれて至福の時間を味わった。これ実際に走行可能な仕様になっているのが、リアル志向でグッジョブ。

GENGA - OTOMO KATSUHIRO ORIGINAL PICTURES -GENGA - OTOMO KATSUHIRO ORIGINAL PICTURES -
(2012/04/23)
大友克洋原画展 実行委員会

商品詳細を見る


AKIRA

大友克洋(ウィキペディアより)
日本の漫画家、映画監督。宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得、「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった[3]。近年は主に映画監督として活動している。



[【アニメ/コミック】大友克洋GENGA展 AKIRAの生原稿と金田のバイクの迫力に圧倒。 『もうよせ、鉄雄っ。殺す気かっ!!』]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 大友克洋GENGA展, AKIRA, 漫画, コミック, 金田のバイク, 鉄雄, ,

MPD Psycho (manga)

多重人格探偵サイコ (13) (角川コミックス・エース 23-30)多重人格探偵サイコ (13) (角川コミックス・エース 23-30)
(2009/01/05)
大塚 英志田島 昭宇

商品詳細を見る


コミックス帯より

欲しいものは雨宮一彦の魂だけ。

『ガクソ』への反抗を強めていた西園弖虎。彼は、犯罪者と警察官という立場を越え、キャリア刑事 笹山徹と共闘し、磯野若菜に対抗する。弖虎は亀頭と鬼干潟の決着をつけるため、病院を襲撃。そんな中、病院の外にはバットをもった不審者が・・・。彼の目的は何なのか? そして、共闘を始めた笹山はルーシー・モノストーンと若菜の関係を知り、驚愕する。結末に向け加速する、待望の第13巻。



連載誌が月刊少年エースからコミックチャージというさらにマイナー誌に移動し、コミックの刊行も不定期で1年1冊のペース。すでに前のコミックの内容を忘れた頃にいきなり次の巻が発売されるので、ただでさえ名前がごちゃごちゃ変わる混みいった話なのに輪をかけて謎が謎を呼び、広げられた風呂敷はどんどんでかくなっていく。果たして、佳境にはいった物語は無事着地できるのか・・・。

ショッキング・サスペンスと銘打たれた本編で明かされたのは磯野若菜がルーシー・モノストーンの娘であり、西園弖虎がルーシー・モノストーンのスペアであること。えっ~~!!と思わず叫んでしまう驚愕の展開が次々に待っています。あとは、読んでのお楽しみ。一読しただけでは頭をフル稼働させても、あいつがこうなって、こいつはあれで・・・などディープなファンでないとついて行けず、読み終わってから普通の人は前の巻を最初から読んでいるはずです。

【関連リンク】
多重人格探偵サイコ公式サイト 壁紙プレゼントあり

多重人格探偵サイコ ウィキペディア

>>人気ブログランキング参加中♪

ブログランキング

記事が面白かったら、1票ニコッ♪お願いします!!

【更新サイト一覧】
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式ブログ
群馬社会人サークル ガジェット2.0公式サイト
群馬社会人サークル ガジェット2.0携帯公式サイト
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル


関連記事

関連タグ : コミック, 多重人格探偵サイコ, 漫画, 大塚英志, 田島昭宇, コミックチャージ,

20080825215554.jpg

20080825215552.jpg

8月30日から全東宝系にて公開される映画『20世紀少年』。楽しみにしている人も多いでしょう。邦画としては前代未聞の総額60億円という破格のスケールと全3部作として制作されるなど公開前からプロジェクトの大きさが話題となっています。

出演者が原作に忠実なのもキャスティングを気にする原作ファンには嬉しいです。公開記念で様々な特集が雑誌などで組まれて盛り上がってきましたが、連載されていた『ビッグコミックスピリッツ』に浦沢直樹直筆の映画予告編漫画や唐沢、堤、浦沢の対談も掲載されていてびっくりしました。

ちなみに先日発売された『20世紀少年』コミックス全22巻と『21世紀少年』上下巻をコンプリートしている上に、これまでについた全ての付録とCDをブリキ缶をイメージしたBOXに納めた『20世紀少年』BOXセットは、店頭からすでに姿を消し、Yahoo!オークションで定価の倍の値段がついています。

20世紀少年BOX20世紀少年BOX
(2008/08/09)
浦沢 直樹

商品詳細を見る


また、原作者浦沢直樹氏の画業25周年を記念して画集『漫勉』が映画公開日と同じ8月30日頃発売されます。

プロフェッショナル  仕事の流儀 漫画家 浦沢直樹の仕事心のままに、荒野を行けプロフェッショナル 仕事の流儀 漫画家 浦沢直樹の仕事心のままに、荒野を行け
(2007/10/26)
茂木健一郎、

商品詳細を見る



>>人気ブログランキング参加中♪

ブログランキング

記事が面白かったら、1票ニコッ♪お願いします!!

【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
mixi 電脳ニュース倶楽部
群馬社会人サークル ガジェット2.0
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事

関連タグ : 20世紀少年, 浦沢直樹, コミック, 映画, マンガ原作, 画集,

マンガ『天顕祭』は、文化庁メディア芸術祭でマンガ部門で奨励賞受賞。商業誌に連載された作品ではなく、同人誌として発表された作品が受賞して話題となった作品です。

物語は・・・

ヤマタノオロチの伝説が息づく未来。50年に1度の秘祭『天顕祭』の日が近づいていた。咲は身を隠し、声を潜めてオロチの魔手から必死に逃れようとしていた。鳶の若頭 真中はそうとは知らず咲を雇っていた。身の廻りで起こる異変・・・。そしてある日、忽然と消える咲。運命に引きずられるように真中はやがて天顕祭のおぞましい秘密を知る___



実際購入して読んでみたのですが、女性視点のファンタジーなのに古事記をベースとした物語は骨太で、約350ページの大ボリューム。Gペンと薄墨で描かれているため、スクリーントーンを見慣れた世代には濃淡が読み難い部分もあるかも。古事記、伝統儀式、祭り、鳶、核戦争後の世界観など、あまり扱わないテーマが新鮮な半面、風呂敷を広げすぎな感じあり。でも、流行漫画ばかり追いかけている人ほど読んで欲しい一冊ではあります。

マンガ好きな人もそうでない人もぜひ読んでみてください。

【関連リンク】

文化庁メディア芸術祭


>>人気ブログランキング参加中♪

ブログランキング

記事が面白かったら、1票ニコッ♪お願いします!!

【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 R25専用ビジネスマーケティング情報局
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
mixi 電脳ニュース倶楽部
群馬県高崎市 社会人創作ITサークル『ガジェット2.0』
YouTube 汐月歩夢チャンネル



天顕祭 (New COMICS)天顕祭 (New COMICS)
(2008/07/26)
白井弓子

商品詳細を見る
最近また漫画を少しづつ記事でもフォローしているが、最近読んだ漫画の中で面白かったのが浅野にいお『おやすみプンプン』(週刊ヤングサンデー/ビッグコミックスピリッツ)

おやすみプンプン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)おやすみプンプン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
(2007/08/03)
浅野 いにお

商品詳細を見る


この漫画の最大のアピールポイントは、登場人物及び家族や親戚だけ落書きのようなヒヨコで描かれていること! それ以外は線の細い魅力的な登場人物たち(高橋しんのアシスタントをしていたからだろうか?)、緻密な背景画などで構成された完成度の高い漫画。

リアルな大人社会と対比するように描かれた子供たちの空想世界が上手く融合した独特の世界観を形成。

少年から大人への階段を昇っていく過程をやさしい目線で、生々しく、もの哀しく、アノ時代の独自の空気感をもって語る作者の構成の上手さに参りました。サクッと読めて、ちょっぴりセンチメンタルに浸れる夏休みに読むのにぴったりの漫画です。

【関連リンク】

おやすみプンプン


>>人気ブログランキング参加中♪

ブログランキング

記事が面白かったら、1票ニコッ♪お願いします!!

【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 R25専用ビジネスマーケティング情報局
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
mixi 電脳ニュース倶楽部
群馬県高崎市 社会人創作ITサークル『ガジェット2.0』
YouTube 汐月歩夢チャンネル


関連記事

関連タグ : おやすみプンプン, 浅野にいお, 漫画, コミック, レビュー, ヤングサンデー,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。