ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年恒例の演劇集団キャラメルボックスのクリスマスツアーに今年も応募。2010年12月23日(祝日)のチケットをSO-NET会員優先席で申し込んだ。結果当選しました。高いお金を払うならば、少しでも良い席でみたかったので、とてもラッキー。思えばSKIPシティ国際Dシネマ映画祭でゲキシネ方式の舞台映画『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』を鑑賞してから劇団のファンになり、昨年は生でクリスマスツアーの舞台『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』を結婚前の瑠沙と観に行き、また2010年も思い出に残る素敵なクリスマスが過ごせそうです。



あらすじ(公式サイトより)

クリスマスイブの東京。彼氏のいない「ゆきみ」は、池袋の映画館で友人の「すずこ」と待ち合わせ。しかし、「すずこ」が約束の時間に来なかったため、一人で中へ。映画のタイトルは『ハイカラ探偵物語』。大正5年、芥川龍之介と平井太郎(後の江戸川乱歩)が怪盗黒蜥蜴と戦う話だった。ところが、 芥川が黒蜥蜴を追い詰めた場面で、黒蜥蜴が消失! どうやら、映画の外に逃げたらしい。芥川と太郎、そして警視庁の菊池警部は、黒蜥蜴を追って、映画の外に飛び出す。そして、「ゆきみ」に現代の東京の案内を頼む。一方、「すずこ」が遅刻して映画館に辿り着くと、中からメイド服の女が飛び出してきた。 彼女は、映画の中から逃げてきたと言う……。



「サンタクロースが歌ってくれた」 (演劇集団キャラメルボックス) の感想・チケット・詳細情報なら演劇ライフ

【関連リンク】
演劇集団キャラメルボックス

【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
電脳ニュース瓦版★ポッドキャスト
群馬デザインアート倶楽部 
中国語教師瑠沙の国際結婚日記
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板 
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
Twilog 汐月歩夢
Twilog 汐月瑠沙
mixi 汐月歩夢
mixi 汐月瑠沙
電脳ニュース瓦版@YouTube_ Channel
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 舞台, 演劇集団キャラメルボックス, チケット, クリスマスツアー, 成井豊,

20091227_dennounews_gdac2009 12 27 015

何もいわなくていい。父さんには、お前の気持がちゃんと聞こえたよ。

7052643-1.jpg

日本有数の良質な演劇を繰り出す演劇劇団キャラメルボックスの2009年度版クリスマスツアー『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』をサンシャイン劇場で観賞してきました。キャラメルボックスの舞台を生で観るのははじめて。しかも瑠沙は台湾人なのでどこまで舞台の内容が理解できるのか不安でしたが、“本物”のイベントに出来るだけ連れていってやりたいと考えていた中で、キャラメルボックスが毎年この時期に公演している心が優しくなるクリスマスファンタジーの舞台がいいかなぁと思ってチケットを押さえておいた。

僕は2008年クリスマスツアーの『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』をソニーLiveSpireで観賞しているので、雰囲気は掴んでおりスッと気持ちが舞台に入っていけたが、隣の席に座った彼女の表情を伺うとやはり物語の面白さまでは理解できなかった様子が見てとれた。来日2日目でまだ日本語に不慣れな上、スピード感のある“生の舞台”は敷居が高かったのかな。

今回物語上『他人の心の声が読めるようになる』という設定が肝なのですが、それを舞台上で表現するのに白い服を着た役者が入れ替わり立ち替わり幽体離脱のように演者の後ろに立つことで表現しており、それが一人何役もこなすのでいまひとつ分かりにくさに拍車をかけていてちょっと残念。感想を交換していた帰りの電車の中ではじめて気付いた点もあったから・・・。

20091227_dennounews_gdac2009 12 27 016

20091227_dennounews_gdac2009 12 27 017


物語の全体構造はとてもヒューマンだし、キャラメルボックスの看板役者 西川浩幸氏の演技力はハイレベルで楽しかっただけに、複雑に発せられる台詞をもう少しわかりやすく、せめて心の声が聞こえるという表現だけでも工夫してほしかった気がします。しかし、西川氏演じるちょっと頼りなくて、ユーモアあふれる父親像はいつ見ても凄い。舞台が終わった後、役者が観客の拍手にこたえるカーテンコールも3回あって得した気分。来年もまた観に行きたいです。

演劇集団キャラメルボックス きみがいた時間 ぼくのいく時間 2008年版 [DVD]演劇集団キャラメルボックス きみがいた時間 ぼくのいく時間 2008年版 [DVD]
(2008/07/25)
上川隆也西山繭子

商品詳細を見る


【関連リンク】
演劇集団キャラメルボックス公式サイト

【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
電脳ニュース瓦版★ポッドキャスト
群馬デザインアート倶楽部 
中国語教師瑠沙の国際結婚日記
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板 
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
Twilog 汐月歩夢
Twilog 汐月瑠沙
mixi 汐月歩夢
mixi 汐月瑠沙
電脳ニュース瓦版@YouTube_ Channel


関連記事

関連タグ : 舞台, 演劇集団キャラメルボックス, エンジェル・イヤーズ・ストーリー, クリスマス,

公演 演劇集団キャラメルボックス2009クリスマスツアー 『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』
会場名 サンシャイン劇場

「エンジェル・イヤーズ・ストーリー」 (演劇集団キャラメルボックス) の感想・チケット・詳細情報なら演劇ライフ


席種枚数
<第1希望>
 抽選結果  当選

公演日時  : 2009/12/23(水・祝) 13:00開場 14:00開演
席種・料金 : 全席指定 \6,000×2枚[チケット料金]
座席    : 1階5列目 連番

良い座席です。すごくうれしい。少し早いが瑠沙へのクリスマスプレゼント。11月、そして12月と日本に来るために運転免許取得や日本語の授業をがんばっている彼女へのささやかな励ましになってくれれば嬉しい。

MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人 [DVD]MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人 [DVD]
(2005/07/20)
伊藤英明長谷川京子

商品詳細を見る


【更新サイト一覧】

『群馬デザインアート倶楽部』は、汐月歩夢が代表を務め、“地方でオフ会中心にアートや映像イベントを愉しむ”革命的な社会人サークル。仲間募集中

群馬デザインアート倶楽部

メルマガ深夜便シリーズはブログで取り上げきれない記事を数多の情報源の中から厳選し、書き下ろし編集後記と供にあなたの登録したメールアドレスにお届け。

日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル

フリーペーパー(PDFファイル)

群馬デザインアート通信 サークル参加特集号 全15ページ
関連記事

関連タグ : 演劇集団キャラメルボックス, エンジェル・イヤーズ・ストーリー, クリスマスイベント, 演劇, 先行チケット,

http://www.so-net.ne.jp/press-caramelbox/angel/

演劇集団キャラメルボックスの公演の中でも特に人気が高いクリスマスツアー。2009年のクリスマスツアーもすでにタイトルが発表され楽しみにしています。ちなみにタイトルは『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』。そして待望のチケット抽選予約がスタートしました。現在プロバイダーでSO-NETを利用しているユーザー限定で申し込むことが可能。海外にいる“彼女”を12月22日に日本に呼び寄せるので、クリスマスイブ×2の23日(祝)を狙って応募しておきました。当選してふたりで観賞できると嬉しいのですが・・・。

「エンジェル・イヤーズ・ストーリー」 (演劇集団キャラメルボックス) の感想・チケット・詳細情報なら演劇ライフ

【関連リンク】

演劇集団キャラメルボックス2009クリスマスツアー『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』 So-net抽選先行予約

【更新サイト一覧】

『群馬デザインアート倶楽部』は、汐月歩夢が代表を務め、“地方でオフ会中心にアートや映像イベントを愉しむ”革命的な社会人サークル。仲間募集中

群馬デザインアート倶楽部

メルマガ深夜便シリーズはブログで取り上げきれない記事を数多の情報源の中から厳選し、書き下ろし編集後記と供にあなたの登録したメールアドレスにお届け。

日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル

フリーペーパー(PDFファイル)

群馬デザインアート通信 サークル参加特集号 全15ページ
関連記事

関連タグ : 演劇集団キャラメルボックス, クリスマスツアー, エンジェル・イヤーズ・ストーリー, 舞台, 前売りチケット,

http://livespire.jp/kimikodou/index.html

埼玉県川口市で開催されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にソロ活動で出かけてきたので報告。演劇集団キャラメルボックスの2008年12月クリスマス上演をデジタルシネマ化した『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』を観賞。配給会社はソニー。お客さんは舞台の映画化に馴染みがないのか満席とはいえませんでしたが、女性中心にたくさん観に来ていた。

舞台挨拶もあり、原作、演出の成井豊氏、女優の大森美紀子嬢、映像監督の佐藤克則氏の3名の話が聞けた。早稲田大学の演劇サークルが出発して旗揚げした演劇集団キャラメルボックス(現在34名在籍)の裏話とても面白かった。

あらすじ

テレビの脚本家・根室典彦は40歳を過ぎたバツイチ独身。離婚した妻と娘は札幌に住んでいた。クリスマスを控えたある日、突然、娘のいぶきが訪ねてくる。別れた時5歳だった娘は19歳になっていた。

さてここからが本編の感想。

黒川智花

前回の劇団☆新幹線に続き、デジタル映画になった舞台を観るのは2度目。テーマは、父 根室と娘 いぶきの14年ぶりの再会を軸に、クリスマスイブの一夜を素敵な家族愛がやさしく包んでいくコミカルでハートウォーミングな物語。

後半に物語が進むにつれてグイグイ引き込まれて、気づいたら涙腺が決壊して頬から涙がポタリ、ポタリ。127分の映画で、3回は泣きました。黒川智花ちゃんの演技が素晴らしくて、『お父さん!』て呼びかけるシーンが何回も出てくるのですが、台詞ごとに表現を変えて、丁寧に演技していて上手いなぁと思いました。

若くして吸い込まれるほど綺麗な眼をした女優なので、画面でもかわいい表情が映える。だから、よけいに後半のシリアスな場面でのせつない演技や感情をぶつけるシーンが引き立つ。僕は男性と男性に挟まれて観賞していたので、泣いてる姿を隠すのに必死。油断していた『パコと魔法の絵本』でも涙腺が決壊しましたが、それに匹敵するぐらい笑ったし泣いたし感動した。

ここから本当のネタバレ。実はこの物語、後半に行くに従い推理する要素が加わっていく。札幌で離れて暮らしていた娘いぶきがはじめは純粋に父親に会いにきた、という導入部ではじまるが、彼女が小説を書き上げており出版社に持ち込んで本にしたいと言い出す。ここまではよくある話かもしれないが、そのあとが急展開。

いぶきの小説は友人が書いたもので、いぶきも実は本人ではないかも?!という驚きに満ちた謎を呼ぶ展開に・・・。

実はいぶきは札幌で入院し昏睡状態。死期が迫っているため、友人の体を借りて、子供のころの“大人になったら会いに行く”という約束を守るため、7つのプレゼントを用意してあらわれたのだった。タイトルになった“君の心臓の鼓動が聞こえる場所”、劇中で語られるのを書けば、娘のいぶきが子供のころ公園でやっていた鬼ごっこの思い出から来ている。彼女は鬼から逃げる際に逃げ切れないと思うと死んだふりをよくした。そんなとき父親の根室は決まって心臓の音を聞いてくすぐったから。

ベストシーンは、最後の飛行機の中でいぶきが再びあらわれて『お父さん・・・』って言うシーン、涙が出てとまらなかった。余談だが広末涼子主演の映画で母親が娘の体を借りた『秘密』ってあったが、あれもよかった。



↑劇中曲。泣ける・・・。遠距離恋愛している人にはせつない。

元妻との回想画面ではセピア色でまとめられていたり、デジタル映画ならではの処理もうまい具合にされていて舞台の臨場感を映像に置き換えて丁寧に制作されていたと思う。また、収録当日の観客のひとり、ひとりがエンドロールで流れたりしたのは誠意を感じた。男子諸君はデートで彼女と観て失敗しないので機会があれば一緒に観てほしい。おすすめ。



【関連リンク】
君の心臓の鼓動が聞こえる場所

成井豊インタビュー チケットぴあ

このブログで取材して欲しいイベント調査リクエストや巷の流行に関する口コミ情報、エントリー記事として読んでみたいネタ(お題)はこちらまで。
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
『群馬デザインアート倶楽部』は、汐月歩夢が代表を務め、“地方でオフ会中心にアートや映像イベントを愉しむ”革命的な社会人サークル。仲間募集中
群馬デザインアート倶楽部
メルマガ深夜便シリーズはブログで取り上げきれない記事を数多の情報源の中から厳選し、書き下ろし編集後記と供にあなたの登録したメールアドレスにお届け。
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル


関連記事

関連タグ : 君の心臓の鼓動が聞こえる場所, 黒川智花, 演劇集団キャラメルボックス, SpireLive, 舞台,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。