ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイリス02

既に放送は終了しているTBSドラマ IRIS(アイリス)写真展イオンモール高崎で開催していたので、買い物ついでに見てきました。バーゲンセールで混み合う店内でしたが、ドラマも終了ししばらく時間も経過しているので、写真展会場は熱が冷めた状態。韓流スターを追っかけしているようなおばさんもいないし。懐かしさを感じる会場の様子は“続きを読む”から。

[【写真(フォト)/デジカメ】IRIS(アイリス)写真展 イオンモール高崎]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アイリス, 韓流ドラマ, イ・ビョンホン, キム・テヒ, 写真展,

ほぼ日手帳2011

2年連続で使用している糸井重里氏が運営しているWEBサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』から生まれた【ほぼ日手帳2011】を池袋 西武百貨店にテナントとして入っているLOFTで購入。写真は妻用に好きなブックカバーを選んでもらい購入したほぼ日手帳。使ったことのある人なら分かると思うが、さりげないところに工夫やこだわりが感じられ、これを購入するたびに来年もがんばろうって気にさせてくれる逸品。毎年ユーザーの声を拾い上げてカスタムを重ね、商品として反映している手帳で、徹底的に使いやすさにこだわっている。ビジネス手帳で使用しているため、1年ごとに年末まで使用し書き切った手帳はすべて手元に残しているが、たまに手に取って開いたときにその時々の情景が広がり、デジタルとはまた違ったアナクロの味わいが素晴らしい。僕にとっては仕事の友であると共に、買い物した時のレシートや映画の半券、食事したレストランの名刺、新聞の切り抜きなどを貼って、日記としての機能も果たす。WEBコンテンツから抜き出した365日のさりげない言葉も心に響く。


限定された場所でしか販売されていないのに35万人愛用ってすごいです。

【関連リンク】
ほぼ日刊イトイ新聞公式サイト


関連記事

関連タグ : ほぼ日手帳2011, ほぼ日刊イトイ新聞, 糸井重里, ビジネス手帳, ,

マンガマン

大阪の小劇団スクエアの新作舞台『マンガマン』を観てきました。30日の夜の部でしたが、客席は8割埋まり、客層は見た目で30代が多く年輩の方も数名いらっしゃいました。スクエアの存在をはじめて知ったのは2008年の演劇祭。そこで鑑賞した『ひかげの軍団』が大変面白く、大阪のアクの強いドタバタ喜劇に魅了され、すっかりファンになってしまった。

今回の舞台は、男性4人組のスクエアのメンバーに加え、京都の劇団鳥丸ストロークロック阪本麻紀女史も客演で参加。

スクエア★リーダー 上田一軒氏メッセージ(転載)

御来場ありがとうございます。1年ぶりのスクエア本公演です。今回の宣伝文句は僕が書きました。『才能もなく七転八倒に生きるすべての人々へ捧げる』と。『才能もなく七転八倒に生きてる』というのは、僕らスクエアのメンバーのことです。際の王もなく七転八倒に生きるのはしんどいですが、結構好きに生きているので、まあ、なんとか楽しく生きています。御来場の皆さんはどうでしょうか?ごゆっくりご観劇ください。



マンガマン02

汐月歩夢 Twitter

シアターグリーンBOXinBOTHEATERでスクエアの新作舞台『マンガマン』を観劇。『ひかげの軍団(2008)』以来で、すげー楽しみでしたが期待を裏切らないドタバタ喜劇に笑ったぁ。ステージと客席の距離も近くて、役者さんたちの熱のこもった演技に感動!!



マンガマン03


あらすじや当日の模様は“続きを読む”からご覧ください。
[【イベント】劇団スクエア 第27回公演 舞台『マンガマン』]の続きを読む
関連記事

関連タグ : スクエア, 鳥丸ストロークロック, 舞台, マンガマン,

EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]
(2009/11/25)
納谷悟朗富山 敬

商品詳細を見る


今冬最大の話題作 SMAP木村拓哉主演【SPACE BATTLESHIP ヤマト】の予告編が期待を煽るものになっていたので、エントリー記事としてあげておきます。SPACE BATTLESHIP ヤマトは説明するまでもありませんが、第一次アニメブームを巻き起こしたアニメ 宇宙戦艦ヤマトを実写映画化したもの。

木村拓哉の演技はどの作品でも1本調子とか、TBSドラマ アイリスの棒読みで非難殺到の黒木メイサはないだろ、とか不安要素はある。予告編を見る限りの感想だが贅沢な予算が組まれているため、コクピットや計器類など細かい部分の作り込みも巧くいっているようだ。戦闘シーンも激しく、本格的な宇宙艦隊戦の醍醐味が味わえそうでワクワク。日本映画史に一石を投じるような内容となっており、公開が待ち遠い。
[【映画】SPACE BATTLESHIP ヤマト(木村拓哉主演 宇宙戦艦ヤマト実写版) 予告編]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 宇宙戦艦ヤマト, 実写版, トレーラー, 木村拓哉, 黒木メイサ, 波動砲,

イベント”クラヤミ食堂”

汐月歩夢感想

人生で初めて参加したクラヤミ食堂。インターネットで前回の模様をチェックして出かけたが、前日の晩は緊張し修学旅行前の小学生のように眠れませんでした。当日は、妻と一緒に群馬県から電車を乗り継ぎ『午前の部』に参加しました。

三十分前に会場に到着し、受付でクラヤミマスクを渡されると、ワクワクした気持ちも混じり不思議な気持ち。時間が早かったので、他の参加者が来るまでレストランの入口前に置かれた広瀬さん直筆のメッセージボードを読んでいると、案内係のスタッフからマスク着用の指示を受けました。

マスクをつけると光は完全に遮断され、真っ暗な闇の中。手をひかれ誘導されるまま恐る恐る歩き、やっと自分の席に到着。しかし、いつまでたっても左右に人の気配がなく、妻とも離れたし、不安は募るばかり。

時間が経過していく中で、次第に私の座ったテーブルにも人の気配がして、ぎこちない挨拶から会話が生まれていった。最初は、誰に向かって話をしているかわからず、暗闇の会話に戸惑いました。みなの会話に聞き耳を立てていると、2回、3回と参加しているリピーターも多く吃驚するのと共に期待も高まりました。

開演時間が来て、いよいよ暗闇の中前代未聞の広瀬香美ディナーショーが始まりました。時が止まった会場にピアノが流れ、広瀬さんの歌声は静まり返った会場を包みこみ、僕の緊張も次第に解けていった。音を聞くと自分の席がステージに近いのを感じ、歌詞に耳を傾け心で感じた。盛り上がり優先のコンサート会場では経験できない音楽体験。

曲の後には、前の席や隣の席に座る参加者との乾杯。右手そばに置かれたワインをもち、緊張しながら挑戦。恐る恐る手を差し出し、無事にグラスを合わせることができ、ホッとしました。

乾杯の後は、広瀬さんが一曲歌い終わるごとに曲のイメージから創作された素晴らしい料理に舌鼓み。僕は味覚音痴を露呈し、珍回答を連発。最初のスプーンにのった前菜から最後の牛頬肉の煮込みまで、解答を導き出せたものがありませんでした。

一方で、同じテーブルに座った女性の中には名探偵顔負けの推理力で食材の名前を言い当てている人もいたので、育ちの差だと自分を慰めていました。曲の合間の広瀬さんのほんわかしたMCは笑えて楽しかったですが、暗闇でのナイフとフォークには苦戦。最後はあきらめて口を匂いのする方向に寄せて、料理に覆いかぶさりクマのように食べていた。暗闇は僕に動物としての本能まで蘇らせていた。でも、知人には決っして見られたくない間抜け顔で食べていたのも間違いない。

高級な食材を使用した料理はどれも美味しく、日常では早食いチャンピオンの僕でさえ、このようなめったにない機会では完全に会場の空気にのまれ、香りと味のハーモニーを楽しみながら、ゆっくり時間をかけて美味しい食事を堪能した。余談ですが非日常な空間は、ワインが想像以上に進みます。笑。

途中、選ばれた参加者にアカペラで『I WISH』を歌う演出も自分が当選するのではないかと一瞬ドキドキした。また、マスクを外して聞いた広瀬さんの代表曲の一つ『DEAR…AGAIN』にも感動。その理由は、広瀬さんもマスクをしたまま、体全体を使ってピアノを弾き、一生懸命歌っていたから。あの姿カッコ良かったです。
楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、最後に会場を一つにして大きな拍手の中ステージを降りた広瀬さんでした。しかし僕らが会場を後にする際に、先ほどまでステージにいた広瀬さんが出口で見送ってくれ、ひとりひとりと会話を交わし握手してくれるビッグなサプライズがありました。この粋な演出に大感激。

エピローグとして、帰りの電車で妻とお互いの体験談を話しながら、僕らは広瀬さんにツイッターで感想と感謝のメールを送ったのですが、午後の部の前に広瀬さん本人から一言メッセージまでもらい、最後まで楽しませてもらいました。クラヤミ食堂のスタッフ、そして広瀬香美さんにたくさんの思い出を貰い感謝です。参加でき本当に幸せでした。体験してみて、クラヤミ食堂は一生の記憶に残るイベントとなりました。またいつか参加してみたいです。




汐月瑠沙感想

クラヤミ食堂に初めてモニターとして参加しました。一流レストランでの美味しい食事、視覚以外の感覚を使う不思議、広瀬香美さんの音楽を心で感じる経験は言葉で表せないほど感動しました。私は国際結婚した台湾人ですが、まさか、日本で人気歌手の音楽を真っ暗闇で聞くなんて夢にも思いませんでした。

会場では最初にスタッフの説明を聞き、みんなでアイマスクをつけました。夫婦で参加しましたが、会場では演出により離れ離れ。 まだ、日本語を聞きとる力に自信がないので説明が分からなかったらどうしよう、と不安でいっぱいでした。

宴が始まり、広瀬香美さんの綺麗な声が会場に響き始めました。見えないからこそ、心が静まり、より深く音楽の素晴らしさを感じられました。暗闇での自己紹介や乾杯もドキドキしましたが、無事に終わると気持ちが楽になりました。

次の歌が流れている間に運ばれてきた美味しそうな匂い。暗闇では料理の匂いにも敏感になります。緊張でお腹もぺこぺこだったので次々に運ばれる正体がわからない料理に挑戦しました。

最初は周りも知らない人だったし、日本語の説明も全部聞き取れなかったので前菜で登場したスプーンにのった料理をどうしていいかわからず途方にくれました。次に手で触りながら、姿かたちの見えない料理を直接口に入れました。その瞬間、あるスタッフが側に来て、『お客様、大丈夫ですか?』と聞いてくれました。『お客様、先ほど紙を食べましたよ。大丈夫ですか?』『あっ、本当ですか? どうして、紙がありますか? すみません、食べ方を聞かなかったから、分かりませんでした。 だから、なんだか変な味が・・・』私は動揺しました。次の瞬間『お水をください。』と、顔を真っ赤にしてうつむきいた状態で言っていました。でも、失敗はここまで。これ以降、周りの人たちに助けてもらいながら最後のデザートまで美味しくいただくことができました。

クラヤミ食堂とは、【見えないから、美味しい。見えないから、楽しい。見えないから、広がる。】 台湾人の私もこのイベントを通じてそう感じました。 また貴重な体験は旦那さんとの素敵な思い出になりました。 広瀬香美さんとクラヤミ食堂のスタッフに感謝です。またチャンスがあったら、是非参加させていただきたいです。

Alpen Best-Kohmi HiroseAlpen Best-Kohmi Hirose
(2007/12/05)
広瀬香美

商品詳細を見る


【関連リンク】
クラヤミ食堂公式サイト
関連記事

関連タグ : 広瀬香美, クラヤミ食堂, 感想, デート, ディナーショー,

報告が遅くなりましたが、日帰りで大阪に行ってきた際に、大阪城天守閣の観光をしてきました。僕は20代のころ一度友人と訪れているので2度目。夕方だったので人も少ないかなと思っていたが、外国人が多く吃驚。分かりづらい大阪の道路をびくびくしながらマイカーを飛ばして馳せ参じたのはいいのですが、駐車場が分からずぐるぐる回りながら右往左往。
関連記事

関連タグ : 大阪城天守閣, 名所, 外国人観光, 豊臣秀吉,

向井千秋記念子ども科学館

たてばやし国際交流まつりの会場から歩いて数分の場所にある向井千秋記念子ども科学館に行ってきました。子ども科学館だけど、もちろん大人も入館料 310円を払えば誰でも入場可能。県内に住んでいながら、この施設に足を踏み入れたことがなく、興味津々。先日サントリーミュージアムで上映されている『HUBBLE3D』を観てきたの影響からか、重力に縛られる地球にいても宇宙を感じられるところが大好き。驚くべき事態が発生していた館内の様子は、続きを読むから。

向井千秋記念子ども科学館
[【イベント】向井千秋記念子ども科学館 三十路大人の宇宙体験バージョン]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 宇宙飛行士, 向井千秋, NASA, メダカ, 向井千秋記念子ども科学館,

たてばやし国際交流まつり

5日間風邪で仕事から帰ってきたら寝る生活を続けていたが、復活したとなれば外出禁止令を無視して、館林市役所まで行ってきた。10月24日は毎年開催されている『たてばやし国際交流まつり』がある日。高速道路を飛ばして、約1時間半。美味しい海外のグルメに誘われて行ってきた模様は、続きを読むからどうぞ。
[【グルメ】たてばやし国際交流まつりで異国料理を満喫]の続きを読む
関連記事

関連タグ : たてばやし国際交流まつり, 館林市役所, グルメイベント,

Facebook

Twitterの次にブーム到来の予感があるFacebook(フェイスブック)。そして日本でmixiと双璧をなすSNSGREE(グリー)のアカウントを瑠沙と共に取得。

とくにFacebookは世界一のSNSサービスでありながら、日本では類似サービスのmixiに後れを取り本格的には浸透していない。

また、ふたりとも挫折した過去がある。Facebookは完全退会の記述が一見分かりにくく、手間取るので、“Facebook”と検索すると次に来る予想キーワードが“退会”になるのも経験済み。

最近ネットで有名人が続々と加入したことで話題になったので、便乗してアカウントとプロフィール画面だけは編集できるようにしておこうと挑戦中。試行錯誤しながらで、本格的に使いこなせていないが、ブログやTwitterとの連動を視野に展開していければと思っている。ネットでも外国語に触れ、世界と勝負しなくてはいけない時代が来るのかも。

できるポケット Facebookをスマートに使いこなす基本&活用ワザ150できるポケット Facebookをスマートに使いこなす基本&活用ワザ150
(2010/10/22)
田口和裕毛利勝久

商品詳細を見る


【関連リンク】

汐月歩夢 GREE
汐月瑠沙 GREE

Facebookのアドレスは時期が来たら公開します。
関連記事

関連タグ : Facebook, mixi, GREE, SNS, フェイスブック,

電脳ニュース瓦版ポッドキャスト

ケロログにて不定期更新中。

電脳ニュース瓦版★ポッドキャスト

現在まで第15回まで更新。iPhoneや携帯などmp3ファイル対応レコーダーにダウンロードして聞いてください。
関連記事

関連タグ : ポッドキャスト, 汐月夫婦, mp3, iphone,

海遊館01

群馬県>>長野県>>岐阜県>>愛知県>>滋賀県>>京都府>>大阪府と流転人生のようなドライブ旅行で流れ着いた先が天保山。ここにあるサントリーミュージアムのIMAXシアターで感動した僕ら。その足で目と鼻の先にある口コミ評価や満足度ランキングで人気の水族館 海遊館に出掛けて来た。

海遊館02

当日は親子連れやカップルで賑わっていた。企画展ではサメとエイに直接触ることができる体験イベントも開催中。36年間海なし県に住み、小学生時代から海を見ると興奮してしまう僕。フィギュアを収集しているほど愛しているイルカと水槽の中を優雅に泳ぐ妖艶なクラゲに執着し、写真を撮りまくり。その模様は“続きを読む”から。

海遊館とは(ウィキペディアより)

海遊館(かいゆうかん)は、大阪府大阪市港区天保山にある水族館。1990年に開館した。「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」と「リング・オブ・ライフ(環太平洋生命帯)」をコンセプトにしている。巨大水槽で環太平洋の海を再現し、従来の水族館の印象を劇的に変えた施設である。入館者はまず8階までエスカレーターで上がり、回廊型の通路を4階まで下りながら、以下のような順序で鑑賞する事になる。そのため、水上と水中など、複数回鑑賞することが出来る水槽もある。



総評:生き物の数を揃えただけでなく、階層が下がるごとに海に潜っていくように様々なアングルから見る驚きが楽しい。記念写真コーナーやグッズ売り場なども充実していて、子供にも大人にも楽しめるプログラムが満載。
[【イベント】大阪 天保山 水族館ランキングで口コミ評価の高い海遊館で遊んできました。]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 海遊館, 水族館, 口コミ, 満足度評価, リピーター, ジンベイザメ, クラゲ, 大阪天保山,

HUBBLE3D

Twitter上で水道橋博士(@s_hakase)が、故スタンリー・キューブリック制作の映画『2001年宇宙の旅』以来の衝撃と熱烈プッシュして、賑わっている大阪 天保山にあるサントリーミュージアムで上映されている『HUBBLE 3D  -ハッブル宇宙望遠鏡-』。



このサントリーミュージアムは年内閉鎖、しかも『HUBBLE 3D  -ハッブル宇宙望遠鏡-』は10月末で上映機会が残されていないため、話題に乗り遅れまいと瑠沙を連れて一路大阪まで出掛けてきました。高さ20メートル×横幅28メートルは、日本最大の巨大IMAXスクリーン。

観たいという衝動が抑えきれず、バカと後ろ指を指されることを承知で行きましたが、行って大正解。先週、広瀬香美ディナーショーの参加権に当選して延期されてしまったが、片道6時間×2回(ETCの休日割引が効いたので、行きの高速代@2450円、帰りの高速代@1750円)。交通費はETC休日割引の恩恵を受け、長時間高速を激走。乗り慣れない夜の高速道路に加え、関東から関西までと言う長時間ドライブに精神と体力を激しく消耗したが、夢のような1日と想い出を演出。

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]2001年宇宙の旅 [Blu-ray]
(2010/04/21)
キア・デュリアゲイリー・ロックウッド

商品詳細を見る
[【イベント】群馬から大阪 片道6時間×2回 日帰りミラクルドライブ 天保山 年内閉館 日本最大の巨大スクリーン IMAXシアター体験 サントリーミュージアム『HUBBLE 3D  -ハッブル宇宙望遠鏡-』3D 手を延ばせば、そこは宇宙!!]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 日帰りドライブ, 群馬から大阪, 天保山, サントリーミュージアム, , UBBLE, 3D, -ハッブル宇宙望遠鏡-, 3D映画, IMAXシアター,

紅白

毎年往復ハガキを大量購入。投函してはハズレ、投函してはハズレを繰り返しているNHK紅白歌合戦。当選した時のために、大晦日(12月31日)は例年スケジュールを空けておき臨戦態勢。その甲斐なく、当選漏れの連絡が印刷されたハガキが大量に届くのが恒例行事。仕方ないので家族みんなで蜜柑を食べながら、テレビ観戦するのが汐月家の風習。

紅白は歌はもちろん、贅沢な予算を用いて作られたド派手なセットや正月明けに報じられる視聴率低迷記事を吹き飛ばすようなリアルタイムで進行する『24』並みのハプニングを楽しむもの。紙吹雪の中で佇むサブちゃんこと北島三郎さんの笑顔や芸能界の女帝 和田アキ子さんの『あの鐘を鳴らすのはあなた』を聴くのが正しい日本人の姿だと考えている。

[【テレビ/ラジオ】第61回NHK紅白歌合戦観覧募集開始]の続きを読む
関連記事

関連タグ : NHK, 第61回NHK紅白歌合戦, 観覧募集, お客様番号,

マンガマン スクエア

2008年僕はシアターアプルで開催された東京劇団FES’O8に出掛け2日間に渡り日本全国で活動する新進気鋭の劇団の舞台を鑑賞していた。その中でもっとも印象に残ったのは大阪を本拠地に活動する劇団スクエア。この名前は、演劇体験が浅かった僕にトラウマを残し、今でも忘れることができない。

このときに上映されたのが、腹がよじれるほど笑った生涯初の舞台『ひかげの軍団』。これでスクエアのファンになった。当時のエントリー記事『東京劇団FES'08(TOKYO GEKIDAN FES’08) スクエア 演目『ひかげの軍団』 シアターアプル 東京 新宿 ネタバレあ』をサルベージしてみたが、笑い疲れて感想を書いていなくて申し訳ない。でも、帰り際、販売されていた過去に公演されたDVDまで購入してしまったほどだ。

ひかげの軍団 スクエア

宝物

大阪仕込みの笑いのセンスと広いステージを走り回って演じる役者陣(わずか3名!!)の情熱を1番前の観客席で見ていた僕。

いっぱい笑って元気を貰い、映画はもともと好きだったが生で観る芝居の素晴らしさ、奥深さや感動を味わったのもこの劇団のおかげ。そのスクエアがなんと1年に渡る充電期間を経て、新作舞台『マンガマン』を発表。10月末に東京公演が決定したということで、見逃すわけにはいかないので早速チケットを入手。会場は池袋にあるシアターグリーンBOXinBOX。

新作舞台『マンガマン』のあらすじと東京公演のスケジュールは続きを読むから。
[【イベント】スクエアVol.27 舞台『マンガマン』のチケット購入 東京公演 シアターグリーンBOXinBOX THEATER]の続きを読む
関連記事

関連タグ : マンガマン, スクエア, 舞台, 東京公演, シアターグリーン, ,

本庄常勝軒

高崎方面から国道17号に沿って上っていくと大きな看板が見えてくる本庄常勝軒で、特製もりそばを食べてきました。本庄常勝軒は、巨大な看板の中で微笑むつけ麺の元祖考案者 山岸一雄氏が東池袋に本店を構えていた大勝軒からのれん分けされた弟子の店舗。僕は鮭おにぎりと特製もりそば、妻の瑠沙は和風つけめん。同料金で、小盛り 200g、中盛り 250gが選択でき、味(塩か醤油)も選べるのが嬉しい。実食したレポートは続きを読むから。

特製もりそば
[【グルメ】特製もりそば 本庄常勝軒 実食レポート]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 山岸一雄, 大勝軒, 本庄常勝軒, つけ麺, ラーメン, グルメ, ,

9日から一般公開がはじまったトム・クルーズ×キャメロン・ディアスの新作映画『ナイト&デイ』をオールナイト料金で鑑賞。アクションシーンを豊富に含んだ予告編はものすごく楽しそうだったので、期待して足を運んだのですが、その期待は見事に裏切られ。。。ネタバレを含む映画の見所は続きを読むから。

knightandday


[【映画】トム・クルーズ主演『ナイト&デイ』 新作映画公開初日最速レビュー ネタバレあり]の続きを読む
関連記事

関連タグ : ナイト&デイ, トム・クルーズ, キャメロン・ディアス, 新作映画, 口コミ, レビューネタバレ, ,

ノルウェイの森

コンサートの観客役で撮影エキストラに参加した村上春樹原作×監督、脚本トラン・アン・ユン×主題歌ザ・ビートルズの映画『ノルウェイの森』(主演松山ケンイチ菊池凛子)の日本公開日が2010年12月11日と発表された。ワイドショーなどでは、第67回ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門正式出品作品として話題になっていたので、読者諸兄のみなさんも小説を読んでいなくてもタイトルぐらいはご存じかもしれない。既に劇場各所では、フライヤーの配布開始されている。



[【映画】汐月歩夢が撮影エキストラとして参加した映画『ノルウェイの森』 2010年12月11日公開決定。]の続きを読む
関連記事

関連タグ : ノルウェイの森, 村上春樹, 松山ケンイチ, 菊池凛子, ザ・ビートルズ, トラン・アン・ユン, 汐月歩夢, エキストラ, 映画撮影,

最後 料理のトータルプロデュースが広瀬香美さんだと明かされ、広瀬さんは満足そうな笑みを残し拍手を受けながら退場。A席に座っていたので一番最初に出口に向かったのですが、なんと、そこには先ほど退場していった頬笑み天使の広瀬さんが待っていたのです!!このサプライズにみんな吃驚、感動。最後まで気がぬけないぞ、クラヤミ食堂。


GIFT

僕を含むテーブルのひとり、ひとりと握手してくれ、“今日群馬から来てよかったです。最高でした”と本人に伝えたら“そうですか。ありがとうございます”って言ってもらいました。預けた荷物を取り、瑠沙が出てくるのを待っていたら、瑠沙も“台湾人です。今日はわざわざ来ました。香美さんの歌とっても素晴らしかったです。”って言ったら“サンキューベリーマッチ”って言ってもらったみたい。“謝謝!”じゃなかったって、瑠沙は言ってたけど。笑。

帰りの高崎線でも興奮さめやらない汐月夫婦は、早く@kohmiさんにTwiterで感想を送ったのですが、な、な、なんと。Twitter上でも僕と瑠沙のコメントに午後の部が始まる前に一言づつ返信くださいました。あーー、なんて、いい人だ、広瀬さん。

その時のTwitterコメントを紹介してレポートを終わりにしたいと思います。クラヤミ食堂のスタッフの皆様、広瀬香美様、昨日のイベント大満足でした。本当楽しかったし、記録でなく一生の記憶に残るイベントになりました。また次回以降 趣の変わった企画にリピーターとして参加してみたいです。本当にありがとうございました。



すべて太字は、汐月夫婦への広瀬さん本人コメント。

ありがとうございました。 RT @ayumusiotuki: 冬の女王 広瀬香美さんでした。ディナーショーもはじめてだし、あんな至近距離で大物シンガーの歌を聞く経験もはじめて!料理も一流。早死にしそうなぐらい幸せな時間でした。

第一部ご参加、ありがとうございました。 RT @ryuusasiotuki: @kohmi 香美さん、初めまして、先クラヤミ食堂を参加したところです!香美さんの歌がとても素敵です〜日本人の旦那さんと一緒に行ったので、いい思い出になりましたよ!夜も頑張ってください!台湾人瑠沙より

関連記事

関連タグ : 広瀬香美, サプライズ, Twitter, 握手会, こどもごころ製作所, クラヤミ食堂, セットリスト, ネタバレ, ディナーショー,

こどもごころ製作所が主催するクラヤミイベント『クラヤミ食堂』。知る人ぞ知るこの面白イベントは、簡単に言うと“目隠しをした状態でさりげない演出を楽しみ、想像力を働かせながら一流シェフが腕をふるった毎回違うテーマにちなんだフルコースを味わうイベント”。今回はクラヤミ食堂としては初となるディナーショー形式。しかも登場するのが、歌手 広瀬香美ということで大期待。

会場はセレブな趣が漂うANAインターコンチネンタルホテル東京『プロミネンス』。盛り上がった当日の模様は、続きを読むから。

広瀬香美×クラヤミ食堂 ~the dinner show~ セットリスト

1:
2:ロマンスの神様
3:OH MY LITTLE GIRL
4:I Wish
5:愛があれば大丈夫
6:DEAR…again(@koumiへのTwitterリクエスト)
アンコール
7:Over the Rainbow





一曲目だけ忘れました。すみません。

[【イベント】広瀬香美×クラヤミ食堂 ~the dinner show~ 午前の部 体験レポート 情報解禁&ネタバレ セットリストあり]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 広瀬香美, こどもごころ製作所, クラヤミ食堂, セットリスト, ネタバレ, ディナーショー, ,



広瀬香美×ディナーショー


秋の連休にな、な、なんと!!こどもごころ研究所が主催するクラヤミ食堂にモニター参加決定。かねてからこのクラヤミ食堂に興味を持ち、メルマガ読者登録していたところ、モニター参加を呼びかけていたのを発見。



広瀬香美ディナーショーとクラヤミ食堂がセットになった今回の企画に参加したい意気込みを書いて送ったら、見事当選。しかも夫婦での参加となりました。実際にチケットを購入して参加するとひとり3万5千円という値段。僕らはふたり分のチケット7万円相当を得るのと引き換えに、400文字レポートを宿題で出されている。昼下がり、暗闇の中でディナーつきのランチタイムを楽しみ、瑠沙とふたりで最高の思い出にしたい。
関連記事

関連タグ : 広瀬香美, ディナーショー, モニター企画, こどもごころ研究所, クラヤミ食堂,

宇多田ヒカルコンサート

10月4日(月曜)からペプシ公式サイトで開始されたWEB限定クイズに応募。クイズの景品は12月8日、9日 横浜アリーナで開催される宇多田ヒカル ラストコンサート2DAYSチケット。98年の鮮烈デビュー以来、人気歌手としてはメディア露出も多くなく、コンサートも少ない。年内で芸能活動無期限休止を電撃発表したため、最後の姿になる可能性もある。このチケットはプレミア必至。日本が誇るディーバ(歌姫)のステージを瞼に刻んできたい。当選すると嬉しいなぁ。


[【音楽】ペプシ主催の宇多田ヒカル 横浜アリーナ ラストコンサートチケットを賭けたクイズに応募。]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 宇多田ヒカル, ペプシ, コンサート, プレミアチケット, 芸能活動無期限休止, 横浜アリーナ,

げんこつ団

新宿御苑をウォーキングした後、約束の時間から20分遅れで下北沢駅に到着。瑠沙の大事なお友達とお茶をして、群馬県に製造工場と本社がある幸煎餅の七福神あられをお土産に渡す。リアルでの出会いも、ネットでの出会いも、同じように大切にしていきたい汐月夫妻。

レストラン01

お友達と別れた後は、下北沢 駅前劇場で女性だけの不条理ナンセンス喜劇集団げんこつ団の新作『オブラート』の舞台を鑑賞。前作の評判をネットで読んだことがあり、すこぶる評判が良い印象を受けたので、初めてチケットを買って足を運んでみた。下北沢には大小の劇場があり、多数の劇団がここで切磋琢磨しながら役者としての表現を磨いている。

駅前シアター01


[【イベント】女性のみの喜劇団『げんこつ団』の舞台“オブラート”を観劇。]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 喜劇, げんこつ団, 笑い, 女性劇団, 演劇, パフォーマー集団,

新宿御苑01

天気が不安だったのですが、瑠沙と一緒に都内でぶらり途中下車の旅をしてきました。前々日から予定をどうするかで悩んで、最終的に一度も足を踏み入れたことがない環境省 国民公園の新宿御苑に行くことになりました。日曜日ということもあり外国人観光客と年配のカップルが多く、到着した時間も朝早かったということもあり、来園者もまばらで、のんびりムード。期待した紅葉はなく、園内は緑一色。ぐるっと一周しながら、デジカメ片手に茶目っ気たっぷりな記念写真を撮りました。その模様は続きを読むから。
[【イベント】環境省 国民公園 新宿御苑でウォーキング]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 新宿御苑, 外国人観光客, ウォーキング, 写真, 穴場スポット,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。