ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KAGEROU


元俳優で小説家に転向し話題になった水嶋ヒロ氏が、本名を隠して応募していた第五回ポプラ社小説大賞。2000万円という高額賞金を返還した受賞会見の模様に日本中が驚きの声を上げたのも記憶に新しい。そして、満を持して発売されたKAGEROU』が、コンビニのローソンで売られていたので購入し読了。発売日はamazonレビューが炎上し大荒れだった模様。帯に書かれた文言とのギャップに戸惑い、僕も正直、今年観た映画のBOX(ボックス)みたいだなぁ・・・とか思いながら読んだ。

帯に書かれていたメッセージ

著者・斎藤智裕が、人生を賭してまで伝えたかったメッセージとは何か?そのすべてがこの一冊に凝縮されている。

廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。命の十字路で2人はある契約を交わす。肉体と魂を分かつものとは何か?深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へ向かう。そこで彼は一つの儚き「命」と出会い、かつて抱いたことのない愛することのせつなさを知る。



詳しいネタバレを含む感想は、“続きを読む”から。

KAGEROUKAGEROU
(2010/12/15)
齋藤智裕

商品詳細を見る
[【文学/小説】『KAGEROU』 大五回ポプラ社小説大賞 斎藤智裕(元俳優 水嶋ヒロ)著 ポプラ社刊 書評]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : KAGEROU, 水嶋ヒロ, 斎藤智裕, ポプラ社, 読書, レビュー, ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。