ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


元格闘家で、ダンスパフォーマー『WORLD ORDER』、映画監督、作家、母校拓殖大学レスリング部監督など多彩な活動をする須藤元気氏の新刊『今日が残りの人生最初の日』。あとがきまでの総ページ数189ページ。テーマは、『行動』そして『思考』。閉塞感漂う日本社会の中で、どうストレスをためずネガティブな発想もせず、前向きに生きるか。難解なテーマを須藤氏なりのユーモアを交え、誰でも実践できる実例や須藤氏本人の経験を出しながら回答していく心のケア本。

今日が残りの人生最初の日今日が残りの人生最初の日
(2011/01/29)
須藤 元気

商品詳細を見る


[【本/雑誌】『今日が残りの人生最初の日』 須藤元気著 講談社刊 書評]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 須藤元気, 今日が残りの人生最初の日, エッセイ, 書評, 口コミ,

The King's Speech

公開初日に映画『英国王のスピーチ』をイオンシネマ高崎 4番スクリーン 16時の回で観てきました。客さんは多く、アカデミー賞ノミネート作品という前評判の高さを実感。俄然、期待も高まった。2時間10分の物語は“あっ”と言う間。物語の面白さだと思うが、本当に早く感じた。物語は主要キャラクターを絞り込み、中心人物として言語聴覚士ライオネル・ローグとの身分を越えた友情に主眼を置いている。フライヤーの言葉にあったスピーチ(失敗、自信損失)で始まり、スピーチ(成功、克服)で終わる円環構造も良い。



あらすじ(フライヤーより)

ジョージ6世は、王などになりたくなかった。兄のエドワードが、王室が認めない愛のために王冠を捨てたことから、予期せぬ座についたのだ。しかも彼には、吃音と言う悩みがあった。スピーチで始まり、スピーチで終わる公務の数々に、いったいどう対処すればいいのか?王は何人もの言語聴覚士の治療を受けるが、一向に改善しない。心配した妻のエリザベスは、スピーチ矯正の専門家、ライオネルの診療所に自ら足を運ぶ。堅く閉ざした心に原因があると気付いたライオネルは、ユニークな治療法で王の心を解きほぐしていく。折しも第二次世界大戦が始まり、ヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。ライオネルの友情と妻の愛情に支えられ、王は国民の心をひとつにするばく、渾身のスピーチに挑むのだがー。

[【映画】『英国王のスピーチ』 新作映画批評 ネタバレあり 言魂が心震わし勇気を貰える映画]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 英国王のスピーチ, 公開初日, ネタバレあり, 新作映画批評, アカデミー賞, ,

パーティ

高崎市国際交流協会設立20周年記念パーティに参加してきました。朝日新聞の告知をみて面白そうだなと素直に思ったのと、妻が台湾人なので色々な国の外国の方と交流できたらいいなと思ったのが参加理由。1990年4月にスタートした高崎市国際交流協会は2011年で節目の設立20周年。それを記念して、高崎ビューホテルには300名の招待客や一般客を集めた催しで3時間に渡り行われました。妻である汐月瑠沙と一緒にレポートを兼ねて参加しましたが、楽しいことや面白いこともあったので簡単に報告したいと思います。

外国人交流
[【イベント】高崎市国際交流協会設立20周年記念パーティに汐月瑠沙と参加]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 高崎市国際交流協会, パーティ, グローバル化, 中国人, 台湾人, 外国, 世界,

Hereafter

映画界の偉大なる4番打者クリント・イーストウッド監督の最新作『ヒアアフター』を観てきました。字幕では“ヒアアフター来世”と訳されていました。誰もが一度は考える人は死んだらどうなるの?!っていう究極のテーマにスピルバーグ×イーストウッドが挑んだ本作。

NYFF: Director Clint Eastwood at HEREAFTER Press Conference

大きく3つにわかれた物語が最後に絡み合い、奇跡と癒しに向かうラストシーン。結論から言うと僕は好きな部類の作品でした。多重構造的な物語ですが時間軸はさほど前後させていないので、複雑怪奇な物語ではなく、それぞれのエピソードが簡潔にまとめられており、観ていて混乱することはない。台湾人の妻 汐月瑠沙もほとんど理解できたと言っていたので、これからも観に行く人も参考にしてください。また、“続きを読む”からは物語に関して、段階を追いながら決定的なネタバレもあるため、ぜひ映画館に足を運んでから読んでください。テーマがテーマだけに、僕が観た映画館が異常に寒かったのが別の意味で恐かった。忘れがたい貴重な映画体験になった。

あらすじ(ウィキペディアより)

フランスの女性ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、津波にのまれた時に臨死体験を経験。その時に見た不思議な光景を忘れることができない。イギリスの少年マーカスは愛する双子の兄を亡くしてしまった悲しみから立ち直れず、兄と再会することを望んでいる。アメリカ人ジョージ(マット・デイモン)は、かつて霊能者として知られた人物だが、次第に自らの才能を嫌悪、その才能は用いずに生きている。「いったいどうしてこの自分にだけ死者の声が聞こえるのだ?」

死という謎にとりつかれたこの3人が、ある日ロンドンで何かに導かれるように出会い、人生がからみあってゆく。3人は一体何を見つけるのだろうか…




[【映画】『ヒアアフター』 新作映画批評 ネタバレあり “死”を多重構造の物語で描くスピリチュアル映画]の続きを読む
関連記事

関連タグ : ヒアアフター, マット・デイモン, クリント・イーストウッド, 新作映画批評, ネタバレあり, 口コミ, スピリチュアル,



96時間 あらすじ(ウィキペディアより)

カリフォルニアに暮らす元CIA工作員のブライアン(リーアム・ニーソン)。仕事を退いた今の唯一の楽しみは、離婚した妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と裕福な再婚相手であるスチュアート(ザンダー・バークレー)と共に暮らす17歳の実娘キム(マギー・グレイス)と会うことだった。

そんなある日キムは友達のアマンダ(ケイティ・キャシディ)と2人だけでパリ旅行に行きたいと実父のブライアンの元に許可書へのサインを求めてくる。最初は「ティーンエイジャーの女の子2人だけで、パリ旅行なんて危険だ」とサインを拒んだブライアンだったが、定時連絡を入れる事を条件に許す。

しかし案の定、パリに着いた2人は直後に拉致されてしまう。攫われる瞬間までキムと電話で話し続けていたブライアンは、僅かな手がかりから、犯人がアルバニア系人種で構成される人身売買組織である事を突き止める。ブライアンは娘を救出するために単身パリへ乗り込み、組織に戦いを挑む。



96時間 [DVD]96時間 [DVD]
(2010/08/04)
リーアム・ニーソン、ファムケ・ヤンセン 他

商品詳細を見る


感想は続きを読むから
[【映画】96時間 電脳DVDシネマ塾 第1回 ネタバレあり]の続きを読む
関連記事

関連タグ : 96時間, DVD, 映画感想, レビュー, リーアム・二―ソン,

高崎市国際交流協会設立20周年記念パーティチケット

父親の病気のこともあり、遠出のイベントを控えているが、朝日新聞の地域情報で見つけた面白そうなイベントがあったので参加することにした。それが高崎市国際交流協会設立20周年記念パーティ。高崎ビューホテルに300名ほどを集め開催される大規模なパーティ。英国やイランなど市内在住の外国人がスピーチをしたり、ベリーダンスや和太鼓などの余興、簡単なゲームを国籍を越えて楽しむイベント。参加してきての感想は後日アップ予定。

僕が高崎市市役所にチケットを購入しに行ったときには、残りあと25枚だったので、もう売り切れているはず。危なかった・・・。
シャープ KC-450Y3-W

インフルエンザ対策や花粉症に怯える生活が嫌なので、加湿空気清浄機を見にヤマダ電機に行ってきました。メーカーからも様々なタイプの商品が発売されており、選ぶのも一苦労。最終的には部屋のレイアウトを考慮しシャープのプラズマクラスター搭載モデルを選択。色は透明感があり飽きがこないホワイト。

家に持ち帰り、早速その性能を確かめてみました。
[【結婚生活】シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター KC-450Y3-W購入 インフルエンザ予防、花粉症対策]の続きを読む
関連記事

関連タグ : シャープ, 加湿空気清浄機KC-450Y3, 使用感, 値引き交渉, ヤマダ電機, レビュー, 口コミ, レポート,





20世紀少年 3部作』、『宇宙戦艦ヤマト実写版』とトンデモ原作レイプが続く邦画界ですが、ここにまた新たな実写化作品が公開されると聞いて、勢い余って公開初日に観に行ってしまいました。劇場はイオン高崎。4番スクリーンで上映。ここは200人以上収納できる大きな箱なのですが、外は雪がチラつく天気で劇場は4割入り。明らかにジャニタレ目当ての若い女性客と白髪で加齢臭漂う中年客層が2分していた。

さて、映画本編でも重要な役割をする泪橋(なみだばし)を夫婦で渡りに行った僕らでしたが、その結果は続きを読むにてネタバレともどもお楽しみください。

あしたのジョー COMPLETE DVD-BOXあしたのジョー COMPLETE DVD-BOX
(2009/12/23)
TVアニメ

商品詳細を見る



[【映画】『あしたのジョー』実写版(2011) 公開初日最速レビュー ネタバレあり 泪橋、みんなで渡れば怖くない]の続きを読む
関連記事

関連タグ : あしたのジョー実写版, 山下智久, 伊勢谷友介, 新作映画批評, レビュー, ネタバレ, 丹下団平完コピ, ,

The Town movie review - www.WatchOnlineMovie.co.uk



情報量過多なクライムサスペンス映画『ザ・タウン』。銀行強盗を繰り返す窃盗団一味を描きながら、犯罪件数が多いボストンという街が抱える“闇の部分”を多重構造的な物語で描いている点が見事。2時間15分があっという間に感じられるほど、その情報密度は1800円払う価値がある映画と感じた。この映画の監督であり、主演したベン・アフレックの再評価は間違いない。

ザ・タウン (ベン・アフレック 監督・主演) [DVD]ザ・タウン (ベン・アフレック 監督・主演) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る


あらすじ(ウィキペディアより)

年間300件以上の銀行強盗事件が起こる街、ボストン。ダグはそこで幼馴染たちと共に結成した銀行強盗団のリーダーをしており、自分の行いに信念を持っていた。しかしある日、ダグが襲ったとある銀行の女性支店長クレアに出会ったことで彼の心が揺らぎ始めた。一方でFBIのアダムによる捜査が強盗団に忍び寄る。



The Town Movie
[【映画】『ザ・タウン』 新作映画批評 久々に手に汗握るクライム・サスペンス ネタバレあり]の続きを読む
関連記事

関連タグ : ザ・タウン, ベン・アフレック, 新作映画批評, ネタバレ, クライム・サスペンス,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。