ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The disappearance of Alice Creed (2009)



高崎にあるミニシアター シネマテークたかさきで、世間に遅れること数カ月・・・やっと公開が始まったクライムサスペンス映画『アリス・クリードの失跡』。前評判などで絶賛ムードのこの映画。登場人物は3人のみ。ある誘拐事件を緻密に計画したふたりの男と誘拐された女。しかし、物語の進行とともに立場が逆転し、一発の銃弾をきっかけに予想不能の方向へ。信じるか、裏切るか、極限状態の中、3人の思惑が交錯する。

あらすじ(フライヤーより)
若い男と中年男の2人は、緻密な計画のもとに富豪の娘 アリス・クリードを誘拐する。アリスは恐怖のどん底に陥りながらも、彼女は行きぬく希望を捨てない。首謀者らしき中年男が外出した時、アリスの反撃に合った若い男が、アリス自身にとっても観客にとっても驚愕の告白をする。
その瞬間から、誘拐犯とアリスの関係はねじれ、3人の力関係が幾たびも逆転していく。200万ポンドを手に入れるための用意周到な誘拐計画が、一転、3人の生き残りをかけた闘いへと突き進む。



物語の開始直後から、周到な誘拐準備をセリフなしでみせていく、不穏な空気に満ちた画面。映画タイトルがラストまで出てこないなど、低予算映画とは思えない凝った作り。後ほど触れるが、まさか犯人ふたりの■■シーンを大画面で見ることになるとは・・・。

[【映画】『アリス・クリードの失跡』 新作映画批評 ネタバレあり ある誘拐事件を3人の登場人物でみせるサスペンス]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アリス・クリードの失跡, 新作映画批評, ネタバレ, シネマテークたかさき,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。