ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Robbey Battle Los Angeles World Invasion Movie



東北大震災の影響で公開時期が先送りされていた映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』。ギャグと紙一重のタイトルからも分かるように、水を求め、地球を植民地化しようと侵略を開始したエイリアン対アメリカ海兵隊との死闘を大真面目に描き切ったバトルアクションムービー。異星人の攻撃によって焦土と化したLAを舞台に、圧倒的に戦況不利な状況下で、世界を救うため命を張る海兵隊魂に酔う。

あらすじ(ウィキペディアより)
1942年2月25日。ロサンゼルス上空に未確認飛行物体が出現、米軍が応戦する騒ぎとなった。後に「ロサンゼルスの戦い」と呼ばれたこの騒動は、大きな被害を出さないまま収束する。その後、同様の飛行物体が1965年にブエノスアイレス、1983年にソウル、1991年にロンドンで確認されるも、その実態は分からないままであった。

2011年。再び現れた飛行物体は、相次いで地上に衝突。中から現れた侵略者たちは世界中の都市に一斉攻撃を開始した。各主要都市が次々と壊滅状態に追いやられる中、ロサンゼルスもまた例外ではなかった。ロサンゼルス近郊にあるアメリカ海兵隊基地所属のナンツ二等軍曹(アーロン・エッカート)の小隊もロサンゼルスの防衛に投入されることとなる。侵略者の急襲で圧倒的に不利な戦況の中、ナンツ二等軍曹の所属する海兵隊第2大隊エコー中隊第1小隊は、激戦区サンタモニカの警察署へ向かうよう指示されるが……



今年絶対に観賞しておかなければならない映画リストに入れていたので、早速公開初日に鑑賞してきた。異星人たちの容赦ない無差別殺戮(東京は冒頭ナレーション処理で陥落)、市街戦でのド派手な銃撃戦と視界ゼロのアクション、撃ち落とされる戦闘機や軍用ヘリ、愛する家族を守るため銃を取って民間人が命を賭けて戦えばテンションも上がり、海兵隊員たちの『退却NO!2-5!!』精神にすっかり魅了されてしまった。マイケル・ナンツ二等軍曹の悲壮感極まる決意と熱い軍人魂に痺れた。同じ侵略映画でいえば映画『インディペンデンス・デイ』よりもこちらのほうが、リアルシュミレーションしていて楽しめると思う。

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]インデペンデンス・デイ [Blu-ray]
(2011/03/02)
ウィル・スミス、ビル・プルマン 他

商品詳細を見る

[【映画】『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 新作映画批評 ネタバレあり 退却NO!!2-5!!!我々海兵隊はLAを死守するのだ]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 世界侵略:ロサンゼルス決戦, 新作映画批評, ネタバレ, 退却NO, E.T., レビュー,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。