ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Girl with the DRAGON TATTOO film art



デビッド・フィンチャー作品群の中で、映画『セブン』、『ファイト・クラブ』からファンになった人は多いと思いますが、これらサスペンス色の強い映画が好きな人は楽しめるであろうエンターテイメント作品。前作『ソーシャル・ネットワーク』から踏襲している情報過多な物語運び、キャスティング(マーク・ザッカーバーグの元カノを演じたルーニー・マーラーがリスベット役で再登板)、前作演出で培った最新鋭のパソコンツール描写は今作でも健在。

セブン [Blu-ray]セブン [Blu-ray]
(2010/12/22)
ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る


ファイト・クラブ [Blu-ray]ファイト・クラブ [Blu-ray]
(2009/11/27)
エドワード・ノートン、ブラッド・ピット 他

商品詳細を見る


ソーシャル・ネットワーク 【デラックス・コレクターズ・エディション】(2枚組) [Blu-ray]ソーシャル・ネットワーク 【デラックス・コレクターズ・エディション】(2枚組) [Blu-ray]
(2011/05/25)
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガー・フィールド 他

商品詳細を見る


あらすじ(ドラゴン・タトゥーの女 あらすじ)

スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエルは意気消沈の日々を送っていた。ある日、彼のもとにスウェーデン有数の財閥ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲル老人から家族史編纂の依頼が舞い込む。実はヘンリックの真の目的は40年前に起きた親族の娘ハリエット失跡事件の真相究明だった。ヴァンゲルは、ハリエットが一族の誰かに殺害されたと信じていた。

40年前に一族が住む孤島から何の痕跡も残さず消えた少女。成功の陰に隠された一族の血塗られた一族の血塗られた過去に気づくものの手がかりの掴めないミカエルは、一族の弁護士から天才的な資料収集力の持ち主であるとして、ある人物を紹介される。

リスベットという名の、顔色が悪く、拒食症患者のように、がりがりに痩せた女。ほとんどお喋りをしない小柄な彼女の肩口から背中にかけて、龍の刺青が異彩を放っていた。意外なことに彼女はこの事件に異様な関心を示す。

そして彼女はハリエットの日記に記された聖書にまつわる数字が、ロシアの国境付近で未解決のままとなっている
連続猟奇殺人事件と関連があることを突き止めるのだった・・・。



ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
(2012/06/13)
ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ 他

商品詳細を見る
[【映画】『ドラゴン・タトゥーの女』 新作映画批評 ネタバレあり 最新フィンチャー迷宮は西洋版犬神家の一族の様相]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : ドラゴン・タトゥーの女, デビッド・フィンチャー, ネタバレ, 新作映画, ,

24 -TWENTY FOUR- シーズン3 バイオテロ』を観ながら、本棚を占拠している未開封DVDから香港ノワール映画『インファイナル・アフェア』とクリスチャン・ベール(ダークナイト)×ラッセル・クロウ(ロビン・フッド)2大スターのオトコ汁全開の現代版西部劇『3時10分、決断のとき』を観賞。

Infernal Affairs



『インファイナル・アフィア』あらすじ(ウィキペディアより)

潜入捜査官としてマフィアに入り込むヤン(トニー・レオン)と、そのマフィアから警察に潜入するラウ(アンディ・ラウ)の物語。警官として苦悩するヤンと、組織を裏切り善人になろうとするラウが対照的に描かれている。



“俺があいつで、あいつが俺で”というマフィア構成員側のラウが警察側の人間となり、潜入捜査官ヤンはマフィア側へ。もちろん、こんな壮大な実験プロジェクトみたいな話がうまくいくはずもなく、のっぴきならない方向へ。屋上で対峙するふたり、そしてラストに待っているエレベーターでの“衝撃の結末”に吃驚するだろうけど、苦悩する2人の姿と過酷なワークに気持ちが持っていかれるだろう。

警察学校時代の青年から大人の姿になったふたりに切り替わるシーンで、面影もなく別人だろっ!!ってツッコミは入れられるのだが(笑)、一見の価値ある映画。お互いに正体を隠しながら警察とマフィアに長期間潜入し、偽りの人生を歩んでいる中で、お互いの人生が運命の糸に手繰り寄せられるかのように徐々に縮まっていく展開は素晴らしく、ふたりの正体がバレそうになり緊迫していく演出も見事。ヤンがギブスを壊される場面やモールス信号での情報伝達やウォン警部が襲撃される場面など。ヤンに待ちうけているラストが衝撃。ラウも悪事から足を洗いたい気持ちをもっているだけに、生きている意味、俺の正義って何だろう?!って観賞後考え込んでしまった。

インファナル・アフェア [DVD]インファナル・アフェア [DVD]
(2004/02/18)
トニー・レオン、アンディ・ラウ 他

商品詳細を見る





3 10 to Yuma Poster 1





3時10分、決断のとき あらすじ(ウィキペディアより)

物語の舞台は、南北戦争が終わってまだ間もないアリゾナ準州。北軍の一員として従軍し、片足を失って退役した牧場経営者ダン・エヴァンス。彼の牧場は、その存在を疎ましく思う町の有力者とその部下たちによって様々な嫌がらせを受けていた。

そんなある日、ダンは有力者と交渉するためにビスビーの町に赴く。その道すがらダンは無法者ベン・ウェイド率いる強盗団と遭遇、そして彼らに襲撃された駅馬車を発見する。ダンはただ一人生き残ったピンカートン探偵社に所属する賞金稼ぎを救助する。

有力者との交渉は惨憺たる結果に終わったものの、ダンは酒場で寛ぐベンが保安官たちに捕まる現場に居合わせる。ベンの強盗団によって度々損害を蒙っていた鉄道会社の重役は、彼を縛り首にするため明後日の「ユマ行き3時10分発」の汽車に乗せようとする。ベンをコンテンションの駅まで護送する一行に、ダンも同行を願い出る。

道中で何人も犠牲者を出しつつも、ダンは何とかベンを連れてコンテンションの町に到着する。だが、そこにベンを奪い返そうとする強盗団が押し寄せてくる。ベンを狂信的に崇拝する強盗団の副頭目は、一行が籠もるホテルを包囲、更にダンたちを殺害した者に報奨金を出すと群衆を扇動する。

強盗団のみならず町中を敵に回したダンとその一行。保安官や鉄道会社の重役までもが絶望的な状況に屈し、保身に汲々とする。そんな中、ベンを刑務所行きの汽車に乗せるため、ダンはただ一人で孤独な戦いを挑むことを強いられる。そして、孤立無援のダンを見たベンの心にもある変化が訪れる。



最近『トゥルー・グリッド』を映画館で観賞したこともあり、一時期遠ざかっていた西部劇に興味が再び出てきたところ、DVDが安くなったので以前から観賞したいと思っていた映画『3時10分、決断のとき』を観た。汗臭い髭面の強面漢(おとこ)がいっぱい出て来る映画が多いが、クリスチャン・ベールとラッセル・クロウという2大スターを配しているだけで、ワクワク感が倍増。クリスチャン・ベールが演じるのは子供から軽蔑され、奥さんからも見放されている借金を背負った牧場主 ダン。早撃ちで、悪事を働く強盗団の一味を仕切るボス ウェイドをラッセル・クロウが演じる。

冒頭から馬車を襲撃する激しい撃ち合い、ウェイドの早撃ち、ラスト 駅までの大銃撃戦。ガンアクションは多彩で楽しい。この映画、西部劇の冠は被っているが現代の家族状況を反映させているともいえ、一家の大黒柱ダンが命を懸けて子供に伝えたいものに感動を覚える。

ダンがウェイドに語る南北戦争で片足を失った理由、そして生活の歯車がくるってしまったダンが名誉や身分、お金が無くても譲れないもの・・・。たぶん、女性と男性では感じ方が違うし、あの最後のウェイドが取る行動は一見すると矛盾しているように思えるが、男同士の絆に共感できるものがあった。尊敬できる父親になったダンに拍手を送りたい。


3 10 To Yuma

3時10分、決断のとき - goo 映画
3時10分、決断のとき - goo 映画


3時10分、決断のとき [Blu-ray]3時10分、決断のとき [Blu-ray]
(2009/11/20)
ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル 他

商品詳細を見る


ALWAYS 三丁目の夕日'64 Blu-ray豪華版ALWAYS 三丁目の夕日'64 Blu-ray豪華版
(2012/07/20)
吉岡秀隆、堤真一 他

商品詳細を見る


ALWAYS』シリーズで評価を受けた山崎監督も、近年は実写版『ヤマト』等駄作も撮っているの期待値が下がり気味のところに、3匹目のどじょうを狙った『ALWAYS』とくれば、もはやダメ感も三乗で大きな期待をしないで観に行ったのだが、今回の『ALWAYS 三丁目の夕日'64』は少しの物足りなさを含めそれが“吉”と出た。

2Dで撮った作品を3D変換しただけのなんちゃって3D映画が多い中で、今作は映画における最先端テクノロジーである本物の3D企画して撮られている。もちろん、その成果はちゃんと画面作りに活かされている。

そして、映画の中で繰り返し語られるテーマ『幸せ、とは?』。映画に出てくる登場人物も悩んだり困ったりはするけれど、隣近所で笑って泣いて毎日を幸せそうに生きている。一方、21世紀のストレス社会に暮らす我々は、お金はあるけど自殺者が絶えず、インターネットから得る膨大な情報に振り回され、本質を見失いがちな有様。映画では、身近にある小さな幸せに目を向けようと解いているかのようだった。
[【映画】『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 新作映画批評 ネタバレあり 亡き父親の愛情がフラッシュバックして大号泣。]の続きを読む
関連記事

関連タグ : ALWAYS, 三丁目の夕日'64, 口コミ, 新作映画批評, レビュー, ネタバレ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。