ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サニー 永遠の仲間たち



前から2012年観賞予定リストに載せていた映画『サニー 永遠の仲間たち』。このたび、やっと群馬県でも公開されることになり、映画好きが集まるミニシアター シネマテークたかさきへ瑠沙と一緒に出掛けてきました。初日と言うこともありお客さん多かった。

このガールズ映画、既に観賞した多くの人が褒めたたえるので、観賞前から若干ハードルが高くなっていました。疎遠になっていた学生時代のひとりの友人がガンに侵されていることを知り当時の仲間の元を尋ねにいくという物語構成だが基本コメディタッチなので、前半からくすくす笑える場面が多く、場内も盛り上がって熱量あるなぁ~と感じながら観賞してました。後半は大人視点の割合が増えてビターテイストが効いてくる。1986年という成熟しきっていない時代背景を反映しているために(クラス中の女子生徒がナイキのバックをもっていたり、女性グループ同士が縄張り争いでタイマン張るシーンがあったり、学生運動に兄貴が参加していたり)青臭くてセピア調の想い出になっているのが良い。軍とぶつかり合う学生運動のシーンとか主人公のイム・ナミが娘の制服を着ていじめっ娘たちと喧嘩しに行くシーンとかファンタジーと言うか滑稽というべきか、いささか脱線気味の大げさな演出や脚本のアラは多々った。

特筆すべきは、グループメンバーそれぞれを描き分けるために集めた少女キャスティングが抜群(キャラ立ちが凄くて、名前は覚えづらいが顔だけで判別可能な人選、しかもクラスにこういった奴いるよ、という存在感)、劇中で何度も出てくる1986年と2011年の対比と交錯のさせ方が上手い。



あらすじ

完璧な夫と高校生の娘に恵まれ、不自由のない生活を送っていた主婦のナミ。ある日、母の入院先で、高校時代の友人チュナと再会する。25年前、ソウルの女子高へ転校したてのナミを、姉後肌のチュナが仲間に入れてくれたのだった。

個性豊かな7人のメンバーは、友情の証としてグループを“サニー”と名付け、ずっと一緒にいようと誓うが、ある事件がきっかけで離れ離れになってしまう。

あれから25年。病に冒され、また仲間に会いたいというチュナのため、ナミは残りのメンバーを捜し始める、それはナミにとって、夢を抱き、輝いていた日々を取り戻していく旅でもあった。



サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-rayサニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray
(2012/11/02)
ユ・ホジョン、シム・ウンギョン 他

商品詳細を見る
[【映画】『サニー 永遠の仲間たち』 新作映画批評 ビター風味な時をかける友情物語]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : サニー永遠の仲間たち, 韓流映画, 新作映画批評, ネタバレあり, カン・ヒョンチョル, ガールズ映画, 泣ける映画,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。