ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特撮博物館

特撮博物館01


大人が童心に帰る機会を与えてくれる日本初ともいえる大規模な特撮イベントが東京都現代美術館で開催中。タイトルは『館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』。

tokusatsu_museumIMG_2852.jpg

東京に出るのは、先日開催されたスター・ウォーズinコンサートに続き2回目。台湾で生まれ育って日本が誇る特撮技術など知らないで育った瑠沙にも平成ガメラ1作目『ガメラ/大怪獣空中決戦』を見せて予習も実施。この日に備えた。

特撮博物館02

ガメラ トリロジー 平成版ガメラ3部作収録 Blu-ray BOX (PS3再生・日本語音声可) (北米版)ガメラ トリロジー 平成版ガメラ3部作収録 Blu-ray BOX (PS3再生・日本語音声可) (北米版)
()
伊原剛志、永島敏行 他

商品詳細を見る


朝早く群馬を発ち高崎線で2時間かけて東京上野駅到着。そこから地下鉄に乗り換え清澄白川駅へ。東京都現代美術館に到着すると、グッドタイミングで入場開始時間。大勢の人が並んだ列の最後尾について入口方向へ進む。前売り券を買っていたおかげで当日券買い求める列を横目にスムーズに進めた。

ネットの事前情報通り音声ガイドをレンタル。ナレーターは声優の清川元夢氏(ファーストガンダムのアムロのお父ちゃんの声)。場内にはなんと70箇所(約60分)の音声ガイドコーナーがあり、中にはウルトラマンなどの音楽が流れて脳髄を刺激されるし、音声ガイドだけに収録されたトリビアな内容や職人インタビューなども収録されているので、ぜひ借りられることをおすすめ。見たことがない映画やテレビシリーズでも興味深く見れるし、ペアだと800円でお得。

中に入ると、怪獣たちに何度も破壊された東京タワーや海底軍艦、日本沈没などの撮影用ミニチュア模型(1部再現模型あり)がお出迎え。映画『モスラ』『怪獣総進撃』などの巨大ポスターがあったかと思うと細部まで作り込まれた劇中新聞などのマニアックなアイテムが壁面に張りだされており、どの映画に使われたか推察しながら眺めてみても面白い。作品では、メカゴジラ、ガメラ、ゴジラ、大魔神、キングギドラなどの撮影に使われたスーツや各パーツなどのほか、ウルトラマンを中心にデザイン画や初期設定、デスマスクじゃなくてヒーローマスクが所狭しと並ぶゾーンは至福。









またファースト・ゴジラ(1954年公開版)に出てきた劇中でゴジラを殺した国宝級のアイテム オキシジェン・デストロイアーまで展示されているので驚き。

展示会場中盤には企画庵野、監督樋口、巨神兵デザイン宮崎の目玉短編映画『巨神兵東京に現わる』を上映。僕らは2回観賞。

CG禁止で作られたショートムービーは、東京を業火に包む“火の七日間(風の谷のナウシカとリンク)”の冒頭までを描く映像作品である。オープニングの都心を俯瞰でカメラが捉えた映像もミニチュアと新旧特撮技術の叡智を結集して作られており、どういう風に撮影したんだろ?と考えながら見ると、短編映像を楽しんだ後の種あかし的なメイキング展示が面白い。後半は、巨神兵がプロトンビームを五反田ビル群に撃ちこむ映像が圧巻で、東京タワーを倒壊させ、キノコ雲まで出現。モノローグ調のナレーションは、綾波レイ役でお馴染みの林原めぐみ女史。映像の迫力が凄くて、何言ってんだか2回見ても頭に入ってこず。苦笑い。



ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)
(2003/10/31)
宮崎 駿

商品詳細を見る


[【イベント】館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 東京都現代美術館 特撮映画の裏側覗いてきました。]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 特撮博物館, 庵野秀明, 東京近代美術館, 巨神兵,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。