ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一蘭 豚骨ラーメン

国道17号を高崎から前橋インターの方に走っていくと左手方向にある一蘭 前橋インター店にとんこつラーメンを食べに行ってきました。会社の後輩からひとりひとりカウンターに仕切りがあると聞いていたので、味ももちろんだが店舗の営業スタイルに興味もあって。11時半ごろ行ったので、お客さんはまだ疎ら。

店内に入ると食券自販機が設置してあり、ラーメンの種類がオンリーワンなのにまずたまげた。すげーシンプル、と思って。カウンターは後輩が言っていた通り仕切り版で仕切られていて、席に着くと簾越しに店員の声だけを聞き、テーブルに置かれた独自オーダー表に記入(麺の硬さ、脂の多さ、辛さ、葱の種類など細かく指示できる)。

一蘭 カウンター


15分ほどしてラーメンが届く。まずスープから。豚骨独自の臭みはあるもののコラーゲン豊富なまろやかさ、そして硬めにゆで上がった麺の食感はまずまず。アクセントに辛みも足したので、後から辛さがピリリッとくるのが美味しい。紅ショウガや高菜などはなく、薄切りチャーシューが数枚はいっているだけのノーマルラーメンの見た目は少し残念な感じも。替え玉も一回してお腹を満たした。店独特のシステムに戸惑ったが、瑠沙は脂の量が控えめにできるので気に入ったようだ。一蘭は全国で展開している豚骨ラーメンのチェーンなので、台湾人にも人気があるようです。

一蘭 豚骨ラーメン ラーメンどんぶり




関連ランキング:ラーメン | 井野駅新前橋駅


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 豚骨ラーメン, 一蘭, 群馬県前橋,

ステーキぶりっく

瑠沙が、日本語能力試験N1に合格したお祝いに鉄板ステーキ&海鮮 ぶりっくでランチをしてきました。高崎中心街から少し離れた場所にあるのですが、テレビ東京で放送されていたTVチャンピオンにもオーナーが出たことがあり、地元ではステーキ店として有名。

ステーキぶりっく


予約して昼11時半ぴったりに到着。ランチしかやっていないレディースランチをいただきました(レディースだけど男性もOK。オージービーフ選択なら1600円から)。ワイルドに焼肉店でお腹いっぱい肉を食べるものいいですが、たまには雰囲気のあるお店でゆっくり会話を楽しみながら食事をするものも良い。食材も上質なものを選んでいる店なので、一般的なサラリーマン家庭ではたまにしか利用できないのがくやしいが。

■レディースランチ お品書き

・食前酒(梅酒)、又はオレンジジュース
・本日の旬魚(この日は子ぶりの海老)
・もやしソテー
・御飯(味噌汁、香の物、梅干し)
・季節の一品(この日は冷やしトマトパスタ)
・ステーキ 80g
・生野菜サラダ
・デザート (巨峰のアイスと抹茶ロール)
・珈琲 または 紅茶

肉の選択により金額が変わる
●牛フィレ(オーストラリア産) … 1600円
●国産牛フィレ … 2300円
●特選和牛 … 3500円 フィレまたはサーロイン



店内はすでに一組の家族連れが居ました。カウンター席に通され、簡単なコース料理的なランチとなっている。中盤、目の前でエビとステーキを焼いてもらう。オーナーの計算なのか、見せるための技なのかわかりませんが、見事な手さばきで切られていく肉。お約束の炎が立ち上る瞬間、瑠沙はシャッターチャンスを逃し悔しそう。

瑠沙はレア、僕と母親はミディアムで仕上げてもらう。あとはレモン醤油、たまねぎソース、岩塩をお好みで。オージー肉でしたがジューシーで、軟らかく、美味しかった。男性はもう少しお肉が食べたいと思うが、女性同士でランチをゆっくり楽しむにはおすすめ。

ステーキぶりっく




関連ランキング:鉄板焼き | 高崎駅(上信)高崎駅(JR)南高崎駅






一周忌

昨日、父の一周忌を済ませました。父親が亡くなってから、もう1年。早いものです。色々思ったこともあったので備忘録的に記事にしておこうと思います。

亡くなってから最初に気づくのは父親の存在。広く感じる家、口うるさいと感じることさえあった父親の声。いろいろ家族を守ってくれていたんだなぁと、亡くなって気づくことも多かった。台湾から連れてきた妻に対しても人一倍優しかったですし。

膵臓ガン(しかも末期)が見つかってから1年ぐらいは神様からいただいた残り時間があったので精一杯の遅すぎる親孝行もできましたし、人生の引き継ぎと心の準備も済ませられました。それは、病院の先生からも褒められたぐらい最後まで自分を見失わず病と闘っていた父のおかげ。よくドラマで病床のシーンとかあるけど、個人的に現実感がなくて最後まで不思議な感覚でした。

63歳はちょっと早かったかもしれませんが、予想を上回る多くの友人、知人が葬儀には駆け付けてくれ、見送って頂けたことも予想外でした。父親は休日ほとんど裏の畑にいて、友達と遊びに行くようなこともしていなかったので、これは父親が亡くなって驚いたこと。

この1年、父が眠るお墓に家族で足を向けてたわいもないこと語りかけてきましたが、なんとか家族3人前向きに力を合わせて暮らしていますので、これからも父には見守っていて欲しいなと思います。父親とは違うと思いますが、僕は僕なりに精いっぱい家族を守っていこうと思います。

一周忌

畑も守ってます?!
関連記事

関連タグ : 父親, 故人, 一周忌, 気持ち,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。