ビジネスからライフスタイルまで教養雑学とエンタメ情報を網羅。世間を騒がすニュースやトレンドを知的好奇心の赴くままに軽快な筆致で紹介(現地取材多数)。芸能人、著名人も登場するマル得ブログ。
◎ 汐月歩夢全仕事

■コンテンツ

■目次
 ※最新ニュース
 ※経歴
 ※連絡先
 ※メディア出演
 ※著作リスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Chronicle - Movie Poster

2週間期間限定上映の映画『クロニクル』を観賞。しかも鑑賞料金1000円の太っ腹企画。内容を簡単に説明すると、大友克洋の漫画原作モノをハリウッドが本気で実写化したら・・みたいな映画。群馬県内でスマーク伊勢崎にある映画館しかやっていなかったので、わざわざ遠征して観てきた。

でも、前評判通り観た価値あった。タイトルは勇ましいが大味な映画が多い2013年度公開作品の中で、僕個人の暫定1位。内容もさることながら、見せ方が最初から最後まで圧倒的にパワフルで、後半の“超能力”を感情で抑えきれなくなったアンドリューが暴走するところなど、思わず『マン・オブ・スティール』と比べてしまった。



あらすじ(ウィキペディアより)

平凡で退屈な日常生活を送る3人の高校生アンドリュー、スティーブ、マットは、ある日、特殊な能力に目覚める。雲の上まで飛んでアメフトをしたり、手を触れずに女子のスカートをめくったり、3人は手に入れた力を使って刺激的な遊びに夢中になっていく。しかし、そんなある時、あおってきた後続車両にいら立ったアンドリューが力を使って事故にあわせたことから、3人は次第に自らの力に翻弄され、事態は予期せぬ方向へと発展していく。



[【映画】『クロニクル』 新作映画批評 ネタバレあり 超能力と友情どっちが大事?]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : クロニクル, 口コミ, 新作映画批評, ネタバレ,

Elysium Movie Review

アクションもこなせるし、繊細な演技を求められる作品でも確かな演技力でキャリアを積み重ねてきたマット・デイモン主演、宇宙人が地球に移住してくる奇想天外な映画『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督作。前作『第9地区』は数年前に台湾に向かう機内シアターで観賞したのだが、今作はきちんと劇場観賞。

21時過ぎの回であり、地方の映画館では小さなスクリーンに追いやられていたので、見る前からブルーな気持ちになった。しかし、画面の作りこみがハンパなく、SFガジェット満載で、どんどんテンションが上がる面白映画でした。テーマも地球に住まう貧乏人とスペースコロニーで暮らす富裕層との貧富による格差を扱っており今日的。ジョディ・フォスターが老けたなぁ・・・というショッキングなおまけとアメリカのTVドラマシリーズ『プリズン・ブレイク』のアレクサンダー・マホーン役のウィリアム・フィクナーが出ていて吃驚した。



あらすじ(ウィキペディアより)

2154年、大気汚染や人口爆発によって地球上の生活環境は悪化している。少数の富裕層は衛星軌道上に建造されたスタンフォード・トーラス型の宇宙コロニー「エリジウム」へ移住。高度な科学技術により老いや病から解放され、水と緑にあふれた理想郷で暮らしている。

一方、荒廃しスラム化した地上では、大勢の人々が貧困に喘いでいる。市民はエリジウムの生活に憧れ、密航を企てる者もいるが、デラコート防衛長官(ジョディ・フォスター)は反移民法を敷き、アーマダイン社製ロボットや傭兵を配して侵入者の排除に努めている。

そんな中、ロサンゼルスに暮らす工場労働者のマックス(マット・デイモン)は作業中の事故により余命5日と診断される。マックスはエリジウムの先端医療に希望を求め、闇商人スパイダーとの取引に応じてコロニーへ向かうが、謀略に巻き込まれる中で不平等なこの世を正すために立ち上がる。

[映画『エリジウム』 新作映画批評 ネタバレあり カバになった貧乏人]の続きを読む
関連記事

関連タグ : エリジウム, マット・デイモン, ネタバレ, 新作映画批評,

man-of-steel-poster-movie-film-superman

残暑厳しい群馬県。夏バテ気味の頭をリフレッシュしようと1000円均一映画デーに映画館行ってきました。本日観賞した映画は、『スーパーマン』を21世紀にリブートした『マン・オブ・スティール』。アメコミヒーロー映画もマーベルだったりDCコミックであったり、次から次に新作が出てくるが、出来のいいものがある一方で不出来も増えている気がするので、不安半分。まともに“スーパーマン”シリーズを一本も見たことがない“スーパーマン”弱者な俺。バットマン3部作に続きクリストファー・ノーラン イズムが注入され、世界中で大ヒットを記録した新訳『スーパーマン』の評価は果たしてどうだったかと申しますと。



あらすじ(ウィキペディアより)

地球から遠く離れた惑星・クリプトン星。人々は機械によってあらかじめ目的を刷り込まれた状態で生み出されるこの惑星にて数百年ぶりに自然出産による男の子が産まれた。クリプトン星の住民は高い文明を持つ社会であったが、星は長年に渡る採掘行為のために、内部崩壊の危機にあった。科学者のジョー=エル(ラッセル・クロウ)はエネルギー採取のための掘削の中止を訴えてきたが、元老院は耳を貸さず、遂には星の爆発が目前に迫ってしまう。ジョーはもはやクリプトン星と民が助かる道はないと悟り、新しい星の開拓を提言したが、軍事担当でジョーの友でもあったゾッド将軍(マイケル・シャノン)がクーデターを起こす。ゾッドはジョーに協力を求めるが、ジョーは拒否し、その場を逃亡。途中でコデックスという謎の物体を盗み出し、妻のララ(アイェレット・ゾラー)と産まれたばかりの息子のもとへ辿り着いた。そしてコデックスを息子と一体化させ、地球へ送ることを決意する。ララは涙ながらに別れを告げ、ジョーは希望と夢を息子に託す。そこに現れたゾッドに、ジョーは息子を守るため自らを犠牲にして立ち向かい、命を落とす。息子の転送が完了し、夫の遺体にすがるララはゾッドに、あの子の名前はカル=エルだと告げる。結局、ゾットらのクーデターは失敗。元老院は彼らを惑星追放の刑に処し、宇宙の墓場である『ファントムゾーン』へ送る。それから間もなくしてクリプトン星はジョーの提言通り崩壊を起こし、ララや元老院の人間を含む星の住人は死に絶える。

地球に流れ着いたカル=エルはカンザスでジョナサン・ケント(ケビン・コスナー)とマーサ・ケント(ダイアン・レイン)夫妻により養子のクラーク・ケントとして育てられる。時は流れ、青年のクラーク(ヘンリー・カヴィル)は、世界中を旅をしていた。幼い頃より自身が特殊な能力を持っていて、ケント夫妻とは血が繋がっていないことも理解していた彼は何処に行っても疎まれ、居場所がなく孤独だったが、既に他界した父ジョナサンから自分は何者で何の目的で地球へやってきたのかを知るべきと話されており、手掛かりを探していたのだった。そんな時、南極でクラークが地球に訪れる遥か昔に地球に漂着したクリプトン星の探査船が発見される。彼は調査隊の一員になり済まして現場に向かい、探査船に乗り込んだ際にガードロボットによって負傷させられたジャーナリストのロイス・レイン(エイミー・アダムス)を助けると探査船へ乗り込み、そこで起動したコンピューターで実の父であるジョーの意識プログラムとの邂逅を果たす。自分の正体を知り、自分の力を地球の人々のために使うと決め、旅を終えて母マーサの元へと戻るクラークであったが直後に地球の衛星軌道に謎の宇宙船が飛来し、地球全土へ向け、発信が行われる。「地球人に紛れた我々の裏切り者を差し出せ」と。その正体はクリプトン星より追放されていたゾット将軍とその一味であった。クリプトン星崩壊のショックで『ファントムゾーン』より脱出に成功したものの、帰る星を失ったゾットらはかつてクリプトン星の人間が入植のために調査していた惑星群を放浪しながら装備を整え、クリプトン人の再興を行うためにコデックスを所持しているクラークを追っていたのであった。

地球を第二のクリプトン星にするべく、人類を滅亡に追いやろうとするゾッドにより世界に危機が訪れた時、クラークは地球と地球人を守るヒーロー、スーパーマンとして立ち上がる


[【映画】『マン・オブ・スティール』 新作映画批評 大味なアクションと人間味が薄れていく脚本]の続きを読む
関連記事

関連タグ : マン・オブ・スティール, 新作映画批評, ネタバレあり, 口コミ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。