【速報ニュース】『Bunkamura20周年記念特別企画 コースト・オブ・ユートピア-ユートピアの岸へ』チケット当選

ここでは、「【速報ニュース】『Bunkamura20周年記念特別企画 コースト・オブ・ユートピア-ユートピアの岸へ』チケット当選」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めちゃくちゃ観たくて、応募していたお芝居がありました。
チケットぴあの抽選日だったのですが・・・

───────────────────────────────────
 抽選結果のお知らせ
───────────────────────────────────

先般お申込頂きましたチケットにつきまして、厳選なる抽選を行った結果
お客様はご当選されました。ご当選のチケットは、以下のとおりご用意させて
いただいております。


[当選内容]
興行名:【抽選】コースト・オブ・ユートピア

[第一希望]
公演日:2009/10/04(日) 12:00開演
会場名:Bunkamuraシアターコクーン

チケット料金:通し券/コクーン(通し券/コクーン) 1枚 計15,000円
手数料   :計815円

お支払合計:計15,815円



ぴあの先行抽選に申し込んでいた蜷川幸雄氏演出の舞台に当選しました。ヤッター!!

『Bunkamura20周年記念特別企画 コースト・オブ・ユートピア-ユートピアの岸へ』は、世界を震撼させている蜷川幸雄氏がトム・ストッパードの大作に挑むファン待望の日本公演。2007年にはトニー賞最優秀作品賞など7部門制覇(トニー賞とは、アメリカの演劇界で最も権威ある賞と受け止められており、映画界のアカデミー賞、音楽業界でのグラミー賞、テレビにおけるエミー賞、報道におけるピューリッツァー賞に相当 ウィキペディアより)。

19世紀革命前のロシアを舞台に、理想の社会を求める若き知識人たちが挫折や絶望を経験し成長していく物語。30年以上に渡って展開する壮大な歴史ロマンで、登場人物が70名以上、上演時間9時間(全3部構成)の超大作。


1日で3部すべてを鑑賞する土日祝日限定の通し券
もしくは
3日間で1部ずつ鑑賞できる平日セット券(席は同じ) での販売。

これから購入する際には、お間違いないように!

第一部:VOYAGE「船出」
第二部:SHIPWRECK「難破」
第三部:SALVAGE「漂着」

主要登場人物 配役

阿部寛 アレクサンドル・ゲルツェン(思想家)
勝村政信 ミハイル・バクーニン(バクーニン家の長男・革命家)
石丸幹二 ニコライ・オガリョーフ(詩人)
池内博之 ヴィッサリオン・ベリンスキー(文芸批評家)
別所哲也 イワン・ツルゲーネフ(作家)
長谷川博己 ニコライ・スタンケーヴィチ(哲学者)
紺野まひる リュボーフィ(バクーニン家の長女)
京野ことみ ヴァレンカ(バクーニン家の次女)
美波 タチアーナ(バクーニン家の三女)
高橋真唯 アレクサンドラ(バクーニン家の三女)
佐藤江梨子 ナタリー・バイエル(バイエル夫人の娘)
水野美紀 ナタリー・ゲルツェン(ゲルツェンの妻)
栗山千明 ナターシャ・オガリョーフ(オガリョーフの妻)
とよた真帆 エンマ・ヘルヴェーグ(ヘルヴェーグの妻)
大森博史 亡命者
松尾敏伸 ゲオルク・ヘルヴェーグ(急進派の詩人)
大石継太 亡命者
横田栄司 亡命者
銀粉蝶 バイエル夫人
瑳川哲朗 アレクサンドル・バクーニン(バクーニン家の家長)
麻実れい ヴァルヴァーラ(アレクサンドルの妻)
ほか

【関連リンク】
「コースト・オブ・ユートピア -ユートピアの岸へ」 (東京) チケットぴあ


このブログで取材して欲しいイベント調査リクエストや巷の流行に関する口コミ情報、エントリー記事として読んでみたいネタ(お題)はこちらまで。
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
『群馬デザインアート倶楽部』は、汐月歩夢が代表を務め、“地方でオフ会中心にアートや映像イベントを愉しむ”革命的な社会人サークル。仲間募集中
群馬デザインアート倶楽部
メルマガ深夜便シリーズはブログで取り上げきれない記事を数多の情報源の中から厳選し、書き下ろし編集後記と供にあなたの登録したメールアドレスにお届け。
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル

【告知】
群馬デザインアート倶楽部では週末アートを愉しむ社会人仲間募集中。写真、映画、美術、演劇などに興味を持ち、ほぼ月1、2回のペースで活動するオフ会に積極的に参加できる方であれば、芸術、美術の知識、経験不問。アートを通じた出会いや感動を大切にしているアクティブなサークルです。
新規参加に関しては気軽に問い合わせください!(オンライン参加申込み)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1052-acd2b9b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。