【映画】キャラメル シネマテークたかさき 映画批評

ここでは、「【映画】キャラメル シネマテークたかさき 映画批評」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.cetera.co.jp/caramel/

レバノン映画『キャラメル』を群馬デザインアート倶楽部のみんなとオフ会を兼ねて観てきました。高崎にあるミニシアター系映画館『シネマテークたかさき』で観たのですが、ここ来るのはじめて。映画のタイトルに似合わず客層は男性がとても多かった。

映画のジャンルで言ったら、ヒューマンドラマになると思うが、登場人物は年代も異なる女性5人。彼女たちは、それぞれ心に問題を抱えながら浮き沈みのある人生を生きている。エステサロンで使用する脱毛用の小道具がタイトルにもなている『キャラメル』なのですが、女性特有の嫉妬心や業の部分にフォーカスが当たっているため、後半は男性側からすると女性が怖くなる描写が多数。

観終わった後で、感想交換トークしていたら、うちのサークルの女性陣には“共感できる”と好評だった。しかしあえて男目線で感想を書かせていただくと、男性は彼女たちの気持を想像はできても共感はできないと思う。

僕はスピーディで洗練された映画を見すぎているせいか、カット割りが荒削りな感じがした。彼女たちに言わせるとそこがいいのだそうだが。。。

悪い部分を書くと日本の文化と違うので、ここはどうなの?ってシーンも多々あり、観客の想像力に頼って場面が編集がされていたり、主役級の登場人物が5人もいて、尚且つ彼女たちそれぞれが入れ替わり主張するのでバランスが悪く不親切な感じもあった。観終わった後決っして後味は悪い映画ではないが、『キャラメル』といっても『花畑牧場のキャラメル』のような口の中で溶けてしまうようなせつない映画ではないとだけは言える。もっとビターで大人の辛酸を感じる映画だ。

【関連リンク】
キャラメル

このブログで取材して欲しいイベント調査リクエストや巷の流行に関する口コミ情報、エントリー記事として読んでみたいネタ(お題)はこちらまで。
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】
『群馬デザインアート倶楽部』は、汐月歩夢が代表を務め、“地方でオフ会中心にアートや映像イベントを愉しむ”革命的な社会人サークル。仲間募集中
群馬デザインアート倶楽部
メルマガ深夜便シリーズはブログで取り上げきれない記事を数多の情報源の中から厳選し、書き下ろし編集後記と供にあなたの登録したメールアドレスにお届け。
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1092-c42fc5be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。