【映画】ボルト 今夏公開映画で意外な大穴!新生ディズニーの底力を感じさせる傑作。ネタバレあり

ここでは、「【映画】ボルト 今夏公開映画で意外な大穴!新生ディズニーの底力を感じさせる傑作。ネタバレあり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
It's Bolt, Penny, Mittens and Rhino

ユナイテッドシネマ上里メンズデー1000円均一サービスを利用してウォルトディズニー映画『ボルト』を観賞してきました。

昨今のディズニーの低調ぶりは目に余るものがあった(その原因は、同系列のピクサーアニメの作品完成度が異常に高いため)。しかし、この映画に関してはアクションシーンが冒頭から盛りだくさんで、息つく暇なく話が進んでいく。

Bolt: Un perro fuera de serie

ピクサーの最高責任者ジョン・ラセターがディズニーのアニメーション部門も兼務になり企画の立ち上げからコントロールしているので、脚本の完成度が非常に高く、笑いあり涙ありで感動ロードムービーに仕上がっている。

ディズニーの優秀な人材、高度な技術、莫大な資本を投じた映像はいい方向に振りきれており、とくにアニメーションでしか表現できない細かい芝居で真価を発揮。これこそまさにピクサーイズムが注入されている。もともと定評がある背景美術もウェザリング(劣化したようにみせる汚し)を施した丁寧な描きこみをしており、実写並みのクオリティをみせてくれる。

あらすじ

テレビの中のスーパーヒーロー犬で自分に本当にスーパーパワーがあると思っている白いシェパード、「ボルト」の話。ある日、彼は撮影スタジオを勘違いで逃げ出し迷子になってしまう。そして、「ミトンズ」というメスネコと運動ボールから決して出ない「ライノ」というハムスターに出会う。彼は次第に、自分にはスーパーパワーがないことがわかってくる…。ウィキペディアより。



主人公のボルト(吹き替え版は佐々木蔵之介が声を担当)はハリウッドのスター犬であることを知らずに育てられたという、少し複雑な物語構造になっており、大人が観賞することを十分意識した作り。

物語の構造

1:ペニーにペットショップからもらわれていく。
2:5年後、ペニーとともにハリウッドのスター犬として活躍
3:番組の視聴率低迷から、内容が連続活劇に。
4:さらわれたペニーを助けるため(ボルトの勘違い)、映画スタジオを飛び出す。
5:外の世界で自分の力が使えないことに思い悩む
6:ミトンズ、ライノとの出会い
7:人間によって仕立て上げられたスター犬であることに気づき、落ち込む。
8:それでもペニーに会いたい一心で命からがらスタジオに辿りつくが、自分の代役がすでにいて・・・
9:映画スタジオが火事になり、ペニーの危機を助けるため奇跡を起こす。

途中、ホロッとさせられましたね。メス猫のミトンズ(声は江角マキコ担当)が人間たちに捨てられ性格が変わってしまったところがわかるくだりやハムスターのミトンズ(声はキャイーンの天野ひろゆき担当)が、一生懸命をボルトを励ましたり、体を張って助けたり、いちいち感動する台詞を言うんですよ。

最後の火事になる映画スタジオの描写も、とても計算されていて、換気口に向かって吠える描写があんなに感動するとは思いもよりませんでした。笑。子どもの反応をみながら将来観たい映画です。小さいお子さんがいる人は、ぜひ映画館に連れて行ってあげてください。本当に面白い映画です。







Bolt [DVD] [Import]Bolt [DVD] [Import]
()
不明

商品詳細を見る


【関連リンク】
ボルト

ボルト - goo 映画
ボルト - goo 映画


このブログで取材して欲しいイベント調査リクエストや巷の流行に関する口コミ情報、エントリー記事として読んでみたいネタ(お題)はこちらまで。
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板

>>このブログのランキング順位はこちらから確認できます♪
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
ブログランキング


【更新サイト一覧】

『群馬デザインアート倶楽部』は、汐月歩夢が代表を務め、“地方でオフ会中心にアートや映像イベントを愉しむ”革命的な社会人サークル。仲間募集中

群馬デザインアート倶楽部

メルマガ深夜便シリーズはブログで取り上げきれない記事を数多の情報源の中から厳選し、書き下ろし編集後記と供にあなたの登録したメールアドレスにお届け。

日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル

フリーペーパー(PDFファイル)

群馬デザインアート通信 サークル参加特集号 全15ページ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1144-56a8feea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2009/08/17(月) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。