【イベント】GREEN TOKYO GUNDAM PROJECT

ここでは、「【イベント】GREEN TOKYO GUNDAM PROJECT」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年夏、415万人もの人出を集めたお台場 潮風公園に立っている1/1スケール(18メートル)のガンダム立像を見てきました。最終日に近かったのですが、近隣で“フジテレビ”があることもあり、オフィシャルグッズは90分待ちの上、“売り切れ”が続出。野外の露店も長蛇の列でした。



ゆりかもめの“船の科学館”駅から人の波が向かう方に歩いて行けばい良いので、迷うことなし。

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 151

ただ近いのかと思ったら、思いのほか“ガンダム立像”までは遠い。

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 152

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 153

人は増えるが、“ガンダム”の姿は一向に見えてこない。もう2日目に訪れるはずが、強行スケジュールで1日ですべてのイベントを回っているため、へろへろ。歩けども、歩けども“ガンダム”の姿はなく、道間違えたかなぁと不安が増す。

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 154

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 155

にわかに人垣や人の列ができており、近くにあるのだな、という“ニュータイプ的な勘”が働く。

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 157

本日最後の訪問地 お台場 潮風公園。

着いたのは夕方16時半近く。一番人気のスポットにやっと来れた。実物大の“ガンダム”立像は大きかったが、もっと大きいのかと想像していたので18メートルってそんなに巨人ではないのだなと思う。噂には聞いていたが、みんな上を見上げて一心不乱に“ガンダム立像”に向けて携帯やデジタルカメラを向けている姿は、傍からみると滑稽。

僕も皆に負けじとシャッターを押して撮影してきたのが↓の写真。

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 158

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 159

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 160

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 161

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 162

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 163

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 164

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 165

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 166

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 169

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 170

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 172

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 175

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 177

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 178

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 180

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 185

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 188

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 189

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 191

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 198

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 201

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 205

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 212

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 215

20090829_dennounews_green_gundam_project2009 08 30 216

2次元のキャラクターを3次元にした際には形が崩れたり、のっぺりした塗装で夢をブチ壊されがっかりするものだけれど、このガンダムに限っては30年間に蓄積された模型技術を元にした精巧さが目を引く。

映画『スター・トレック』のエンタープライズ号にヒントを得たという装甲板の彩色やマーキング。そして背面のバーニアの噴射口など緻密な計算に基づいており、あらゆる角度から撮影してもそのカッコよさが損なわれないのがもっとも驚いた点。

帰ってきて、ブログに掲載する写真を眺めていても、その立ち姿に思わずにんまりしてしまう。そのくらいリアルで観た立像はすごかった。30年間人生を並走してきた“ガンダム”はテレビ画面を飛び出し、ついに我々の前に真の姿をあらわした。夕陽を背にしてGACKTの読みあげるナレーションが流れる中、時折首を動かす姿にはどよめきと拍手が!!

子供のころ少ないお小遣いを貯めて買った1/144スケールのガンプラが、目の前に突然あらわれたかのようで、涙が出そうになった(<<たぶんビールの飲み過ぎと歩き疲れで酔っていただけ)。実際に触れることもでき、僕も列に並んで触ってきたのですがマジかで見ると、いい具合に自然のウェザリング処理が施されていてリアル感が増していた。

実物大“ガンダム”を見た感想として、大人が本気で創作する姿って大事だなと思いました。また、何事も長い年月続けることで再評価されたり、作品の質、人気、話題、も比例するかのように突如上がってくるので、続けることが大切ということも学びました。

Real-G~1/1scale GUNDAM Photographs (Vジャンプブックス)Real-G~1/1scale GUNDAM Photographs (Vジャンプブックス)
(2009/07/31)
Vジャンプ編集部

商品詳細を見る


HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver.G30thHG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th
(2009/07/11)
バンダイ

商品詳細を見る


ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]
(2009/07/24)
古谷 徹池田秀一

商品詳細を見る


【更新サイト一覧】

『群馬デザインアート倶楽部』は、汐月歩夢が代表を務め、“地方でオフ会中心にアートや映像イベントを愉しむ”革命的な社会人サークル。仲間募集中

群馬デザインアート倶楽部

メルマガ深夜便シリーズはブログで取り上げきれない記事を数多の情報源の中から厳選し、書き下ろし編集後記と供にあなたの登録したメールアドレスにお届け。

日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
YouTube 汐月歩夢チャンネル

フリーペーパー(PDFファイル)

群馬デザインアート通信 サークル参加特集号 全15ページ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1170-c639117b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。