【映画】サロゲート ANA機内上映 最新映画最速レビュー ネタバレあり

ここでは、「【映画】サロゲート ANA機内上映 最新映画最速レビュー ネタバレあり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Surrogates Billboard



台湾行きの飛行機 ANAの中で最新ハリウッド映画『サロゲート』が上映されていたので早速ネタバレレビューを書いてみたい。

あらすじ(機内パンフレットより引用)

ロボット人口学が急激な進化を遂げた近未来。人間のあらゆる社会活動を代行する“サロゲート”と呼ばれる身代わりロボットが開発され、人々は快適で安全な自宅から“サロゲート”を遠隔操作するだけでリアルな現実世界に自分の身を置かなくてよくなった。“サロゲート”の注文は完全オーダーメイドのためなりたい自分を自由を手に入れることができ、100%安全なユートピアだたはずが・・・。



Surrogates 03

藤子不二雄の漫画に『パーマン』という作品がある。鼻を押すことで自分と瓜二つの容姿に変身するコピーロボットが出てくるが、まさにそんなことを映画で描いてしまった作品。設定が近未来のため特に前半は見どころも多く、サロゲートが押し入れに収納されるシーンなど画面の端のほうまでガジェット満載で面白い。一番笑えるのは“サロゲート”が髪がふさふさのブルース・ウィリスで現実のシーンになると今の禿げたウィリスが出てくるところ。しかし後半はFBIの上官が悪だったり、サロゲートの創造主が破壊者に豹変していたり、どこかで観たありがちな映画の設定と先が読めてしまうダラダラした展開が続いていく。自分の“サロゲート”が破壊され、トム・グリアー捜査官(演じるはブルース・ウィリス)が自らの肉体で事件の真相に挑んでいくのは、まんまダイ・ハードだったし。89分という見やすい時間は歓迎するが、陳腐なB級テイストで終わってしまっているのが残念。

サロゲート - goo 映画
サロゲート - goo 映画


【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板 イベントや展覧会の情報はコチラまで
群馬デザインアート倶楽部『群馬デザインアート倶楽部』は、汐月歩夢が代表を務め、“地方でオフ会中心にアートや映像イベントを愉しむ”革命的な社会人サークル。仲間募集中

群馬デザインアート通信 サークル参加特集号 サークル案内のフリーペーパー(PDFファイル) 全15ページ

日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 できるビジネスライフの教科書
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース

Twilog 汐月歩夢 Twitterログまとめサイト
mixi 汐月歩夢
YouTube 汐月歩夢チャンネル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1283-3dfd91a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。