【イベント】第13回文化庁メディア芸術祭 2010年2月3日から2月14日 入場無料 国立新美術館

ここでは、「【イベント】第13回文化庁メディア芸術祭 2010年2月3日から2月14日 入場無料 国立新美術館」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20100211_dennounews_tokyo2010 02 11 001

国立新美術館で開催されている政府お墨付きの唯一のサブカルチャーイベント 文化庁メディア芸術祭に足を運んできました。文化庁メディア芸術祭は、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的として1997年からスタート。アート、エンターテイメント、アニメーション、マンガなど創造性溢れる作品を顕彰するとともに、メディア芸術の最先端を体験することができる展示や上映、トップアーティストらが参加するシンポジウム、次代のアーティストを育成するワークショップなどを開催するイベント(公式パンフレットより)

動画
http://www.youtube.com/watch?v=Ab_aAKw9GB4

アート部門

Nemo Observatorium




白い微粒子(発砲スチロール)が巨大シリンダーの中を舞う。鑑賞者は渦の真ん中に座るか、外から眺めて鑑賞。姿を変えすさまじい勢いで流れる気流が描きだす模様たち。自然現象にヒントを得た見たこともない体験アートに感動。

ベアリング・グロッケン2



エンターテイメント部門

電気グルーヴ Fake it!



SOUR '日々の音色 (Hibi no neiro)'



LOVE DISTANCE



scoreLight



SMAP大移動



アニメーション部門

サマーウォーズ


屋根裏のポムネンカ


東京マグニチュード8.0


THE CABLE CAR


電信柱エレミの恋


アニマルダンス


センコロール


虫歯鉄道-Cavity express-


マンガ部門

大賞 ヴィンランド・サガ 幸村誠


ヴィンランド・サガ 1 (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ 1 (アフタヌーンKC)
(2006/08/23)
幸村 誠

商品詳細を見る


昨年スケジュールがあわずスルーしていたのですが、今年は是が非でも行きたかったイベントのひとつ。とにかくここに集められた作品はどれも素晴らしく、10日間だけの開催がもったいない。最先端のテレビゲームで遊べ、驚きの体験アートもあるし、制作者による解説付きで展示が見れるし、ノミネートされたマンガを読めるスペースまであり、なによりこれだけの大規模展示が入場無料。好きな人ならば一日作品を見て遊べちゃう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1345-6b1c69bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。