【映画】告白 群馬映画研究会 新作映画批評 ネタバレあり

ここでは、「【映画】告白 群馬映画研究会 新作映画批評 ネタバレあり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画版告白 あらすじ フライヤーより

とある中学校、雑然とした教室。終学式後のホームルーム。1年B組、37人の13歳。教壇に立つ担任、森口悠子が語りだした。

私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです。

一瞬、静寂に包まれる教室。
このまま終わりにはできない。


主演 松たか子×監督 中島哲也(代表作 映画『パコと魔法の絵本』、映画『嫌われ松子の一生』)の最新話題作『告白』を見てきました。原作は2009年本屋大賞受賞(湊かなえ作/双葉社刊)。原作は読んでいないが、映画に興味があるというスタンス。ま、この映画いろんな意味でエグくて凄い内容でした。

冒頭のシーン。主演の松たか子が演じる森口先生がホームルーム中のクラスで生徒に無視されながら独り言をぶつぶつと言っているのですが、学級崩壊の描写が極端すぎるので気持ちが物語にはいっていけず。娘の死、旦那のHIV感染など一筋縄でいかない不幸を背負っている教師なので、笑顔がないのはわかるのですが、とにかく松たか子が怖い。しかも、物語が進むにつれ、本当に真の復讐を敢行するので要注目。

群像ドラマに長けた中島監督らしく、キャラクターの描き分けが見事。学級崩壊、いじめ、不登校、HIV、児童虐待、少年犯罪、猟奇殺人という避けて通りたくなる重くてデリケートなテーマを2時間に詰め込み、尚且つ後半は画面に血しぶきが飛び散るのでクーラーが効いた映画館がさらに寒くなる。森口先生から娘を殺した犯人と名指しされる少年A(渡辺 修哉)、少年B(下村 直樹)は物語前半で判明するので、犯人探しの要素はなく、むしろ教師が生徒に課す命の授業と称した復讐劇がみどころ。

むしろ映画は、登場人物が入れ替わりながら病んだ心の声を反映した深いトラウマを映像として見せていく。森口先生が夫のHIVに感染した血液を牛乳に混入させたと嘘をつき、それが生徒たちに動揺と新たな火種を生み、ある者は不登校になり、ある者は学校でいじめにあう。最後まで物語に救いがないので、記憶には残るが後味悪いビターな映画。



告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る


告白 - goo 映画
告白 - goo 映画


【関連リンク】
映画 告白 公式サイト

【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
電脳ニュース瓦版★ポッドキャスト
群馬デザインアート倶楽部 
中国語教師瑠沙の国際結婚日記
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板 
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
Twilog 汐月歩夢
Twilog 汐月瑠沙
mixi 汐月歩夢
mixi 汐月瑠沙
電脳ニュース瓦版@YouTube_ Channel
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1442-07827454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。