【イベント】舞台 余命一カ月の花嫁 世田谷パブリックシアター ネタバレあり

ここでは、「【イベント】舞台 余命一カ月の花嫁 世田谷パブリックシアター ネタバレあり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世田谷パブリックシアター01

世田谷パブリックシアター02

余命一か月の花嫁



TBSが主催し世田谷パブリックシアターで公演されている舞台版の『余命一カ月の花嫁』を見てきました。ヒロイン長嶋千恵役は女優として成長著しい貫地谷しほり嬢。実話を元に、映画や漫画など様々なメディアミックス展開をされてきたこの作品ですが、個人的に難病作品が苦手で、これまで作品に触れる機会がなかった。春から妻帯者になったこともあり、前知識もほとんどなくまっさらな気持ちで観てきました。

物語(公式パンフレットより)

1982年10月26日、夜8時ごろ
帝王切開で千恵は生まれた。

3200グラムの元気な赤ん坊だった

とにかく活発な子だった。
病気なんかとは縁がない強い子だと思っていた。
それが・・・乳がんだとわかったのは、千恵が23歳の秋だった。




6月27日18時開演の回で、上演時間約2時間の舞台。お客さんは1階席は9割埋まってましたが、2階席、3階席は空席も目立っていた。僕は『NHK大河ドラマ 風林火山』前半のヒロイン みつ役で貫地谷嬢を知り、ほかのベテラン俳優の演技に引けを取らない、ずば抜けて演技の旨い女の子がいると早くから注目。お茶の間に鮮烈な印象を残したあの時と同じように、今回彼女の成長した生の演技が見られることを非常にたのしみにしていました。

舞台は余命幾ばくも無い千恵さんと恋人太郎さん、ふたりの結婚式のシーンから始まった。出会った当初コンパニオンをしていた千恵さんとシステムエンジニアだった太郎さん。ふたりが運命的に出会い、それから間もなく千恵さんの病気が発覚。乳がん宣告から闘病生活。一時は治りかけた病気n再発。運命に翻弄されながら明日への希望を忘れず、明るく歩んでいくふたりの姿を中心に描いていく。

派手な場面展開はなく全体に静かな舞台。しかし、台詞の一言一言が胸にずしっと響くほど重い。主要キャストが4名だけで瑠沙も前回のキャラメルボックス主催のクリスマス公演とは違い、物語の流れがよく理解できたようで、隣で泣いていた。悲壮感もあるけれど、舞台だからそこはサラリと描かれていて、希望を持って努力する生きることの素晴らしさ、他人に感謝し好きな人を愛する強さに主軸が置かれていて心に訴えかけてくる内容でした。後半に行くにつれ熱のこもった迫真の演技にスイッチが入るしほり嬢の女優魂にホロリとやられました。

数メートル先に役者がいるため、顔の表情もはっきりと読みとれる席で鑑賞していたため、すごくよかった。貫地谷嬢は明るいコミカルなシーンと病気が再発して落ち込んで取り乱す演技とのギャップも◎。これからの活躍がますます楽しみになりました。

余談ですが1500円のパンフレットには、本公演全台詞が書かれた演劇台本が付属されていて太っ腹。

余命一か月の花嫁02

【関連リンク】
舞台 余命一カ月の花嫁オフィシャルブログ

余命1ヶ月の花嫁 メモリアル・エディション [DVD]余命1ヶ月の花嫁 メモリアル・エディション [DVD]
(2009/11/06)
榮倉奈々瑛太

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1454-58acbd60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/07/08(木) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。