【映画】『エアベンダー』 公開初日最速レビュー 新作映画批評 ネタバレあり

ここでは、「【映画】『エアベンダー』 公開初日最速レビュー 新作映画批評 ネタバレあり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Last Airbender, (El Último Maestro del Aire), Galería. Estreno 23 de Julio.

群馬映画研究会 夏の課題映画『エアベンダー』、『借りぐらしのアリエッティ』豪華2本立て(1日で2本梯子観賞)で観てきました。M.ナイトシャマラン監督と言えば、まぐれ当たりの『シックス・センス』以降、どちらかというと残念な作品を作る監督になってしまった。今回の作品は趣をガラッと変えたファンタジー映画と言うので、勝負パンツ作品と勝手に名付けていた。予告編ではクンフーあり、アドベンチャーあり、夢と魔法が詰まった感じで、はっきり言えばどう転んでも面白くなりそうな要素が集められていたので超期待していた。そんな気持ちで劇場に行ったのに、30分過ぎたあたりからは感情に訴えてくるものがない陳腐な物語運びが苦痛に感じられるほどで、思わずエンディングが流れている最中に、人目をはばからず文句をぶーぶー言いまくるほどひどい映画でした。



あらすじ
かつて世界は<気、水、土、火>の王国によって、均衡を保っていた。
「火の国」が反乱を起こすまでは・・・
100年に渡る戦乱の世。

伝説によれば、すべてのエレメントを操る者だけが
この世に調和をもたらすとされた。
今、世界を救う唯一の希望は
「気の国」最後の生き残り<エアベンダー>に託された。
彼の名はアン。その時、わずか12歳。



The Last Airbender, (El Último Maestro del Aire), Galería. Estreno 23 de Julio.

まず、映画の冒頭 気、水、土、火という4つのエレメントをクンフーアクションでド派手に表現していて、スゲーッ面白そうと大感激。のはずだったのですが、物語が始めるとアレッ?と感じることだらけで物語に気持ちが入っていかない。水の国と火の国が全面的に激突する戦闘シーンなど見ごたえのある面白いシーンは多々あるのだけど、登場人物たちの位置関係がよくわからず、『こいつ敵だったはずだけど?』という火の国の王子が仮面をかぶっていきなりアンを助けに現れたり(おまえはガンダムのシャアかよ)、“北の”水の国の王女が身を投げ出そうとするところにいらない恋愛話を挟んだり、もうすべてがゲーム的で生も死も記号的に描かれていて退屈。まぁ、ここまでは100歩譲って許そう。一番許せないのは、この映画が【第一章】だったこと!!!物語的には序章もいいところで、何も解決していない作品に2時間も付き合わされた自分に腹が立って、腹が立って。冒頭【第一章】なんて出るから、『イングロリアス・バスターズ』みたいに全4章仕立てで物語が完結するのかな?って普通想うじゃないですか。そんなのナッシング。最後は火の国の王が娘に、「じゃ、あとはお前に頼んだからな!!」で終わりですよ。観客みんな唖然。そんな終わり方あるかよ。映画配給会社そんなの公表してませんから。観客舐めてます。はっきり言って。

The Last AirBender 2010 film

2010年夏 最大のトンデモ映画『エアベンダー』。映画はお金だけじゃ面白くならないことを知っておく意味でもおススメです!!

シックス・センス(買っ得THE1800) [DVD]シックス・センス(買っ得THE1800) [DVD]
(2010/01/20)
ブルース・ウィリスハーレイ・ジョエル・オスメント

商品詳細を見る


【関連リンク】
エアベンダー公式サイト

エアベンダー - goo 映画
エアベンダー - goo 映画



【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
電脳ニュース瓦版★ポッドキャスト
群馬デザインアート倶楽部 
中国語教師瑠沙の国際結婚日記
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板 
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
Twilog 汐月歩夢
Twilog 汐月瑠沙
mixi 汐月歩夢
mixi 汐月瑠沙
電脳ニュース瓦版@YouTube_ Channel
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1464-09486be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。