【映画】借りぐらしのアリエッティ 新作映画批評 公開初日最速レビュー ネタバレあり

ここでは、「【映画】借りぐらしのアリエッティ 新作映画批評 公開初日最速レビュー ネタバレあり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借りぐらしのアリエッティ
真夏の悪夢『エアベンダー』の感想を先に書いてしまいましたが、スタジオジブリの最新作『借りぐらしのアリエッティ』も公開初日に観てきました。映画館はジブリの新作ということもあり、朝から親子連れで混雑。



あらすじ(ウィキペディアより)

小人の少女・アリエッティは、郊外にある古い屋敷の床下で、人間の生活品を借りながら、両親と密かに慎ましく暮らしていた。そんなある日、その屋敷に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまい…。



最後のアリエッティとの別れのシーンにはきっと胸を熱くする人もいるであろう。ただ台詞は歯の浮くような恥ずかしいこと言うが・・・『君は、僕の心臓の一部だ(何度聞いても恥ずかしい・・・)』。全体的に起承転結がきちんとしている良作(瑠沙は涙こらえきれず号泣)。ないより初期の宮崎駿作品のカラーに近く『トトロ』以降、スタジオを持ち有名になるに従いどんどん説教くさくなっていった宮崎作品とは一線を画しているのが良い。

全体的に文句を言うレベルではないが、同じジブリ作品でも宮崎駿監督と他の監督を立てた時の決定的な違いは冒頭からの推進力の差。宮崎駿監督の作品はとにかく冒頭の立ち上がりが早く、物語が加速度的に面白さを増していく。『借りぐらしのアリエッティ』は全体的に94分という劇場からも歓迎される回転率の良い映画でありながら、“人間に見られてはいけない”という小人の掟が邪魔をして、アリエッテイと翔がきちんと出会うまでに時間を割いているので、前半部分の盛り上がりが少ないのと、ジブリ作品全般に言えるのですが声優を職業としている人たちを毛嫌いして起用していないので一部の役者の台詞が聞きとり難い。あと観ているときは音楽のつけ方が一辺倒のような気がしたが、そこはあまり気にしなくてもいいかも。逆にオープニングで役者の名前が出るのが気に入らなかった。あれは夢を壊すので罪。最後『えっ!、あの人があの役で!!』と観客を驚かすほうがよかったのでは?!

ジブリ独特のパステル調の溶け込むような背景画は全編にわたって美しく、カラスや猫など動物描写の細やかさや人間と小人の対比などジブリ生え抜きのアニメーターで最年少監督の座を射止めた米林監督の手腕はさすがと唸った。エピローグ付きのエンディングに流れる協力スタジオには、『エヴァンゲリオン』のガイナックス、『カウボーイ・ビバップ』のボンズなどの名前も・・・、最後まで子供を退屈させず席を立たせない絵力と工夫は見事。

Studio Ghibli

あと、超個人的にアリエッティのイラストが瑠沙に似すぎているのが笑えた。



借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック
(2010/07/14)
セシル・コルベル

商品詳細を見る


ryuusa


【関連リンク】

借りぐらしのアリエッティ公式サイト


【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
電脳ニュース瓦版★ポッドキャスト
群馬デザインアート倶楽部 
中国語教師瑠沙の国際結婚日記
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板 
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
Twilog 汐月歩夢
Twilog 汐月瑠沙
mixi 汐月歩夢
mixi 汐月瑠沙
電脳ニュース瓦版@YouTube_ Channel
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1465-2dcdd937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。