【イベント】新横浜ラーメン博物館 支那そばや頑者でミニラーメン梯子 銘店実食レポート

ここでは、「【イベント】新横浜ラーメン博物館 支那そばや頑者でミニラーメン梯子 銘店実食レポート」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新横浜ラーメン博物館

新横浜駅から徒歩5分ほどの場所に位置する新横浜ラーメン博物館に行ってきました。脂っぽいものが苦手な瑠沙がラーメンを食べられるようになったら連れて行きたいと思っていたスポット。休日ということもあり館内は混雑していましたが、インスタントラーメンが発売された昭和33年の街並みを再現した地下のフロアに瑠沙も大興奮。日本全国銘店(山形龍上海本店、川越頑者、東京春木屋、久留米大砲ラーメン、和歌山井出商店、熊本こむらさき、札幌らーめんの駅、支那そばや、中華そば坂本)のラーメンを食べ歩けるのが魅力。全店でミニラーメンを用意しているので2杯、3杯と銘店の味を女性や子供でも堪能できる。
入場券 大人300円を入口で購入。1階にはミュージアムショップと展示スペースがあり、全国のご当地ラーメン分布図などが紹介されている。脇には厨房とカウンター、調理器具が置かれたセットもあり、記念写真を撮る。

ラーメン博物館01

この日は12時半ごろ現地に到着したのですが、各店舗の待ち時間は5分から45分。2食、3食と店舗を梯子するミニラーメン組が多いため回転は早い。地下フロアは昭和の街並みを再現しており、壁には完成間際の東京タワーの姿。映画『ALWAYS 3丁目の夕日』ではないが我々を懐かしい気分にさせてくれる。

ALWAYS 続・三丁目の夕日[二作品収納版] [DVD]ALWAYS 続・三丁目の夕日[二作品収納版] [DVD]
(2008/05/21)
吉岡秀隆堤真一

商品詳細を見る


新横浜ラーメン博物館02

新横浜ラーメン博物館04

新横浜ラーメン博物館

休日だったので子供連れが多く館内は混雑。色々悩んだ挙句、僕らはマスコミにたびたび登場する佐野実氏が店主の『支那そばや』に挑戦。日本全国から選りすぐりの素材を集め、自家製麺を使用したラーメンを提供することで有名。瑠沙は、オーソドックスな醤油味、僕は1日限定100食の塩味をミニラーメンで注文。

僕の率直な感想。麺は細めだが堅さがなくゆるく感じた。スープは30種類以上の食材を使用しているとパンフレットに書かれていたが、澄んでいて味の深みは薄く、さっぱりあっさり。後を引かないので嫌いではない味。

支那そばや

支那そばや02

次に並んだのはつけ麺で有名な『川越 頑者』。45分待ちの行列が物語るように、北海道すみれ系ラーメンの元祖『らーめんの駅』と同じく大変な盛況。僕らも頑者 最後尾に並び、ミニラーメンを注文。つけ麺に魚粉を入れた最初のお店として広く知られ、動物と魚介系をブレンドしたスープがまったり濃厚。インパクトのある極太麺との相性もよく美味。おすすめ。

頑者

頑者02

頑者03


石神秀幸 極うまラーメン2010-2011 (双葉社スーパームック)石神秀幸 極うまラーメン2010-2011 (双葉社スーパームック)
(2010/04/20)
石神 秀幸

商品詳細を見る


【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
電脳ニュース瓦版★ポッドキャスト
群馬デザインアート倶楽部 
中国語教師瑠沙の国際結婚日記
電脳ニュース瓦版 タレコミ掲示板 
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
Twilog 汐月歩夢
Twilog 汐月瑠沙
mixi 汐月歩夢
mixi 汐月瑠沙
電脳ニュース瓦版@YouTube_ Channel
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 新横浜ラーメン博物館, 支那そばや, 頑者, つけ麺, 銘店, 人気スポット, 行列, 待ち時間,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1519-9cf715a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。