【グルメ】特製もりそば 本庄常勝軒 実食レポート

ここでは、「【グルメ】特製もりそば 本庄常勝軒 実食レポート」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本庄常勝軒

高崎方面から国道17号に沿って上っていくと大きな看板が見えてくる本庄常勝軒で、特製もりそばを食べてきました。本庄常勝軒は、巨大な看板の中で微笑むつけ麺の元祖考案者 山岸一雄氏が東池袋に本店を構えていた大勝軒からのれん分けされた弟子の店舗。僕は鮭おにぎりと特製もりそば、妻の瑠沙は和風つけめん。同料金で、小盛り 200g、中盛り 250gが選択でき、味(塩か醤油)も選べるのが嬉しい。実食したレポートは続きを読むから。

特製もりそば
夜、映画鑑賞のホームグラウンドとしているユナイテッドシネマ上里で鑑賞した映画『ナイト&デイ』の上映前に足を延ばして、特選もりそば中盛りに挑戦。瑠沙がやっと日本の生活に慣れ、ラーメンが食べられるようになったので、ぐっと食べ歩きのエリアも広がったのが嬉しい。

鮭おにぎり

ボリューム満点の鮭おにぎり。

特製もりそば

本家東池袋で修業を積んだ店主がオリジナルで考案し、美味しさがよりグレードアップした特製もりそば。

和風つけめん

特製もりそばをベースに魚粉を投入した一品。魚系好きな方におすすめ。

麺もこのボリューム。

つけ麺を食べる習慣がないのでほかの店舗との比較が難しいが、濃厚なつけ汁と太さと弾力をもった麺がよく絡む。独特の甘さは、後引くうまさ。混雑していて忙しいのは分かるが、席について15分以上 ラーメンが出てこない状況は今後改善してほしい。あやうく映画上映に遅刻しそうになった。
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 山岸一雄, 大勝軒, 本庄常勝軒, つけ麺, ラーメン, グルメ, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1536-3b1fd5b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。