【イベント】向井千秋記念子ども科学館 三十路大人の宇宙体験バージョン

ここでは、「【イベント】向井千秋記念子ども科学館 三十路大人の宇宙体験バージョン」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
向井千秋記念子ども科学館

たてばやし国際交流まつりの会場から歩いて数分の場所にある向井千秋記念子ども科学館に行ってきました。子ども科学館だけど、もちろん大人も入館料 310円を払えば誰でも入場可能。県内に住んでいながら、この施設に足を踏み入れたことがなく、興味津々。先日サントリーミュージアムで上映されている『HUBBLE3D』を観てきたの影響からか、重力に縛られる地球にいても宇宙を感じられるところが大好き。驚くべき事態が発生していた館内の様子は、続きを読むから。

向井千秋記念子ども科学館
館内の設備は、1階は残酷な子供たちに無残に破壊された体験コーナーに置かれた用具の数々が痛々しい。稼働しているものより壊れたり動かなくなったモノが多く、言葉は悪いが宇宙を漂うスペースデブリ(宇宙ゴミ)の漂着場の様相を呈していた。予算を削られているのか、せつない感じが漂っている。

向井千秋記念子ども科学館

2階は、埼玉新都心駅近くにあったジョン・レノン ミュージアムが、館内を巡っているとだんだんオノ・ヨーコ ミュージアムに思えてくるように、向井千秋さんの個人所有物の展示場になっていた。宇宙飛行を成し遂げたメダカ君たちも元気に子孫繁栄に努め泳ぎ回っていて感動。無駄にNASAの貴重な資料が惜しげもなく展示されており、宇宙観測マニアは押さえておきたい穴場スポットかも。

宇宙メダカ

個人史や子供のころの写真なども展示されており興味深く読んだのだけれど、向井千秋さんは元女医。石原裕次郎さんが入院していたころ面識があったという事実にも吃驚だ。展示物のなかには、漫画家 藤子不二雄氏の描いた色紙もあった。

向井千秋

藤子

また、この日は公開天文台をやっていたので参加してみる。子供連れの家族4、5組に交じっての参加。科学館スタッフから太陽の黒点に関しての説明を聞いてから観測室の中に入った。外は曇りで太陽の影すら拝めず、残念。

公式パンフレットより抜粋

天体観測室:直径6mのドーム内に口径20cmのクーデ式屈折望遠鏡が設置されている。この望遠鏡は、コンピュータ制御で、マウス操作により、太陽、惑星、月や星雲星団などを見ることができる




記念写真

公開天文台

公開天文台

おまけ

向井さんと握手
向井さんと握手

向井さんと背比べ(ちなみに向井さんの身長は158cm)できたりもします。
向井さんと背比べ

向井さんと宇宙遊泳

向井千秋


僕の大好きな宇宙飛行士映画

アポロ13 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]アポロ13 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]
(2010/09/23)
トム・ハンクスビル・パクストン

商品詳細を見る


スペース カウボーイ [Blu-ray]スペース カウボーイ [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリント・イーストウッドトミー・リー・ジョーンズ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 宇宙飛行士, 向井千秋, NASA, メダカ, 向井千秋記念子ども科学館,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1546-720d065e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。