【グルメ】名古屋めし食べ歩き 矢場とん 栄セントライズ店 味噌カツ堪能編

ここでは、「【グルメ】名古屋めし食べ歩き 矢場とん 栄セントライズ店 味噌カツ堪能編」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
矢場とん

せっかく名古屋に来たので、ご当地グルメも堪能してきました。名古屋市科学館は入退場が自由なので、飽きたら街に繰り出すことも可能。僕らは、名古屋グルメの先陣として味噌カツで有名な矢場とんでランチを食べてくることにした。時刻は11時30分を回ったところで、ふたりだったので、すぐにカウンター席を案内してもらった。食べて店を後にする頃にはたくさんの人が列を作っていたので、時間帯もラッキーでした。

メニューも多く、どれにするか迷ったが、瑠沙が揚げ物が苦手なのでミックスフライ(ロースとんかつ、ひれかつ、海老フライ)セットとロース串カツをオーダーし、ふたり分のご飯とみそ汁を頼んだ。待ってる間に、味噌カツの食べ方を見ていたのですが、味噌だれに練りからしやすりごまをかけて食べるのは群馬県民でも理解できても、七味をかけて食べるという方法は初めてで吃驚。

矢場とん02

一番下に、“唐辛子”の文字が・・・。

ミックスフライ

社会人になって最初に勤めた会社が、日本●ムグループだったので、肉にはうるさい。しかし、矢場とんの味噌カツは甘めの味噌だれが上品で、油臭くなく、肉の旨味をとじこめていて、一口食べて美味しいと感じるものだった。練り辛しとすりごまをトッピングして食べると、これまた違った味の変化が楽しめる。さすが並んでも食べたいとお客が集まる人気店。東京の銀座でも感じたが、人気店の見極めは行列を見るべし、というのは名古屋でも一緒。

矢場とん07

矢場とん08

ふたりで完食。公式サイトでは、通販もやっているようなので、家庭でも矢場とんの味が楽しめます。

脱・家族経営の心得―名古屋名物「みそかつ矢場とん」素人女将に学ぶ脱・家族経営の心得―名古屋名物「みそかつ矢場とん」素人女将に学ぶ
(2008/08)
藤沢 久美

商品詳細を見る


【関連リンク】
矢場とん公式サイト
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 矢場とん, 名古屋めし, グルメ, 食べ歩き, 口コミ, 味噌カツ, 人気,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1628-6071f235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。