【映画】『127時間』 新作映画批評 ネタバレあり 人生が終わる寸前に見えてきた希望

ここでは、「【映画】『127時間』 新作映画批評 ネタバレあり 人生が終わる寸前に見えてきた希望」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
127時間

19日 ユナイテッドシネマ前橋が会員1000円均一料金だったので、ダニー・ボイル監督の映画『127時間』を観賞。瑠沙がこの日漢字検定準一級の試験をしていたので、終わったと同時に映画館に向かい、ルパン3世のようなハンドル捌きで、ぎりぎり上映開始10分前に滑り込む。

映画は実話を元にした遭難サバイバル映画。ダニー・ボイル監督作品初挑戦。ネットの感想が絶賛モードで期待値高かった分、実際観てみると想像の枠内で、少しがっかり。

あらすじ(ウィキペディアより)

2003年4月25日金曜日夜。アーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、ユタ州のキャニオンランズ国立公園にキャニオニングに出かける準備をしており、妹からの電話も無視し、出発した。翌朝彼は自転車で走り、その後は徒歩で目的地を目指した。道中、道に迷っていたクリスティ(ケイト・マーラ)とミーガン(アンバー・タンブリン)の二人と出会い、アーロンはガイドを買って出た。彼はおもしろいものがある言い、幅の狭い峡谷を通って地下プールへ案内した。3人はそのプールに何度も飛び込んで楽しみ、ビデオカメラでその姿を撮影した。遊び終わった2人は別れ際にアーロンをグリーン・リバー町外れでの明日のパーティに誘い、彼は出席を約束した。しかし彼女らは本当に彼が来てくれるのか疑問に思った。

アーロンがユタ州中部、グリーン・リバーの町付近一帯のサン・ラファエル・スウェルと呼ばれる地域にある目的地のブルー・ジョン・キャニオンというスロット・キャニオンのキャニオニアリングを楽しんでいた最中に岩と共に滑落して、右手が岩と壁の間に挟まれてしまう。ラルストンは身動きが取れなくなり、大声で助けを呼んだが周囲に誰も居なかった。アーロン1人の力では岩はびくともせず、岩を削ろうにも持っていた万能ツールのナイフはまるで役に立たなかった。彼はボトル1本の水とわずかな食糧で食いつなぎ、そしてビデオカメラに様子を記録し始めた。

岩を崩す試みが無駄とわかると、今度は挟まった自分の右腕を切り離そうとし始めるが、ナイフは皮膚を切ることすらできないくらい鈍いことがわかる。次にアーロンはナイフを腕を突き刺すが、骨を深く切れないとわかる。また彼は水を飲み干すとやむ得ず貯めていた自分の尿を飲んでしまう。彼が自分の命が死にゆくのを感じ始めると、ビデオ日記はますます狂っていった。彼は自分の家族、元恋人との思い出、事故前の2人のハイカーのことを夢に見始めるようになる。死を目前にし、彼は、これまでの人生のすべてがこの峡谷での孤独の状態に向かうように運命づけられたのだと悟るのだった。





自由気ままに人生を謳歌してきた主人公アーロンが、片腕を岩に挟まれ絶体絶命の危機から生還する姿を97分間かけて描いた映画。映画冒頭の軽快な音楽にのせて、目的地を目指していくまでのワクワク感。ビデオカメラの映像をインサートしたり、水筒の中から撮影している映像などトリッキーな見せ方も。

道に迷った女子ふたりのガイド役を買って出て、地下プールで子供のように遊ぶ姿など楽しげな前半からは一転、中盤以降は岩に片腕を挟まれ、救助を待つ身に。こういったシチュエーション映画では、『ヘルプ!、ヘ~ルプ!!』と叫ぶシーンが出てくるが、やっぱりこの映画でも出てきた。

途中、頭が錯乱してきて、Hなこと考え出したり、鉄砲水が襲ってくるような幻覚をみている場面も出てきて、いよいよ頭までおかしくなってきたか・・・と思われた頃、突如自分の腕を斬り出しエグイ方向へ。彼は生還しラストには家族に囲まれ、この事件をきっかけに彼が違った生き方を模索した映像も出てくる。腕一本失なっても人生はやり直せる、つまり生きることに意味があると語っているが、シチュエーションスリラー映画の【リミット】を先に観賞していたので、ところどころ比較してしまったのが残念だ。

[リミット] コレクターズ・エディション [Blu-ray][リミット] コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2011/04/15)
ライアン・レイノルズ

商品詳細を見る


127時間 - goo 映画
127時間 - goo 映画


【関連リンク】
127時間公式サイト
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 127時間, 新作映画批評, ネタバレあり, ダニー・ボイル,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1651-a3e418f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。