【映画】『神様のカルテ』 新作映画批評 ネタバレあり 命の尊さを静かに描き出す佳作。宮崎あおい萌え 

ここでは、「【映画】『神様のカルテ』 新作映画批評 ネタバレあり 命の尊さを静かに描き出す佳作。宮崎あおい萌え 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嵐の櫻井翔、宮崎あおいのコンビが主演した映画『神様のカルテ』を父の初七日に観てきました。2010年本屋さん大賞2位を獲得した原作は読んでおらず、予告編以上の前知識なしで挑みました。劇中ですい臓がんなどの言葉が出るとリアル生活とリンクしてドキッとしますが、想像していた号泣する映画とは趣が違いました。命の尊さや小さな優しさに包まれるほんわかした佳作映画。カメラアングルや医療現場のシーンは力が入っていた。駄目な点は、映画として物語の推進力が弱く、心が揺り動かされるような場面が少ない。率直な感想として、映画よりテレビドラマとしてのほうが似合っていたんじゃないかな・・・と思った。

あらすじ(ウィキペディアより)

主人公・栗原一止(くりはらいちと)は、信州松本にある本庄病院に勤務する内科医である。彼が勤務している病院は、地域医療の一端を担うそれなりに規模の大きい病院。24時間365日などという看板を出しているせいで、3日寝ないことも日常茶飯事。自分が専門でない範囲の診療まで行うのも普通。そんな病院に勤める一止には最近、大学病院の医局から熱心な誘いがある。医局行きを勧める腐れ縁の友人・砂山次郎。自分も先端医療に興味がないわけではない。医局に行くか行かないかで一止の心は大きく揺れる。 そんな中、兼ねてから入院していた安曇さんという癌患者がいた。優しいおばあちゃんという感じで、看護師たちには人気者だが、彼女は「手遅れ」の患者だった。「手遅れ」の患者を拒否する大学病院。「手遅れ」であったとしても患者と向き合う地方病院。彼女の思いがけない贈り物により、一止は答えを出す。


宮崎あおい嬢の演技やセリフがキュートで、後半に行けばいくほど妻の瑠沙に似てきて、奥さんにもっと優しくしなければと思いました。ハルさんの『1分1秒でも私より長く生きて』、というセリフは、裏覚えですが初出は漫画 めぞん一刻でなかったかな?!

神様のカルテ (小学館文庫)神様のカルテ (小学館文庫)
(2011/06/07)
夏川 草介

商品詳細を見る


盲目のピアニスト 辻井信行氏が作曲した神様のカルテ メインテーマ曲が素晴らしかったです。



神様のカルテ ~辻井伸行 自作集 =SPECIAL EDITION=神様のカルテ ~辻井伸行 自作集 =SPECIAL EDITION=
(2011/07/27)
辻井伸行

商品詳細を見る
脚本の後藤法子女史は、映画よりテレビドラマで評価が高い人で、今作も人気小説という肩書がなければスクリーン向きとは言い難い。先にも言ったが脚本の練り込み不足か物語の推進力が弱く、2時間という制約がつく映画とした場合にいささか物足りない。医療映画として評価の高い『ディア・ドクター』などと比較しても、その差は歴然。

また主人公たちふたりが暮らす民宿 御嶽荘の住人に対しての説明がなく、物語中盤で“ある感動的な場面の舞台になっても”原作を読んでいない人には登場人物たちと温度差があり心に響かない。あだ名であるドクトル、ヒメ、学士、男爵の由来に対する説明もないし、物語上それとなく推察は出来るが、明確な回答は映画で示されず。

ディア・ドクター [DVD]ディア・ドクター [DVD]
(2010/01/08)
笑福亭鶴瓶、瑛太 他

商品詳細を見る


否定的な意見も言っているが、映画としていいところも多い。ただ盛り上がりがなく淡々と進むので、観賞後の印象が薄いのが本当に残念。演技派を揃えているだけあって、登場人物がそれぞれキャラ立ちしていて、キャスティングはよい。肝心のお話にもう一工夫ほしかった。抑えた演技が光る櫻井翔、笑顔で見守る宮崎あおいの夫婦演技はもちろん、ナース姿の池脇千鶴もよかった。

映画は大学病院にがん宣告され、手術もできず余命半年と宣告された加賀まり子演じる安曇 雪乃(あずみゆきの)と医師であるイチ(櫻井翔)との交流が見所。命を救えない患者も多く、医師として迷いながらの日々を送っていたイチが、安曇が遺したイチ宛ての手紙を読んで、自分のやってきたことに間違いなかったと思い号泣する場面は心情的にグッとくる。余命宣告され、残された時間を好きに生きろと言われても、不安や孤独に襲われなにもできない患者たち。安曇の場合は、イチが病気に対して一生懸命向き合い、ビッシリと文字で埋められたカルテを診て、自分の残された運命をこの人にみてもらいたいと病院を訪ねたことで、かけがえない時間と小さな幸せを得ることができた。医師と患者、寄り添い合える関係って大事だなぁ・・・と感じた。リアル生活で悲しい体験をしたばかりだったので、この映画から汲み取ることも多かった。

神様のカルテ - goo 映画
神様のカルテ - goo 映画


【関連リンク】
神様のカルテ公式サイト
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 神様のカルテ, 櫻井翔, 宮崎あおい, 池脇千鶴, 要潤, ネタバレあり, 新作映画批評, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1663-e1fc73f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。