【映画】『アリス・クリードの失跡』 新作映画批評 ネタバレあり ある誘拐事件を3人の登場人物でみせるサスペンス

ここでは、「【映画】『アリス・クリードの失跡』 新作映画批評 ネタバレあり ある誘拐事件を3人の登場人物でみせるサスペンス」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The disappearance of Alice Creed (2009)



高崎にあるミニシアター シネマテークたかさきで、世間に遅れること数カ月・・・やっと公開が始まったクライムサスペンス映画『アリス・クリードの失跡』。前評判などで絶賛ムードのこの映画。登場人物は3人のみ。ある誘拐事件を緻密に計画したふたりの男と誘拐された女。しかし、物語の進行とともに立場が逆転し、一発の銃弾をきっかけに予想不能の方向へ。信じるか、裏切るか、極限状態の中、3人の思惑が交錯する。

あらすじ(フライヤーより)
若い男と中年男の2人は、緻密な計画のもとに富豪の娘 アリス・クリードを誘拐する。アリスは恐怖のどん底に陥りながらも、彼女は行きぬく希望を捨てない。首謀者らしき中年男が外出した時、アリスの反撃に合った若い男が、アリス自身にとっても観客にとっても驚愕の告白をする。
その瞬間から、誘拐犯とアリスの関係はねじれ、3人の力関係が幾たびも逆転していく。200万ポンドを手に入れるための用意周到な誘拐計画が、一転、3人の生き残りをかけた闘いへと突き進む。



物語の開始直後から、周到な誘拐準備をセリフなしでみせていく、不穏な空気に満ちた画面。映画タイトルがラストまで出てこないなど、低予算映画とは思えない凝った作り。後ほど触れるが、まさか犯人ふたりの■■シーンを大画面で見ることになるとは・・・。

犯罪映画は数あれど、面白いか面白くないかハッキリわかれるところ。この映画は冒頭から、車を盗み、ホームセンター等を巡って誘拐道具を揃える描写が入り、小屋のを改装し、最後は女を誘拐するまで、一分の隙のない構成が見事。その間、セリフは数えるほどしかなく、グイグイ物語に引き込まれる。

物語上の70%が誘拐したアリスと犯人ふたりとのやり取りに終始している。犯人の目的も身代金目的以外は中盤まで明かされず、早速部屋につれ込まれ、アリスはベッドに拘束され、服を脱がされ身代金要求のためヌード写真を撮られたり、グーパーグーパーサインをしてから、おしっこが1で、ウンチが2か答えさせられるM的奴隷扱い。

話の展開が大きく揺らぎ始めるのは、若い男とアリスがふたりになってから。中年男が外出している隙にアリスの不意打ちに銃を奪われ形勢逆転。この際に誤射して一発の銃弾を紛失するが、それが後半の重要な伏線に繋がっているので見逃せない。若い男はパニックになり覆面をとってダニーであることを告げる。

アリスはダニーを知っており、ダニーがアリス誘拐を中年男ヴィックをそそのかしたことが分かる。ここからは怒濤の展開。ヴィクとダニーがゲイ友であることがわかるわ、アリスは生き残ることに必死でダニーをベッドに誘いその隙に手錠を裸のダニーにかけたり、立場が次々と入れ替わる。

笑ったのは、何回もトイレで薬きょうを捨てようとして流れずに最後薬きょうを飲んでしまうダニーの姿。俺も朝 会社のトイレで巨大なウ■コが流れず焦った経験があるだけに思わず笑ってしまった。最後はヴィックに気づかれてふたりが仲違いしていく展開がせつない。最後、森でダニーに銃口を向ける場面でエンディングを迎えたほうがよかった気もするが・・・。全体的によくまとまっていてサスペンス映画として一級品。秋の夜長に見るのにピッタリな作品だ。

シャロウ・グレイブ [DVD]シャロウ・グレイブ [DVD]
(2007/11/28)
キース・アレン、サイモン・ボスウェル 他

商品詳細を見る


レザボア・ドッグス [Blu-ray]レザボア・ドッグス [Blu-ray]
(2010/05/12)
クエンティン・タランティーノ、ローレンス・ティアニー 他

商品詳細を見る


メメント [Blu-ray]メメント [Blu-ray]
(2010/12/22)
ガイ・ピアース

商品詳細を見る


ブラッド・シンプル 【ベスト・ライブラリー 1500円:隠れた名作特集】 [DVD]ブラッド・シンプル 【ベスト・ライブラリー 1500円:隠れた名作特集】 [DVD]
(2010/12/22)
フランシス・マクドーマンド、ジョン・ゲッツ 他

商品詳細を見る


アリス・クリードの失踪 - goo 映画
アリス・クリードの失踪 - goo 映画


【関連リンク】
映画『アリス・クリードの失跡』公式サイト
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アリス・クリードの失跡, 新作映画批評, ネタバレ, シネマテークたかさき,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1669-1c7ed5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。