【映画】『アジョシ』 新作映画批評 韓国版レオンはせつなく、凶暴に牙をむく

ここでは、「【映画】『アジョシ』 新作映画批評 韓国版レオンはせつなく、凶暴に牙をむく」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
아저씨



韓国映画の台頭著しい昨今。たくさんの賞を受賞し、傑作の予感がする韓国映画『アジョシ』をイオンシネマ高崎で観賞。スクリーンは小さな10番スクリーンだったので不満はあるが、その不満を吹き飛ばす熱量が高くパワフルな作品でした。童顔で色男のウォンビンが、しがない質屋で過去の記憶がない謎の男(ネタバレ批評コーナーで明かしますが・・・)を演じていて、後半正体が明かされてからの変貌ぶりは、戦慄が走り身震いするほどのアクションシーンの連続。ただ、多勢に無勢で、敵が弱いからとはいえ単独でアジトに乗り込んでいくのは無謀すぎだろと、突っ込みを入れていましたが・・・。

あらすじ

元・特殊要員のテシク(ウォンビン)は質屋を営み細々と暮らしている。彼を訪ねてくる人は、質屋に物を持ち込む人と隣に住む少女ソミ(キム・セロン)だけ。ソミはテシクを「アジョシ」と呼び慕い、テシクもソミに心を開いていく。そんなある日、ソミの母親が犯罪事件に関わり、ソミも一緒に拉致されてしまう。テシクはソミを救うため、一人で組織に乗り込んでいく。



아저씨를 보러갓는데 악마를 ..
ウォンビンが、見せる幾つもの顔が印象的な映画『アジョシ』。物語中盤までウォンビンは質屋の性犯罪者予備軍だったり、隣の家のおじさん、銃にも怯まない謎の男として呼ばれ君臨するが、その実態は元軍の特殊工作要員で、指導教官としてたび重なる修羅場を潜り抜けた肉体凶器の戦闘マシーン。まさに野に放たれた野獣。

麻薬密売、人身売買、臓器売買、など、我々がニュースでしか知り得ない裏社会の言葉が飛び交い、犯罪に対し命の危険を顧みずひとりで立ち向かう男がウォンビン演じるチャ・テシク

ネタバレを書くと、テシクは妊娠中の妻(と子供)を自分の仕事のせいで殺された過去を持ち、ソニに、自分が対面することが出来なかった子供の面影を重ねている。ラストのひとりで生きていけるよな、と言い誘う抱き合う場面の伏線でもある。

この映画の特筆すべき点は、命を顧みず決意を固めた男のカッコよさ。短髪にし半自動拳銃片手に憎むべき敵 マンソク兄弟のアジトへ単身乗り込む姿は女性なら惚れないわけがない。彼は、しかも妊娠していた妻を殺された過去を背負って生きてきたのだ。

アクションシーンが長く、何度も出てくるので、斧やナイフなど武器を変え、アングルを変え、矢継ぎ早なカット割りにして観客が飽きないように見せ方を変える工夫も伺える。ただ、車を激走して追いかけるテレビドラマ『太陽にほえろ!』のようなシーンは、一度でいい気がするが・・・。



最後の雇われたプロの殺し屋 ラム・ヨワンがソニがしてくれた小さな優しさに打たれ、解剖医の目玉をくりぬいて嘘ついて寝返っていた展開は読めてしまうが、ネールアートがキーワードになっていたり、万引きされ放題の駄菓子屋のおじいちゃんが最後にああいう形で出てきたり、伏線の張り方、回収の仕方が上手。

グンソク兄を追い詰め、自動車の強化ガラスを“心の怒り”を銃弾にこめて、撃ちぬく場面が、もっとも好き。
主題歌がせつなくて、エンドクレジットで流れるときに歌詞の訳が出るのですが、それが印象深いです。

マッド・ソウル・チャイルド「Dear」



ウォンビンと言えば、映画『母なる証明』も傑作でお薦め。
母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/04/23)
キム・ヘジャ、ウォンビン 他

商品詳細を見る


アジョシ - goo 映画
アジョシ - goo 映画


【関連リンク】
映画『アジョシ』公式サイト
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 韓国映画, アジョシ, ウォンビン, 新作映画批評, レビュー, 口コミ, 傑作映画,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1670-2ced55f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。