【アニメ/コミック】『さよならもいわずに』 上野 顕太郎著 ビームコミックス エンターブレイン刊 書評

ここでは、「【アニメ/コミック】『さよならもいわずに』 上野 顕太郎著 ビームコミックス エンターブレイン刊 書評」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さよならもいわずに (ビームコミックス)さよならもいわずに (ビームコミックス)
(2010/07/24)
上野 顕太郎

商品詳細を見る


サブカルの発信基地みたいなお店『ヴィレッジヴァンガード』で猛プッシュされていた漫画『さよならもいわずに』を店頭ポップを読んで興味を惹かれ購入。

ギャグ漫画家 上野 顕太郎氏本人が、最愛の妻 キホさんとの永遠の別れを漫画で描く衝撃作。奥さんの死を目の前にした際の著者が受けた衝撃と動揺、儀式的に進む葬儀の時間など、生と死が克明に描写されていく。夫婦で背中あわせに寝るときの“愛はあるよ”って合(愛)言葉が良い。劇中で出てくる気に入ったセリフで『つらいときにつぶやける名前があるのは素敵なこと。』ってセリフがこの夫婦の愛情の深さを物語っていると思う。会話をし、料理を食べ、一緒に寝て、夫婦間の関係は生活しながら出来ていくし変化していくもの。

私的なる題材は、ギャグ漫画家にとって禁じ手だと思うが、突然やってきた“妻の死”という現実、そして著者に襲ってくる損失感。僕も、先日父親を天国へ見送ったばかりなので、読みながら心情的に他人事とは思えなかった。生きている間は目をそむけがちな“死”を真正面から描いている点も評価したい。何10年後、妻が先か、僕が先に逝くかはわからないが、その時まで愛情が深い夫婦でいられるように努力していかなければ。

生前 奥さんがカラオケの十八番としていた中島みゆき 明日をレクイエム(鎮魂歌)として贈ります。

臨月臨月
(2001/04/18)
中島みゆき

商品詳細を見る




あした 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽
あした 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1674-71a26ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。