【映画】『宇宙人ポール』 新作映画批評 ネタバレあり クレイジーな宇宙人と旅するオタク中年コンビに笑え

ここでは、「【映画】『宇宙人ポール』 新作映画批評 ネタバレあり クレイジーな宇宙人と旅するオタク中年コンビに笑え」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
paul



昨年観た映画なので2011年度の映画ランキングには入っていながら、批評が遅れていた『宇宙人ポール』の感想をアップ。2012年度の映画観賞は来週からぼちぼち始めていこうと思っているので、宿題となっていたリライト作業や映画批評をまとめて更新。

あらすじ(ウィキペディアより)
コミックオタクのイギリス人のグレーム・ウィリー(サイモン・ペグ)とクライヴ・ゴリングス(ニック・フロスト)はコミコン・インターナショナルを訪れるためにキャンピングカーでアメリカ旅行をしていた。二人がネバダ州のエリア51付近を通過したところ、宇宙人のポール(声: セス・ローゲン)と出会う。



僕個人のランキングとしてはそんなに上位にあげていなかったですが、80年代スピルバーグ作品ものエッセンスをブラック・ジョークに昇華させた完成度が高い作品。ただし、心が揺り動かされたシーンは少なく、笑って終わってしまった印象。

アメリカ おたく文化の象徴であるコミコンでの冒頭シーンや前半のUFOスポット巡り等、文化の違いで“笑いのツボ”が微妙にずれていて理解できない部分多々あり。スピルバーグのコメディ映画としてみる見方がある一方で、迷惑な宇宙人ヒッチハイカーをのせて旅するロードムービーとしてみたほうが面白いかな。映画のなかでも数多くのオマージュ、パロディなどが盛り込まれているので、映画の元ネタを知っていれば知っているほど楽しめる側面あり。

最初、ポールはトラブルの元になる口が達者で下品な宇宙人として描かれているが、後半だんだん人間くさくなり優しさを見せていく。最初ポールの姿を見ては気絶し、化学を真っ向から否定するキリスト原理主義者で押し掛け女房的な役回りのルース(途中から愛に目覚めキス魔に豹変)が患っている眼の病気を治療してやるところ、ホモに間違われるほど仲の良かったウィリーが愛に目覚め焚火の前で寂しくいじけるクライヴに初体験の話題で話かけ、自分の命の危険を顧みず撃たれたウィリーをE.T.よろしく生き返らせるところなどちょっと感動してしまう。ポールが昔自分を介抱してくれた女子(今はおばあちゃん)に遭いに行く場面はせつないけれど、すぐに次の展開でバカバカしいまでのアクションシーンに連なっていくなど、場面展開が早いので、少々の疑問点は力技や笑いで押し切ってしまうのがすごい。

ラストに出てくるラスボス ビッグ・ガイの正体が『エイリアン』、『アバター』など宇宙人と闘わせたらこの方の右に出るものはいないといってもいい、ハリウッドの和田アキ子ことシガニー・ウィーバーなのも吃驚。スピルバーグも本人がカメオ出演して、ある映画に関しての重要証言するので聞き逃せない。

著書『ポール』で有名作家になるエンディングも、オタクの星(希望)になって終わる、爽快感。見所は多いが、万人向けではありません。数多くの映画を観ている人ほど、この悪ノリに乗れる作品だと思う。僕は、初見で結構理解できなかった場面あったし。それでも面白い映画と思うので、初笑いしたい人に、ぜひ。

宇宙人ポール - goo 映画
宇宙人ポール - goo 映画


未知との遭遇、E.T.は押さえておいた方がより楽しめると思います。

未知との遭遇 スペシャル・エディション [Blu-ray]未知との遭遇 スペシャル・エディション [Blu-ray]
(2011/02/23)
リチャード・ドレイファス、フランソワ・トリュフォー 他

商品詳細を見る


E.T. スペシャル・エディション 【-プレミアム・ベスト・コレクション-リミテッド・エディション】 [DVD]E.T. スペシャル・エディション 【-プレミアム・ベスト・コレクション-リミテッド・エディション】 [DVD]
(2009/10/23)
ドリュー・バリモア、ディー・ウォーレス 他

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 宇宙人ポール, 新作映画批評, ネタバレあり, ブラック・ジョーク, コメディ, エリア51,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1727-728ef635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。