【映画】『ドラゴン・タトゥーの女』 新作映画批評 ネタバレあり 最新フィンチャー迷宮は西洋版犬神家の一族の様相

ここでは、「【映画】『ドラゴン・タトゥーの女』 新作映画批評 ネタバレあり 最新フィンチャー迷宮は西洋版犬神家の一族の様相」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Girl with the DRAGON TATTOO film art



デビッド・フィンチャー作品群の中で、映画『セブン』、『ファイト・クラブ』からファンになった人は多いと思いますが、これらサスペンス色の強い映画が好きな人は楽しめるであろうエンターテイメント作品。前作『ソーシャル・ネットワーク』から踏襲している情報過多な物語運び、キャスティング(マーク・ザッカーバーグの元カノを演じたルーニー・マーラーがリスベット役で再登板)、前作演出で培った最新鋭のパソコンツール描写は今作でも健在。

セブン [Blu-ray]セブン [Blu-ray]
(2010/12/22)
ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る


ファイト・クラブ [Blu-ray]ファイト・クラブ [Blu-ray]
(2009/11/27)
エドワード・ノートン、ブラッド・ピット 他

商品詳細を見る


ソーシャル・ネットワーク 【デラックス・コレクターズ・エディション】(2枚組) [Blu-ray]ソーシャル・ネットワーク 【デラックス・コレクターズ・エディション】(2枚組) [Blu-ray]
(2011/05/25)
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガー・フィールド 他

商品詳細を見る


あらすじ(ドラゴン・タトゥーの女 あらすじ)

スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエルは意気消沈の日々を送っていた。ある日、彼のもとにスウェーデン有数の財閥ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲル老人から家族史編纂の依頼が舞い込む。実はヘンリックの真の目的は40年前に起きた親族の娘ハリエット失跡事件の真相究明だった。ヴァンゲルは、ハリエットが一族の誰かに殺害されたと信じていた。

40年前に一族が住む孤島から何の痕跡も残さず消えた少女。成功の陰に隠された一族の血塗られた一族の血塗られた過去に気づくものの手がかりの掴めないミカエルは、一族の弁護士から天才的な資料収集力の持ち主であるとして、ある人物を紹介される。

リスベットという名の、顔色が悪く、拒食症患者のように、がりがりに痩せた女。ほとんどお喋りをしない小柄な彼女の肩口から背中にかけて、龍の刺青が異彩を放っていた。意外なことに彼女はこの事件に異様な関心を示す。

そして彼女はハリエットの日記に記された聖書にまつわる数字が、ロシアの国境付近で未解決のままとなっている
連続猟奇殺人事件と関連があることを突き止めるのだった・・・。



ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
(2012/06/13)
ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ 他

商品詳細を見る
映画はイオンシネマ高崎で観ました。洋画の話題作であり、足を運ぶお客さんも多かった。雪が降り積もるスウェーデン、しかも本島から橋を隔てた孤島が舞台とあり、とても緊張感ある物語でした。ルーニー・マーラー演じる貧乳ハッカー少女リスベットの心の闇を表現したオープニング画面が秀逸。最初はなんだかよくわからなかったが、あとから気づいてなるほど、と。

初見だけではすべてを理解できないほどに複雑怪奇な物語と情報を叩きこまれる演出。海外版『犬神家の一族』の様相。2時間を越える長尺の上映時間を気にさせない全編の緊張感は凄いし、猟奇殺人事件の犯人が明かされる終盤で事件が終わらず、最後に紐解かれる血塗られた近親憎悪の真相が素晴らしい。また、エンディングで暗躍するリスベットの姿と最後の最後にゴミ箱に捨てられるクリスマスプレゼントが切ない。ここ本当に切なくて、いい。いまひとつヒットしなかったのは、リメイクということもあるし、登場人物が多すぎたのではないかな。



ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]
(2012/02/03)
ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス 他

商品詳細を見る


ドラゴン・タトゥーの女 - goo 映画
ドラゴン・タトゥーの女 - goo 映画
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : ドラゴン・タトゥーの女, デビッド・フィンチャー, ネタバレ, 新作映画, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1735-eff9bccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/03(木) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。