【映画】オアシス DVD視聴録 魔法をかけに舞い戻る将軍に涙

ここでは、「【映画】オアシス DVD視聴録 魔法をかけに舞い戻る将軍に涙」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶりの韓国映画視聴録。映画ランキング本で上位に顔を出す映画『オアシス』であるが、残念ながら観賞機会がなかった。レンタルDVDのリストア版がワゴンセールで400円にて売られていたので即買い。

劇中 駅のホームでふたりが心を通わすファンタジックなシーンがあるが、ン・ソリ演じるコンジュが囁くように歌い始め、サビに向けて徐々に音が増していく挿入歌が素敵。その前のシーンで全身を震わせてもカラオケが歌えないという前振りがあるだけに。単なる恋愛映画というより、人を好きになると言うことを魂こめて描いている映画だというのが良くわかるシーン。心に傷をもつふたりが残酷な現実の中でもがきながら、お互いを必要とし、最後 愛する姫様コンジュのために“ある魔法”をかけに舞い戻るジョンドゥが大人の男になっていて泣ける。障害者が実際に演じているのかと錯覚するぐらいの素晴らしい演技のアンサンブルを見るだけでも一見の価値あり。社会的弱者の視点から複雑な世の中を俯瞰しているのも良い。

オアシス [DVD]オアシス [DVD]
(2004/12/23)
ソル・ギョング、ムン・ソリ 他

商品詳細を見る


あらすじ(ウィキペディアより)
29歳の青年ホン・ジョンドゥは、ひき逃げによる過失致死で2年6ヶ月の刑期を終えて出所した。入所したときの半袖シャツのまま、母の服を買って実家に帰ろうとしたが、家族は引越しをしてしまい、居場所も分からなかった。飲食店で無銭飲食をして警察に捕まった彼の元へ、ようやく弟のジョンセが迎えに来て、ジョンセの運転する車で新しい家へと向かい、家族と再会する。しかし、社会不適応者である彼に対し、家族は暖かい対応をしない。

2日後、挨拶しようとひき逃げ事故の被害者宅を訪ねたジョンドゥだったが、引越しの最中であった被害者の息子夫婦は怒って彼を追い返す。息子らは脳性麻痺である妹のハン・コンジュを置いて出て行ってしまい、ジョンドゥは残されたコンジュを再び訪ね、果物の入ったバスケットを置いて帰る。ジョンドゥは兄であるジョンイルの口利きで得た中華料理店の配達の帰り、遅くなって店を締められてしまい、そのまま配達用のオートバイでソウル郊外にあるコンジュのアパートに向かうが、訪ねずにそのまま帰ってくる。そして帰り道で転倒し、交通事故を起こしてしまう。兄からは諭され、兄嫁からははっきり邪魔者だと告げられる。

翌朝、ジョンドゥは花束を持ってコンジュの家へ行く。そこでコンジュの世話を任されている隣家の主婦に出くわし花を渡してくれるよう頼んだものの、鍵のある位置を盗み見て再び取って返し、コンジュの家に忍び込む。コンジュに対する好意を表したジョンドゥは、そのままコンジュの体をまさぐり、体を奪おうとするが、コンジュは必死の抵抗と緊張のあまり気絶してしまう。驚いたジョンドゥは彼女に水をかけて起こした後、退散する。

コンジュの兄夫婦は、コンジュの名義で障害者向けの住宅に入居しながら、コンジュは古い家に置いたままで隣家の女性に金を渡して世話を任せていた。行政の検査があるときだけコンジュを障害者向け住宅に連れて行き同居を装う。検査が終わった後、再び古い家に戻されたコンジュは、ジョンドゥが残していった電話番号に電話をかけ、ジョンドゥは再びコンジュの家を訪れる。コンジュが韓国語で公主(=「お姫様」の意味)と同じ音であることを面白がるジョンドゥに対しコンジュは心を開き、ジョンドゥを「将軍」と呼ぶようになる。そしてジョンドゥは定期的にコンジュの家を訪ねるようになるのだが・・・。




冒頭、ジョンドゥがシャバに戻って豆腐にかぶりつくシーンがあるが、あれは韓国では刑期を終え出所した人間は白いものを食べる風習があるところから来ているのだとか。

そんな小ネタの前振りは置いておいて、多感な時期の学生諸君に観てほしい映画、それが『オアシス』だ。なぜなら、恋愛映画といいつつ障害者をフィルターなしで真正面から描こうとした映画であり、その努力の成果が画面に緊張感を生み、美しさと残酷さをもった大人の映画だからだ。

人を好きになる感情を全身全霊で演じた主役ふたりの演技が素晴らしい。酷なラストシーンは受け止め方は人それぞれだろうが、非健常者の恋愛を描いた結果、奇異の目で観たり、邪険にしたり、周囲が隠す残酷さ、醜さを浮き彫りにしているため、監督から我々に向けた強烈なメッセージを感じる。
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 韓国映画, オアシス, トラウマ映画, 脳内麻痺, ムン・ソリ, もしも私が,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1774-6516a8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。