【映画】『崖っぷちの男』 新作映画批評 ネタバレあり 事件は隣のビルで起きているんだ!!

ここでは、「【映画】『崖っぷちの男』 新作映画批評 ネタバレあり 事件は隣のビルで起きているんだ!!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
man on a ledge



予告編観て面白そうだな、と思った映画『崖っぷちの男』を窓際族サラリーマンが観てきました。場所は、イオンシネマ高崎。スクリーンが小さくて残念だった。大画面で観ると迫力倍増、高所恐怖感を煽る演出がたくさん。年配客中心に4割入り。結論から言いますが、これはサスペンス映画。自殺願望がある男がビルから飛び降りる映画ではありませんので、青島刑事風に言うとするならば『事件はこのビルで起きているんじゃない!!隣のビルで起きているんだ!!!』

Man on a Ledge/崖っぷちの男[日本語字幕無][リージョンA]Man on a Ledge/崖っぷちの男[日本語字幕無][リージョンA]
()
サム・ワーシントン、ジェイミー・ベル 他

商品詳細を見る


あらすじ(フライヤーより)

ニューヨーク、高級ホテル高層階。窓枠を飛び越え、たった30cmの縁に立ち、飛び降りようとする男、脱獄囚ニック・キャシディ。彼は、30億円のダイヤモンド横領犯として投獄されたNY市警の元警察官。まさに、落ちに堕ちた転落人生を極めた、崖っぷちの男。

ニックは自らの要求を伝えるため、女性刑事リディアを唯一の“交渉人”に指名。彼には「ある計画」があった・・・。

スクープ狙いのリポーター、交渉人、それぞれが思惑を腹に抱えた元同僚の警察官たちにダイヤ王・・・、陰謀渦巻く中、台風の目である“崖っぷちの男”の本当の目的が明らかになる!

ネットにより毎日たくさんの情報がやりとりされる現代社会。ネット投稿をきっかけに1夜にして人生が変わる一般人が増えつつある昨今(中には犯罪予告をして逮捕される不届きものもいるが)、時代性も反映し痛快なデートムービーとしておすすめしたいのが映画『崖っぷちの男』である。

物語冒頭、ダイヤ横領の罪を着せられた元警察官ニック(演じるはアバターのサム・ワーシントン)は“ある計画”のために父の葬儀を利用し脱獄囚となり、ニューヨークにある高層ビル21階に現れる。時間軸を巧みにずらした説明シーンや警察を振りきるために電車とぶつかる壮絶なカーチェイスもあり、緩急交えた展開は観客を前のめりにさせてしまう脚本と演出が巧く行っている。そして、ニックの頭上からビルの真下を覗きこむように描写する特殊クレーンカメラで撮られた映像も大きな見所。大画面に映え、緊張感を煽るのに貢献している。

フォーン・ブース [Blu-ray]フォーン・ブース [Blu-ray]
(2010/08/04)
コリン・ファレル、キーファー・サザーランド 他

商品詳細を見る


フォーン・ブースみたいなワンシチュエーションでグイグイ見せる感じかと思ってみていると、ニックが転落するきっかけとなったダイヤ横領事件はダイヤ王デヴィッドが仕組んだ陰謀で、中盤以降ニックは犯罪の汚名を着せられた過去を清算し無実を証明するために弟ジョーイとその恋人であるアンジーを隣のビル(ここがデヴィッドの巣窟)に潜入させ、事件のカギであるダイヤを発見しようと連絡を取り合う。

マスコミや集まってきた野次馬の眼を自分に引きつけ、弟たちの潜入をアシストする連係プレーや交渉人リディアと会話しながらヒントを送るなど双方のビルで同時進行していくスリリングな展開が中盤。ミッション側のビルでは、いささか警備がボンクラだったり、最新鋭のセキュリティを備えた金庫室が素人2人組にやられてしまう展開は一抹の粗さがあるが、そこは演出でユニークなジョーイとアンジーのやり取りを交え誤魔かしながら、攻略過程を丁寧に見せているのでギリギリのライン。

後半、伏線の回収が弱く失速した感は認めざるを得ない。警察側にダイヤ王とグルになっている面子がいたり、裏切った昔の相棒が窮地を救ったり、だいたい予想出来る展開だったりする。しかし、逃げるダイヤ王を追うため21階から本当に飛び降り、群衆の中のホームレスっぽい男性に助けられ真の悪を追い詰めるラストシーンまで楽しく見られた。

最後に死んだはずの父親がサポート役としてホテル職員だったと分かる酒場打ち上げの大団円まで、見てハッピーな気持ちになり、劇場を出るてときに“俺もまた頑張ろう!!”と思って出られる1本。弟の一世一代のプロポーズシーンまで出てきて、デートムービーとして強く強くおすすめ。

崖っぷちの男 - goo 映画
崖っぷちの男 - goo 映画
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : 崖っぷちの男, 新作映画批評, サム・ワーシントン, ネタバレあり, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1785-4f1aea0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。