【映画】『ダークナイト・ライジング』 新作映画批評 ネタバレあり 絶望、怒り、そして希望

ここでは、「【映画】『ダークナイト・ライジング』 新作映画批評 ネタバレあり 絶望、怒り、そして希望」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Dark Knight Rises fan poster

どんな善人にも潜む“裏の顔(ダークサイド)”を暴いて楽しむ、最凶の悪役ジョーカー事件からゴッサムシティは8年が経過。物語は地方検事ハービー・デント(悪役名はトゥーフェイス)の罪を被り警察から追われる立場となったバットマンが姿を消し、ブルース・ウェイン本人も身体はボロボロ。足はたび重なる戦闘でダメージを受け、ひきこもり生活を続けている状況下、犯罪撲滅のために制定されたデント法により街の治安は回復し、かりそめの平和が訪れていた。

映画冒頭から心理的な不安を煽る音楽に乗せて、CIAに身柄を拘束された怪力テロリスト ベインの脱出作戦が決行される。まだ状況がよく呑み込めていない観客の度肝を抜く飛行機内での激しい戦闘シーン。凝ったカメラアングルで撮影されており、次第に身体が前のめりに。

続いて、今回から参戦しているキャット・ウーマン役のアン・ハサウェイの初登場シーンはウェインに食事を届けるメイド姿。実は、裏組織と関わっており指紋の採取が目的。ウェインに後ろからボーガンで射抜かれそうになったり、惚けた会話はルパン三世の峰不二子の様。敵にウェインの指紋を渡す場面も逃走をはかるために警察を呼びこんだり、ずる賢く敵か味方か最後まで分からない紅一点の楽しい存在だ。

Dark Knight Rises Catwoman poster

今作のテ―マは、低所得の労働者から搾取した金で株や不動産を元手に富を得ている富裕層へ罰を与えることが描かれる。次第に明らかにされるベインの恐るべき計画。狙うは証券取引所。目的はゴッサム一の大金持ちウェインを無一文にすること。

人質をバイクの後ろに乗せて逃走する警察車両とのカーチェイスシーンもスリル満点。バットマンは警察から追われる立場になっているので、登場により包囲網が敷かれる三つ巴の展開。バットマンは警官殺しの汚名を被ったが、逆に自分の立場を危険にさらしている。

次第にエスカレートするベインの計画。バットマンはベインの地下組織と秘密のアジトに辿り着くが、味方につけたと思ったキャットウーマンに裏切られ、サンドバック状態でボコボコに殴られ背骨を折られる始末。奈落の底に落ちたバットマンはしばらく戦線離脱。




この後、ゴッサムに無数に仕掛けられたプラスチック爆弾の連続爆破により、警官隊は地下に閉じ込められ、ゴッサムシティは橋を破壊され完全に孤立。この爆破シーンのスペクタル感は9.11以降を生きている我々には現実味があり恐怖以外の何物でもない。

囚人は解放され、市民は人質に。希望であるゴードンは生きながらえるが、ベインによってデントの真実が暴かれてしまう。何が正義で、何が悪なのか。この作品が抱えるテーマは果てしなく重い。ゴッサムの惨状をみたウェインも深い絶望から這い上がるために死をも厭わない決意で復帰に向け試練を乗り越える決意を固める。

後半は少しづつ3部作の1作目に当たるバットマン・ビギンズ色が強くなり出す。観賞した人によってはリメイクと言っている人もいるほど。“影の同盟”やリーアム・ニーソンが演じた“ラーズ・アル・グール”の幻が現れたり、確かにその傾向はある。

ベインは核爆弾を握り、最悪の状況から恐怖心を捨て去り戦線に戻ってくるバットマン、そして彼と共闘する道を選ぶキャットウーマン(セリーナ・カイル)、生き残った警察をまとめたゴードンとジョン。ベインとの一騎打ちに割って入るある女性の姿(バットマンと寝た女)・・・。激しい戦闘が続く中、核爆発と共に海のかなたに姿を消すバットマン。

最後エピローグ的に語られるラスト。ジョン・ブレイクは刑事を辞め、“ロビン(新たな希望)”を名乗りバットマン誕生の地へ赴く。亡きウェインから資産を譲渡された執事アルフレッドは夢に見た光景を目撃する。そこにはガールフレンドを連れ微笑む死んだと思われた彼ウェインの姿が。。。 重圧で見ごたえたっぷりで最終章にふさわしいエンディング。

入りすぎた気合が伝わってくる大人が夢中になるヒーロー映画。ただし、ヒーロー稼業は命がいくつあっても足りない過酷な商売。マネや片手間ではできない。笑。

最初から最後まで夏の暑さを忘れるほどに見せ場がてんこ盛りで熱い映画。びんびんです、びんびん。大きなスクリーンで背筋を伸ばして体感するのにピッタリ。最後に大写しされる『ダークナイト・ライジング』のタイトルにざわざわと鳥肌が立った。

最後の緩すぎの大どんでん返しは、バットマンじゃなくても『お前か!俺と寝たのに、裏切るのかよ!!』の心境だと思うが。。。

ダークナイト ライジング - goo 映画
ダークナイト ライジング - goo 映画


関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : ダーク・ナイトライジング, 新作映画批評, ネタバレあり, バットマン, クリストファー・ノーラン,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1787-bc8ad966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。