【映画】『アルゴ』 新作映画批評 イランって国の歴史もわかるハリウッド救出作戦

ここでは、「【映画】『アルゴ』 新作映画批評 イランって国の歴史もわかるハリウッド救出作戦」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Watch Argo Online | Download Argo Movie

映画観賞時期が前後しますがベン・アフレック監督の『アルゴ』を観てきました。俳優兼映画監督ではクリント・イーストウッド監督が有名ですが、その手腕から後継者と目されているのがベン・アフレック。前作のクライムサスペンス映画『ザ・タウン』も面白かったですが『アルゴ』でも凄く良い仕事してました。マーベル映画のように漫画調の語りで日本人にはなじみの薄いイランの歴史や政治的背景を処理してしまうオープ二ング数分間の手際の良さ。ハンパな才能じゃない。

あらすじ
イラン革命真っ最中の1979年。イスラム過激派グループがテヘランのアメリカ大使館を占拠し、52人のアメリカ人外交官が人質に取られた。だが占拠される直前、6人のアメリカ人外交官は大使館から脱出し、カナダ大使公邸に匿われる。CIA工作本部技術部のトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人をイランから救出するため、『アルゴ』という架空のSF映画をでっち上げて6人をそのロケハンのスタッフに身分偽変させるという作戦をたてる。





ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)
(2011/07/20)
ベン・アフレック、ジョン・ハム 他

商品詳細を見る
映画『アルゴ』は、アメリカが18年間機密情報として世間に公表していなかった実話を元にした映画(実際の事件は1979年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件)。この映画が凄いのは単なる隠密人質救出作戦ではなく、CIAが極秘に採用した計画がハッタリのハリウッド映画企画『アルゴ』を装って救出したということ。アルゴの設定が、スター・ウォーズなど先駆的なSF映画の影響を受けつつB級映画だという点に注目。

秀逸なオープニングからアメリカ大使館前における一色即発な緊張が続く過激派のシュプレヒコール映像へ移っていく展開も素晴らしい。画面のザラザラした質感、役者たちの服装や髪型などレトロファッション、歴史を感じる小道具など、細部まで拘った記録映画を観ているかのよう。

前半残念だったのはカット割りが早くセリフが多いので、字幕を追うのに精一杯でついていくのが大変だった。特に暴動がはじまってアメリカ大使館に乱入してくるデモと参加していたイラン人達で大混乱に陥ると逃走してカナダ大使館へ逃げ込む人たちと大使館員としてイラン人に捕まった人たちとの区別つきにくかった。

ベン・アフレックはCIAの人質救出のプロ トニー・メンデス役を演じる(中盤から登場)。大使館員を映画クルーに偽装してイランから逃亡させる使命を帯び、単身イランへ乗り込む。アメリカ人許すまじの機運が満ちている情勢の中、前代未聞のミッションが始まる。

ロケハンを口実に街の中を歩きまわる最中に嘘がばれそうになるなど危険は隣り合わせ。観ていて気持ちが盛り上がるのは、アメリカ大統領選の余波を受け準備していた人質救出作戦が取りやめになろうとした瞬間、大使の家にトニーが現れる場面。行動と勇気に感動。そこからは緊張の連続、アメリカ対イラン双方で、大使館員達を逃がしきれるか捕まえられるかで物語の緊張が過度速度的に高まっていくラスト。

空港の厳しいパスポートチェックでの緊迫したやりとりに使われる映画アルゴのバカバカしい作品内容のユーモア。一番作戦に反対だった大使館員が饒舌に説明してイラン兵士が騙される場面はよかった。あと、カナダ大使のお手伝いさんの少女とかひとりでイラクに亡命して可哀相だったなぁ。

最後の最後、観客も緊張が解けホッとしたタイミングで流れるエンディングのスライドショー的なサプライズ。
実際の事件に遭遇した本人の写真と映画の俳優の顔写真を並べる心憎い演出。20世紀少年の堤監督にも見習ってほしい。手に汗握る場面も多く、語り口も巧いし、映像もバッチリで申し分なし。
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アルゴ, 新作映画批評, ネタバレあり, ベン・アフレック,

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/17(土) 16:20 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1810-0b4ba950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。