【イベント】国立科学博物館 ダーウィン展 2008年3月18日~6月22日

ここでは、「【イベント】国立科学博物館 ダーウィン展 2008年3月18日~6月22日」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダーウィン展


上野公園内にある国立科学博物館で行われている
『ダーウィン展』に行ってきました。

ダーウィン展02


ダーウィン展は、『種の起源』を発表した
自然史学士 ダーウィンの
生い立ちから人生を変えた出会い、
『種の起源』発表までの苦悩や彼を支えた人々など
進化理論誕生の軌跡を追う展示会です。
(パンフレットより)






今月22日で終了してしまう展示会なので
興味ある人は早めに言っておいた方がいいです。

まず、読む前にダーウィンについて
ウィキペディアで調べてみよう

ダーウィン

↑ちなみに、子孫が映画ナルニア国物語に出ています。本当です。

日曜だったので、館内は超絶な混みでした。
覚悟していたので、しょうがないけど、
人の頭と頭のスキマから
展示の文章を読んでいたので
見終わるまでに時間がかかりました。

写真撮影は禁止だけど
メモはOKで
熱心にメモを取りながら展示を見ている人(ブロガーでしょうか?)や
館内で音声案内を優良貸し出ししていて
それを借りて聞きながら展示を見ている人など
いろいろいらっしゃいました。

しっかり読んでいくと
かなり勉強になります。

ダーウィンは、祖父がマルチに活躍する哲学者だったり、母が陶器で有名な家柄出身であったり、今で言うお坊ちゃんでした。勉強はさっぱりだったけど、昆虫採集への情熱は子供の頃から旺盛。現代で言う、さかな君です。

恩師からの誘いで
南米探検に参加することになった
若き日のダーウィン。

ビーグル号って名前ぐらいは知っていたけど
ダーウィンが乗り込んだ探検船(英国海軍の測量船)だったんです。

2年にわたる調査の予定が
最終的に5年に渡る世界調査となり、
船が測量している間、
ダーウィンは陸地
(ブラジル、アルゼンチン、ガラパゴス諸島)
で生物の生態を研究しここで種の進化についてのヒントを得ます。

館内にはゾウガメやイグアナは、
標本ではなく実物がいて吃驚!!

この探検から帰国してのち
ダーウィンは種が環境により進化していくことに確信を持つが
宗教団体からの反発を恐れ
『種の起源』が発表されたのは、晩年である。

なかなか見ごたえがあり
ダーウィンの書斎なども再現されていて
とても面白かったです。

ダーウィン展03


【関連リンク】

ダーウィン展

>>人気ブログランキング参加中♪

ブログランキング

記事が面白かったら、1票ニコッ♪お願いします!!

【更新サイト一覧】

電脳ニュース瓦版
日刊メルマガ深夜便 ネットニュース拾得速報局
週刊メルマガ深夜便 R25専用ビジネスマーケティング情報局
携帯メルマガ深夜便 電脳ニュース
mixi 電脳ニュース倶楽部

アイクロップスアイクロップス
(2008/06/29)
不明

商品詳細を見る


種の起原〈上〉 (岩波文庫)種の起原〈上〉 (岩波文庫)
(1990/02)
チャールズ ダーウィン

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/182-0186c2b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。