【映画】『ダイ・ハード/ラスト・デイ』 新作映画批評 ネタバレあり 肉食系親子のド派手アクションで気分爽快

ここでは、「【映画】『ダイ・ハード/ラスト・デイ』 新作映画批評 ネタバレあり 肉食系親子のド派手アクションで気分爽快」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A Good Day to Die Hard-0

草食系男子が増殖中の日本。ただでさえ出生率が下がっているのに、男性ホルモンが増えるような話題に乏しく、増えるのは某国民的アイドルグループの追っかけぐらい。そんな迷える日本を救うべく奴が帰って来た!!!



予告編の出来がすこぶるパワフルで、こりゃ本編もまちがいなく期待を裏切らないだろうという確信があったが、まさに予想通り、いや予想をはるかに上回る過剰なまでのサービスが施されたアクションのてんこ盛り映画。ロシアを舞台に緊張の糸が高まっていく演出、そして、そこからのアクションに次ぐアクションの釣瓶打ち。アドレナリン全開で進んでいく物語はニヤニヤと笑みがこぼれっぱなしの至福の時間。前半の山場でもあるハイウェイを飛んだり跳ねたり逆走したりの息つく暇のないカーチェイスシーンは映画史に残る壮絶なバトル。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/26(火) 00:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dennounews.blog62.fc2.com/tb.php/1841-344639ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。